旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 旅メモ-アジア
KLIA2クアラルンプール新LCCターミナルを利用したレポ(乗継)[インドネシアひとり旅]
[2014/08/09 - 08/17 インドネシアひとりっぷ] 
クアラルンプールの新LCCターミナルであるKLIA2は今年の5月に正式にオープンしました。先日の旅で初めて利用しましたが、旧ターミナルとは雲田の快適さ!
さっそくレポートいたします。みなさんの参考になれば幸いです。

KLIA2の情報サイトはこちら:英語のみですが、空港の詳細がわかります。
参考写真:NewLCCTがKLIA2です。


* * *

■到着
エアアジアX羽田空港発D7 523便がクアラルンプールの新LCCターミナルKLIA2に到着したのは早朝6時。この後10:50発のデンパサール行きに乗継ぎますが、時間がたっぷりあるのでターミナル内を散策することにしました。

 まず新鮮だったのは、飛行機を降りるのが「ボーディングブリッジ」だったこと!
いや、そんなのはレガシーキャリアでは普通のことなんですが、旧LCCターミナルでは、飛行機が到着した後タラップで飛行機を降りて外に出て徒歩で移動しターミナル内に入るというなんともLCCらしいオペレーションだったのです。
#これはこれで飛行機を間近で見られて好きだったんですけどね。

▼ビフォアー(旧ターミナル時):タラップで飛行機を降りていたが・・・


▼アフター(KLIA2)
ボーディングブリッジで外に出ることなく飛行機から直接ターミナル内に移動。


ターミナル内は広くて近代的でとってもきれい。


トイレも近代的できれい・・・なんですが、ゴミがあふれかえっていてちょっと残念な感じ。そこは東南アジアクオリティ。


■乗継(トランスファー)

国際線へ乗継ぐ場合は「International transfer(国際線乗継)」という案内があるのでそちらに進みます。国内線乗継の場合「Domestic transfer(国内線乗継)」へ進みます。この場合はArrival(到着)と同じで入国審査を通ります。

電光掲示板で乗継便のゲートNoを確認しましょう。ゲートNoがまだ出ていないこともありますがあとから更新されるので先に進んでしまってOKです。

↓写真の透明の扉方向が国際線乗継。右方向が到着。




今回私は国際線乗継なので、International transferへ進み透明のドアを抜けるとそこにはトランスファーカウンターTransfer Counterがあります。

乗継便のチェックインが済んでいてボーディングパスを持っているのならここは通過してかまいません。



トランスファーカウンターを抜けると、荷物のセキュリティチェックがあります。



ペットボトルの水など液体物はここで捨てなければいけません。
カートもここで手放します。

セキュリティチェックを抜けると吹き抜けのダイナミックなホールになっていて、お店がいろいろ並んでいます。お土産屋やブランドショップ、カフェ、レストラン、待合スペース等、ショッピングや食事を楽みながら時間をつぶすことができます。



食事をするならおススメのお店は「WARUNG(ワルン)」です。空港にしては手頃な値段で、東南アジアの料理が食べられます。メニューも写真付きでわかりやすい。
ナシレマ18RM(約600円)、カレーラクサ20RM(約650円)、パスタ20RMやビーフバーガー23RMなど洋食もある。

ま、ぶっちゃけこのフロアで食事ができるのは現在このWARUNGとカフェGloriaJeansの2店舗だけなんですけどね。WARUNG は GloriaJeans の後ろ側にあって一体化しててわかりにくいですが見つけてくださいね。

 エスカレーターをあがった上のフロアにもフードコート等いろいろお店ができるようですが、8月現在まだ工事中で営業しているのはマクドナルドとバーガーキングとカフェの3店舗だけでした。
 それ以外にVIPラウンジとホテル”sama・sama”のラウンジがありました。このホテルは空港に直結しているトランジットホテルで、利用価値は高そうです。ここで朝食サービスを提供していたのでお腹もすいていたしトライしてみました。ビュッフェ式でお値段48リンギット+税(約1500円)と安くはなかったけど、マレーシア料理が食べれて満足。




