旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の技術

logo
旅歴20年のデザイナーいくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。

著者:いくら
たびねすのトラベルナビゲーター
・ツイッター/FB
■いくらの愛機
LUMIX G3 Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラG3
Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラG3
本ブログに掲載の写真はこのカメラとiPhoneで撮影しております。
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
撮り・旅!  地球を撮り歩く旅人たち (地球の歩き方Books)
撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち (地球の歩き方Books) (JUGEMレビュー »)
旅音,三井 昌志,竹沢 うるま,藤木 ケンタ,松尾 純,中田 浩資,角田 明子,鮫島 亜希子,関 健作,高橋 良行,松尾 太士,長綱 淳平,新山 貴之,寺本 雅彦,山本 高樹,吉田 友和,森本 剛史
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
今ホットな旅本

■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ セブ島2人旅2010
セブ島の記憶〜ナルスアン アイランド〜
 昨日に引き続き夏旅バーチャルトリップ中のいくらです。こんにちは。
マレーシアについて調べていて、マレーシアのリゾートはどうなんだと、ペナン、ランカウイと調べて、もうひとつマレー半島から抜け出たマレーシアの領地ボルネオ島にある”コタキナバル”はどうなんだと、さらにそこに並ぶブルネイって確かお金持ちの国とか言われてるけどどうなんだとか、芋づる式にエンドレスなバーチャルトリップ。
ああ、楽しい。

▼マレーシアはマレー半島とボルネオ島に分かれている。Aが首都クアラルンプール。Bがコタキナバル。

大きな地図で見る

コタキナバルにはいいホテルあるのかな?と地図からさがして北上していると、ん?なにやらたくさんホテルのある島がたくさんあるではないか。ここはなんだ?
と思ったら、気がつけばフィリピンにいました。
ああ、セブ島周辺ではないか。

前置きがずいぶん長くなりました。ここからがタイトル「セブ島の記憶〜ナルスアン アイランド〜」の話題です。

セブ島には2010年に一度旅している。しかし、今となってはあまり印象に残らない旅だった。そのため旅行記サイトもあまり手がつかず作っていない。セブ島レポートはこのブログにいくつか記事がある(こちら)。
印象に残らなかった理由は、滞在したホテル・場所がいまいちだったためだと思う。セブ島一の観光地であるマクタン島にはリゾートホテルが立ち並ぶが、さほどきれいなビーチではない。滞在したホテルのビーチも残念な感じだった。

↓残念なプライベートビーチ(マリバゴブルーウォーターホテル)。特に朝は引き潮であまりにも無残な感じだった。潮干狩りはできそうだが。


これじゃあテンションもあがらない。
フィリピンにはもっと選べばすばらしい島・リゾートがあるのだけど、値段・時間を優先したらここになったのだ。

しかし改めて思い返してみると、すばらしかったこともある。
それはバンカーボートに乗って出かけた離島ツアーだ。ツアーでは「ナルメアス島」と呼んでいた、あの島。地図上ではどこにあるのかなと調べてみたけど見当たらない。どうやら名前が間違っていたようで正式には”ナルスアン アイランドNalusuan Island”だった。

海の透明度、色、これぞ求めていたリゾート。

ナルスアン アイランド リゾート(トリップアドバイザー提供)

バンカーボートが到着するのは島に続く長い長い桟橋。
海の透明度はッパナイ。


桟橋を渡って島に入ります。
今回この島ではランチ休憩のため立ち寄りました。


ビーチを眺めながらのBBQランチうますぎ。


海の上から肉眼でお魚がみえます。まさにシースルーです。


このアイランドツアーの詳細はこちら

Nalusuan Islandの場所。マップA。
マクタン島から船で30分ほどの場所にある。

大きな地図で見る

この小さな島にはホテルもある。水上コテージ風に作られた素朴な宿だ。けして華美ではないけれど、思い切りきれいな海を堪能するにはもってこい。
ナルスアン アイランド リゾート(トリップアドバイザー提供)


セブ島行ってなんだかがっかりだった方は、ぜひフィリピンの離島に。
ではではボンボヤーじ!

| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:39
カテゴリ セブ島2人旅2010
セブ島4日間の予算
今回のセブ島旅行の予算結果
ツアー代、移動、観光、アクティビティ、お土産、食費すべてこみこみで
2人で約215000円でした。
1人当たりだと107500円。内、ツアー代が1人73540円(燃油・税込)です。


↑ホテル前のビーチ

今回滞在したホテルは「マリバゴ ブルーウォーター ビーチ リゾート」
中〜高級ランクのホテルで相場は一泊一部屋15000円前後。1人当たり7500円。
ここに3泊したので単純計算するとツアー代73540円のうち22500円はホテル代。
なかなかリーズナブルなツアーです♪

フィリピンの物価はとても安いですが、ホテル内はそんなに安くないです。
(日本に比べたら断然安いですが)
例えばエステ。ホテルでフェイシャル&ボディ75分のコースが約4000円でした。フィリピンの町中の庶民的なお店ならもっと安いです。日本(東京)だと75分なら7000円〜10000円が相場なので約半額ですね。
例えばホテルのバーでトロピカルカクテル。一杯180ペソ(約360円)でした。東京都内のバーなら1000円くらいですからこれまた安いです。
ホテルの近所のレストランで2人でおなかいっぱい食べて飲んで約3000円。

そのため基本的な滞在費はさほどかかりません。


↑アイランドツアー

高くつくのは「日本人向けオプショナルツアー」
探せば安いツアーもあるのかもしれませんが、時間がなくて探すのがメンドウだったので、一般的なツアーに2つ参加しました。
9時〜15時のアイランドツアーが1人80USドルで約7000円。
15時〜21時のナイトツアーが1人55USドルで約5000円。
USドルなので円高の恩恵がありますが、それでもフィリピンの物価から考えると高め。

今まで行ったグアム4日間、サイパン4日間もだいたい費用は10万円でした。近隣海外4日間は10万円が目安になるかなと思います。

※さらに安く上げるために:
 OPツアーに行かない、エステとかしない、スカイアクセス使わずに鈍行で行く、ホテルのランクを落とす、とか超節約すればもっと安くあげられます。

ではではボンボヤッジ!
| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 20:12
カテゴリ セブ島2人旅2010
セブ島のコンビニ
現地ガイドさん「ホテルでの両替はレート悪いね。レートがいいお勧めの両替所に立ち寄りましょうか?コンビニもあるのでいろいろ買えます」

お、それは助かる♪水やお菓子なんかも買っとこう♪

そんなガイドさんの案内のもとバスが停車したのは

こちら


・・・コンビニ?

ガイドさんに案内されなければちょっと入る勇気がないかんじです。
雑雑とした店内の一角にある両替所は、一見してもウラな感じが漂っています。

とはいえ、ほとんど両替の準備をしていなかったので助かりました。
セブ島はマニラよりレートが悪いのが相場だそうで、その点、ここの両替所はマニラ並のレートで両替してくれました。
交換レートは10000円=5000ペソ。

店内は薄暗く置いてある商品は多くはなく半分はほこりが被り、水着なんかは変色してまるで使用済みのようなかんじだったりではありましたが、いちおう近代的なキャッシャーがあり、ドリンク類はちゃんと冷蔵庫で冷えていました。
ミネラルウォーターと地元のビールとドライマンゴーを購入。
| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 23:26
カテゴリ セブ島2人旅2010
旅の終わり
ちゃんとした報告が遅くなりましたが
一昨日フィリピンから無事?帰国しました。
帰国早々、病院に直行し点滴を投入。食あたりからなんとか回復。

そして翌日から、旅の余韻にひたる暇もないほど山のようにたまった会社の仕事に埋もれております。
ここ数カ月ずっとこんな感じでブログの更新もままなりません(´`)

旅先での面白いエピソードもいろいろあるのですが、時間を見つけてアップしたいと思います。

良くも悪くも今回も素晴らしい旅でした。

See You Next Trip!!
| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 23:18
カテゴリ セブ島2人旅2010
ナイトツアー

「明日は早朝出発だし、買い物するなら今日中だね、どうしようか」
そこで、手っ取り早く、ショッピングセンターにも立ち寄るナイトツアーに申し込みしました。
オプショナルツアーは原則、前日までに申し込みしなくてはなのだけど、あちらも商売、当日予約でも受け付けてくれました。やったー。
正直、セブ島の治安はあまりよくなさそうな雰囲気なので二人だけで歩き回るのには不安がありツアーで正解。

ナイトツアーの内容は、ショッピングセンター、ナイト屋台、夜景鑑賞、足マッサージで一人55$。円やペソで支払うとちょっと割高の五千円でした。

出発まではホテルビーチやプールでのんびり過ごしていたのだけど、ここでトラブル発生。
いくらのお腹の具合が急激に悪くなりました。
キリキリキリ…。し、しぬ〜(≧_≦;)
思い当たる食べ物はありすぎるのだけど、同じものを食べているオット君はなんともありません。Why?