■出発ゲート
ボーディングタイムが近くなったら出発ゲートへ進みます。

さて、ここでひとつ注意点があります。飛行機に乗る前に飲み物を買う人もいるかと思いますが、ショッピングフロアで買ってはいけません!このあと出発ゲートの前でもう一度セキュリティチェックがあり、液体物は没収されます。
 私もあやうく水を買うところでしたがお店が混んでたので買わずに進んで難を免れました。私の前にいたファミリーはたくさんのペットボトルの水を買っていて、すべて没収されていてちょっとかわいそうでした。。。出発ゲートにもお店はありここで飲み物を買うことができ飛行機に持ち込めます。



ショッピングエリアから坂を下りる感じで下のフロアに行ったところにセキュリティチェックがあります。チェックを受けて先に進むと出発ゲートです。

出発ゲートフロアにもお店はいくつかありました。お土産屋、カフェ、ドーナツ屋などなど。
ソファなども点在しており、ひと眠りするのにもよさそうです。これまた硬い椅子しかなかった旧ターミナルと比べるとパラダイスですな。



あとは出発ゲートでボーディングを待ちます。
搭乗ももちろんボーディングブリッジです。


■無料Wi-Fi
空港には無料で使えるWi-Fiがあります。
以下のような画面がでるのでログインボタンを押すだけでOK。
使えるのは1時間までと記載がありますが、1時間以上普通に使えました。



総評:

KLIA2はできたばかりのターミナルなのでガイドブックなどに載っていないかもしれませんが、シンプルな作りで案内もちゃんとあるのでさほど心配はいりません。フロアマップなど知らなくても迷うことはありませんでした。

以上、KLIA2レポートでした。
ボンボヤッジ!

| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(2) | trackbacks(0) | 19:49
カテゴリ 旅メモ-アジア
[Bali Nyepi]バリヒンドゥのお正月”ニュピ”と”オゴオゴ"
[3月31日バリヒンドゥ教のお正月]
バリ島では1月1日とは別に「ニュピNyepi」というバリヒンドゥ教のお正月があります。
バリヒンドゥ教独自の暦に則り毎年日付は異なるのですが、今年2014年は3月31日です。そしてニュピの前日には「パンゲルプカンPangerupukan」というこれまた珍しいお祭りが開催されます。

■パンゲルプカンPangerupukan 2014/3/30
パンゲルプカンでは「オゴオゴOgoh-Ogoh」と呼ばれる大きな恐ろしい鬼の人形がたくさんの街を練り歩きます。



朝から晩まで町は大賑わいとなり活気は最高潮。
このオゴオゴは、バンジャールbanjarといわれる地域コミニティの若い男性によって作られます。どのバンジャールでも腕を競い合って迫力あるオゴオゴを1カ月くらいかけて作りあげます。
せっかく作ったこのオゴオゴですが、町を引き回した後、なんと最後に燃やされてしまいます。
これは、新年を迎える前に町にすくむ鬼(悪霊)を一掃するという意味合いがあるためです。

私がバリを旅した時、車で移動中の車窓から何度かこのオゴオゴを見かけびっくりしました。顔は鬼の形相なのにホルスタインのようなおっ○いをポロリ。
なんでやねん。


燃やされずに残されたオゴオゴなのでしょう。
ガイドさんは何事もなく過ぎ去ろうとしましたが見慣れたものなのでしょうね。

オゴオゴは博物館でも見ることができます。



■ニュピNyepi 2014/3/31
ニュピ当日は、一切の活動が禁止され、家を出ること、働くこと、火を使うこと、電気をつけること、車に乗ることなどをしてはならず、家で瞑想することになっています。それは現地の人のみならず観光客でさえも守らなくてはならないという徹底ぶり。会社やお店はすべて休みになり、ツアーやアクティビティは開催されません。食事に出ることもできないので、前日に食料を買い込んでおく必要があります。飛行機はかろうじて運航してはいますが、当日は移動手段がないのでフライトがある人は前日から空港に泊まりこむか、空港近くのホテルに滞在する必要があります。
ニュピにバリに滞在する観光客にとってはちょっと不便な一日になりますが、なかなか経験できない大変貴重な一日であることも確かです。いつもはにぎやかな観光地バリ島が、びっくりするくらいの静寂に包まれる一日を体験できます。