出発ギリギリまで部屋で休み、回復しないままにツアーに出発。
今回のツアー参加者は二人きりなので贅沢プライベートツアー。なのでだいぶ融通がきき助かりました。夕飯が食べれそうにないので屋台はカット、途中薬局で薬を買ってもらったりしながら進みます。ガイドさん、ありがとう!
夜景鑑賞では景色を見下ろすカフェでワンドリンクにおまけでケーキもつけてくれました。
夜景を見ながら祝う、素敵な誕生日。
不調であまり食べられなかったのが申込ない。

足マッサージは30分100ペソ(約200円)と驚き価格のお店で体験♪安いねぇ。

ホテルに戻ったのは9時前ごろ。薬のおかげかでるもの出たためか腹痛はある程度収まったものの、体が暑くて寒気がぶるぶる。
こりゃ発熱かな。


| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(2) | - | 04:23
カテゴリ セブ島2人旅2010
マリバゴホテルのビーチ

海水の透明度は高くきれい、波打ち際まで魚がたくさん泳いでいるのはさすが南国。白い砂浜のためか魚も保護色の白。
東京湾の茶色いビーチに比べればホテルのビーチも充分すばらしい。

ただ珊瑚礁はなく海藻が多く、ふよふよ漂っているあたりが残念。

ビーチサイドバーからフレッシュトロピカルドリンクを持ってきてもらう。
180ペソ、約360円。
セブの物価は安いです。


| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(2) | - | 13:02
カテゴリ セブ島2人旅2010
最っ高!

超、気持ちいい!

船の先頭にて

| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 11:52
カテゴリ セブ島2人旅2010
セブ島は晴天なり

夜中の2時頃、すさまじい雷雨で起きました。
これじゃあ、アイランドツアーはむりかなぁ…と思いながらもぐっすり寝て、起きたのは7時。

8時頃に朝食をとりに部屋をでたら快晴になっていました。やったー♪
セブ島のお天気はくるくる変わります。

今日はアイランドツアー!
正直、マクタン島(ホテルがある島)のビーチはそんなに美しくはありませんでした。水の透明度はよし魚もたくさん泳いでいたけれど、絵になるような感じではない。
でも船で少しでるだけで美くしい海、ビーチがあるそうで、それを求めて出発です。

ツアーは出発三日前にネットで申込。BBQランチ付きで一人80$


朝食はレストランでビュッフェ。
だしの利いたミソスープにほっ。


| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 10:23
カテゴリ セブ島2人旅2010
マリバゴホテルアムマスパスイート

トイレ、広っ!

ホテルに到着しました。
今回のホテルはマリバゴブルーウォーターホテル。
広い敷地にナチュラルな建物が並びリゾートの雰囲気まんたん。

空港から送迎された十数人の日本人客が同時にチェックインしたためフロントはてんやわんや。
しばし待ちぼうけ〜。

しっかし日本人だらけです。

そしてお部屋へ。ひとつランクアップした「アムマスパスイート」という部屋です。たったプラス2000円だし、スイートという響きに即決定。

お部屋は確かに広い!トイレも必要以上に広い!!
…しかしながら、安い理由が解りました。
この部屋は比較的新しくできたのだけど、ビーチから1番奥まった場所に立地していて、海が見えない。しかも部屋に窓がないΣ(・ω・ノ)ノ!?

値段相応かな〜。


| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 19:54
カテゴリ セブ島2人旅2010
マニラ乗り継ぎセブ島へ

「マニラで一回入国してから乗り継ぎですよね?」
「いえ、そのまま乗り継いでセブ島で入国です」
成田空港のフィリピン航空カウンターで、係員のお姉さんは確かにそう言った。

そーなんだ〜、乗り継ぎ簡単そうだね。

ところが。
マニラに到着してみるとセブ島行き(国内線乗り継ぎ)の客も全てイミグレーション(入国審査)に並んでいるではないですか。
騙されたよ、お姉さん。
マニラでフィリピンに入国です。長い列に並びやっと入国したと思ったら、また列。多くの人が銀行に並んでいます。
「そういえば、マニラ空港利用料金がひとり200ペソ必要って書いてあったな」
どうやら銀行はここしかないようで仕方なく並び5000円ほど両替しました。約2500ペソになりました。1ペソ=2円です。成田では1ペソ=2.4円だったのでこちらのほうがレートがよい。
両替を終えて出口を出るといきなり外。
南国マニラは、東京より涼しいです。

「デパーチャー(出発)」の表記に従い階段をのぼるとまた列…。並んでいたらそこが「国際線」であることが発覚。係員のお兄さんに教えてもらい(マニラのお兄さんは親切♪)国内線の出発口へ移動。
荷物チェックを経て中に入り、ここで空港使用料一人200ペソ支払い(US$だと4.5)また荷物チェックを通り、やっと出発ゲートにたどり着けました。

今回いちおうツアーだけれども、これ、旅慣れてない人にはかなりのハードルじゃないかしら。
さすが格安ツアー。
飛行機で隣席の弾丸トークおぢさんはチケットだけで78000円と言っていたけど、私たちはデラックスホテル3泊込みで72000円。やっぱ安い。


ところで初、マニラ!
これがマニラの空気か。
お天気は曇りのような晴れのような、台風の前兆みたいな厚い雲がもくもく。気温は28度、風がすずしい。
空港は近代的でこぎれいでお店もチラホラ入っています。

なんか食べようかな?


| いくらプロフ | セブ島2人旅2010 | comments(0) | - | 15:29
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→