このニュピを知ってから、興味満タンのあたくし。
バケットリスト(死ぬまでにやりたい事リスト)のひとつにリストインです。
パンゲルプカンでオゴオゴの写真を撮りまくりたい。
っていうか、オゴオゴ作ってみたい。クリエーターの血が騒ぐ。

来年行けるといいな。

みなさんもどうですか?
ボンボヤッジ!

| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | trackbacks(0) | 12:03
カテゴリ 旅メモ-アジア
[エアアジア]クアラルンプール空港の新LCCターミナルは2014年5月オープン
new KLIA2 terminal is being scheduled to be opened on 2 May 2014.

LCCであるエアアジアが本拠地としているクアラルンプール空港には、LCC専用ターミナル(略してLCCT)があります。このLCCT、メインターミナル”KLIA”と同じ敷地にありながらも迂回しなくてはいけないのでなんとバスで30分以上かかるという、なんとも不便な位置にあります。乗り継ぐ時は大変。

で、その不便を解消すべくまたターミナルのキャパを拡大すべく、新しいLCCターミナル「KLIA2」がKLIAの隣に建設中なのだけど、当初2013年6月にオープン予定が工事が間に合わず2013年年末に延期された。ところが100箇所以上の不具合が見つかったとかでそれも間に合わず、2014年の5月に延期になったそうなのです。
公式発表によると、
2014年4月30日に完成、5月2日オープン。
・・・日本のGWにもろバッティングです。
そして私たちの旅にも影響します。予定では4月30日の夜羽田を出発して5月1日朝にクアラルンプール到着。帰りは5月5日現地発。となると行きは移転まっただなかの旧ターミナルで帰りはオープンほやほやの新ターミナルということになります。
うむ。混乱すること間違いなし。
KLIA2の情報があまりなくてもちろんガイドブックにも載っていなくて、いろいろ心配なんですが、どんな混乱が待ち受けているか楽しみでもあり。いい機会なのでレポートしたいと思いまーす。


「やっぱさらに延期」
なんて噂もあるのですが、エアアジアさんもそろそろ業を煮やしている様子なのでたぶんファイナルアンサー・・・かな。
KLIA2公式Facebookページには2/16付で「5/2オープン確実」という記載がありました。
KLIA2の情報サイトはこちら:英語のみですが、空港の詳細がわかります。

参考写真:



建設中の様子はこちらのページに写真たくさん載ってます。


▽こちらは現在のLCCTの国際線出発フロアの様子




▽LCCT国際線出発フロア入口


GWにクアラルンプールを経由する方はご注意あれ!
ボンボヤッジ!ばい、いくら









エアアジアで行くパッケージ(航空券+ホテル)予約はこちら






| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | trackbacks(0) | 22:30
カテゴリ 旅メモ-アジア
シンガポール航空のインターネットチェックイン
[2013 11/1 - 11/5 バリ旅アゲイン]
シンガポール航空のインターネットチェックインメモ。
シンガポール航空は事前にインターネットチェックインが可能です。

方法:
・公式WEBサイトから行う
・予約番号と性(ローマ字)でログインする
・出発の48時間前から2時間前まで可能

メリット:
・座席の指定や変更ができる
・ボーディングパスを発券できるので空港でチェックインカウンターに行かなくてよく時間短縮ができる(預ける荷物がある場合等は行く必要がある)

■インターネットチェックインステップ
1)公式サイトにアクセス。
「プランと予約」メニューにある「インターネットチェックイン」を選ぶ。


2)予約番号と性(ローマ字)で「予約を探す」ボタンを押す。



3)搭乗者の名前と便の情報が表示される。



4)必要に応じて搭乗者情報(個人情報)を入力/更新する。
パスポートNoやマイレージNoなどを登録できる。



5)右下にチェックをいれて「チェックインに進む」へ。




6)ここで座席の指定/変更ができます。
「Print all Bordingpass」をクリックするとボーディングパスが別ウィンドウでひらきます。


さすがに直前なので満席。


7)表示されたボーディングパス
自分のプリンターでプリントアウトしましょう。
プリンターがない場合、空港カウンターでも発券できます。




以上で完了です。

ではではボンボヤッジ!


| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(3) | trackbacks(0) | 12:59
カテゴリ 旅メモ-アジア
バリのアクアラインが開通!
__.PNG
Googleマップでバリ島をみると、空港近くに気になる道がありました。
明らかに海の上を通っています。
でも地球の歩き方最新版(今年3月発売)のマップにこの道はありません。
「んんん???存在しない?」
実はこの道、つい先日の10/1正式に開通したばかりという超ホットなニュース。バリ初の有料道路なんだとか。
バリのアクアライン、これは興味まんたん。バイクで走ってみたいo(^_^)o

| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | trackbacks(0) | 12:02
カテゴリ 旅メモ-アジア
パンダ抱っこの値段1分16000円【中国】
パンダの赤ちゃんが生まれたホットなニュースでもちきりの日本。
パンダってなんであんなにかわいいのでしょうね。
パンダ動画を見て萌え転がったいくらです。


ところでパンダを堪能するには中国のどこに行けばいいかご存知でしょうか。
中国ならどこにでもたくさんいるわけではありません。中国でパンダと言えばここ!という有名な、パンダの繁殖・研究を行っているセンターが、中国の「成都」にあります。
成都の場所:

大きな地図で見る
観光地としてはマイナーで、日本からも少々遠くフライト本数も多くはない成都。ここにあるのが
「成都大熊猫繁育研究基地」
パンダ子パンダをたくさん見ることができるパンダの楽園です。
そしてここでは、パンダ好きなら誰しもが一度は考える、”野望”を叶えることができるのです。
それは
「パンダを抱っこしたい!」

もちろん有料です。
パンダを抱っこするためのお値段は
1分 1300元(2012年現在の情報)
元だとピンと来ないかと思いますので円に直しますと
1分 16000円
Σ( ̄□ ̄;;)
昔は100元とかもっと安かったそうですが、人気にあやかって値上がったようです。ちなみにこのお金はあくまで「パンダへの寄付」とのこと。
それでもパンダを抱っこしたいのだ!
という方は、ぜひこの夏「成都」を旅してみてはいかがでしょうか。
実は私も一度、行きたくて調べたことがあるのです。
AB-ROAD
<全日空(ANA)直行便♪>可愛いパンダ飼育体験プログラム付き!★☆★パンダ繁殖2大保護センターへご案内♪<成都・雅安4日間!>
パンダ尽くしの旅!パンダのボランティア体験とパンダグッズのショッピングとパンダのルーツを巡る旅〜新・成都パンダ物語4日間♪〜
【ひとり旅催行プラン】 成都・雅安 熊猫基地〜錦里・パンダ見学とプチボランティア体験 充実の5日間
航空券【Expedia】
成都行きの航空券検索【東京発】
成都行きの航空券検索【大阪発】
| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | trackbacks(0) | 12:40
カテゴリ 旅メモ-アジア
中央アジアの「〜スタン」とは?【旅の雑学】
旅行先としてはあまりにもなじみのない中央アジア地域。
「カザフスタン」「ウズベキスタン」「トルクメニスタン」「タジキスタン」「アフガニスタン」「パキスタン」

大きな地図で見る

これらの地域に対して我々日本人が持っているイメージは「紛争地帯」くらいかと思う。
事実、外務省のサイトで確認すると、場所によっては「渡航の是非を検討してください」というスポット情報が出ています。
しかし、一部危険な地域を除けば「十分注意してください」なので、一般人でも観光することはできるのだ。世界遺産など見どころも多い。

「ところでなぜ○○スタンってつくの?」
って思ったことはないですか。
実はスタン (istan) とはペルシア語で「国・土地・地域」という意味。
カザフスタンはカザフ人の土地、ウズベキスタンはウズベク人の土地といった具合の意味合いになります。
| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | trackbacks(0) | 12:25
カテゴリ 旅メモ-アジア
シンガポールはツアーがお得
 昨日書いたマリーナベイサンズ驚愕事件(?)をきっかけに、この夏のシンガポール旅行について調べてみました。
アジア圏はやはりツアーが安くてお徳のようです。

マリーナベイサンズホテルを個人で予約する場合、1泊1部屋3万円くらいかかります。
ところが、マリーナベイサンズ2泊のシンガポールのツアーがなんと6万円代(2人1部屋利用)
例えばこちらなんかけっこう安い↓ 
安心のANA利用 話題のマリーナベイサンズに滞在お手軽シンガポール完全フリー4日間 往復送迎&毎朝食付

7月で最安値61900円〜
8月でもピークを外せば64900円〜、ピークでも最大93900円。
(4日間とありますが、3日目の夜に現地発、4日目の朝に日本帰着のため実質2泊です)

ANA利用でこれは安いです。
ただしANAはサーチャージが高い(>_<)
+26000円はちょっと痛い。

ANAでなくベトナム航空を使ったツアーだと、総合料金はもっと安くなります。
こちら↓
話題沸騰!マリーナベイ滞在!1名より催行可能!お手軽シンガポール 完全フリー4日間 ベトナム航空利用
ベトナム経由になりますが、サーチャージは+16000円とANAより1万円安いです。
7月で61400円〜
8月で68400円〜
です。

高級ホテルもツアーだったらそんなに敷居が高くない感じがしますね(^^)

ところで私が一昨年、仕事で初のシンガポール出張したときに、おいしくも滞在することができた、セレブなホテルコンラッドの場合(その時の滞在記はこちら)、マリーナベイサンズより安かったとです。
こちら
安心のANA利用 お手軽シンガポール完全フリー4日間 往復送迎&毎朝食付 コンラッドセンテニアル滞在
7月で50900円〜

マリーナベイサンズはどんだけセレブかがわかりますな(・ω・`)

ところで、シンガポールの人気ホテルランキング情報がありました。
(By エクスペディア)
1位マリーナ ベイ サンズ(やっぱり1位。エクスペディアはけっこう安いかも)
2位 ザ リッツ カールトン、ミレーニア シンガポール
3位マンダリン オリエンタル シンガポール
4位ラッフルズ・ホテル (有名なシンガポールスリング発祥のホテル)
5位コンラッド・センテニアル・シンガポール (出張で泊まったコンラッドは5位でした)
6位シャングリラ ホテル シンガポール
7位グッドウッド・パーク・ホテル
8位マンダリン・オーチャード・シンガポール
9位グランド・ハイアット・シンガポール
10位パン パシフィック シンガポール
| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | - | 12:29
カテゴリ 旅メモ-アジア
天空の都市型リゾート?!マリーナベイサンズに衝撃
たまたまYahooトップにあったソフトバンクの新CM広告をクリックしたら、なかなか面白い趣向のページで感心したクリエーターいくらです。こんばんは。
それ以上に興味を持ったのが、そのCMの撮影地。
スマップのメンバーが歩くその場所は
なんとも非現実的な映像で、一瞬、CGなのかと思ったらなんと実在する模様。

こちら


いったいここはどこなんだ?!
と調べたところ、それはシンガポールにありました。
マリーナベイサンズ

高層ホテルの最上階に3つのホテルをつなぐように天空庭園があり、
150mにもおよぶ巨大なプールなどを備えている。


こ、こんなアンビリバボーなホテルがあったなんて!Σ( ̄■ ̄;)
つい昨年、2010年4月にオープンしたばかりとか。

ちなみにそのソフトバンクのCMはこちら。
圧巻ですよ!
http://smap.softbank.jp/

そしてホテルの公式サイトはこちら
http://www.marinabaysands.com/


私の”行ってみたいリスト”にマリーナベイサンズを追加です。
でも、1泊3万円くらいするみたい。。。(^^;)


| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | - | 12:04
カテゴリ 旅メモ-アジア
マーライオンに雷

シンガポールのアイドル、マーライオン君がピンチ。落雷で一部が壊れてしまったそうです。
ニュース記事

きれいに直るとよいね。


お土産に買ったマーライオンのキーホルダー。3.8SG$
愛嬌のある顔でお気に入り(^^)


| いくらプロフ | 旅メモ-アジア | comments(0) | - | 12:14
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター