旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
海外ホテル予約のコツとかポイントとか注意とかつれずれなるままに

次の旅のタイチェンマイの宿探しをぼちぼちしているこのごろなマダムいくらです。こんばんは。

海外ホテル予約の最近の状況に関していろいろ思うところや、ちょっと記録しておきたいなということがあるので今回はそんな記事です。

 

海外ホテル予約サイトは相変わらず群雄割拠な状況です。選択肢が増えるのは良いことですが、増えすぎてどこを使えばいいのか迷ってしまいます。でも新しいところや聞いたことないようなところだと、たとえ最安値でもちょっと不安だし、結局前に使ったことあるところで予約、ということになることが多かったりする。

とはいえせっかく新しいサービスが出てテレビCMとかバンバンやってて頑張ってるなら、ちょっと使ってみるかという好奇心も忘れてはいないです、私は。例えばホテルコンバインドとかトリバゴなんか。で使ってみるも、どうもUIが慣れなかったり、最安値が日本ではマイナーな海外サイトだったりするとやっぱ萎えちゃったり。

 

私はBooking.com、Agoda、エクスペディアの順でよく使います。それにトリップアドバイザーのチェックも必ず。さらに場合によってはアップルワールドのチェックやホテル公式サイトのチェックも。いやこれやってると一つのホテル決めるのに数時間〜数日かかりますが、まぁこれが趣味みたいなところもあるので、楽しくやってます。

 

ホテル予約の面白いところは、予約のタイミングや経由するサイトによって同じホテルの同じ部屋でも数千円〜数万円の差が出ることがあること。飛行機のチケットと同じで定価なんてあってなきがごとしなんですよね。空き室が多ければ値下がるし少なければ高くなる。またある予約サイトでは満室なのに、別の予約サイトでは空きアリなんてこともざらにあります。だから満室でもすぐにあきらめない。空き状況は公式サイトでチェックするのがよいです。最近、ホテルによっては予約サイトより公式サイトのほうがお得なプランを用意していることもあります。お得なパック販売で送迎やディナーやSPAなどを付けてオファーしているとか、これも要チェック。

また同じホテルでも部屋によって、最安値のサイトが異なるというのもよくあることなので要注意。あるホテルのスーペリアルームの最安値は予約サイトAだが、デラックスルームは予約サイトBのほうが安いとかよくあります。

またどこを経由してその予約サイトにたどり着いたかで料金が変わることがあるのもポイントです。例えばエクスペディア。普通にYahooとかで検索してサイトにたどり着いた場合と、トリップアドバイザーを経由した場合、誰かのアフィリエイトを経由してたどり着いた場合で表示される料金が異なることがあったりします。やー面白いですね。そういうシステムを裏で組んでいるんですな。

それからPCで見た場合とスマホアプリで見た場合で料金が異なるってこともあります。

 

みなさんもベストバリューで予約できるといいですね。

| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 23:22
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
Expediaのホテル予約キャンセルは2クリックで完了
海外のホテルの予約は、「キャンセル時、払い戻し可(期限あり)」と「格安の代わりにキャンセル時、払い戻し不可」の2つの価格プランが用意されていることが多いです。
私は多くの場合、払い戻し可のプランで予約しています。いつ何があってキャンセルするかわからないので。払い戻し不可のプランしかないホテルはあまり利用しません。

そして今日、Expediaで予約していたホテルを一軒キャンセルしました。11月に予定していたマレーシア旅行のマラッカのホテルです。今回はそんなキャンセル手続きのメモ。

マラッカの「ジョンカーブティックホテル」を予約したのは9月13日。(詳細はこちらの記事)。宿泊予定日は11月2日。キャンセルの払い戻し可能で、期限は10月29日までとかなり良心的な条件でした。
Expediaでは予約と同時にいったん部屋代はカードに課金され支払いますが、キャンセルするとそれがカードに差し戻される形で返金されます。

続きを読む >>
| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(2) | trackbacks(0) | 12:42
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
ウブドのアメージングなヴィラとairbnb
以前トリップアドバイザーで見つけて、気になっていたヴィラがあります。
villa shimha

あまりに素敵なのでいつか泊まりたいなと思っていたのですが、トリップアドバイザーで空き室検索するといつも満室。。

「部屋数少ないし人気だからかな〜」
と思っていたのですが、「Airbnb」で集客しているのをたまたま見つけました。
しかも空き室あるじゃないですか。

Airbnbは、個人の空き部屋を貸すことができるサービス。
villa shimhaがメジャーなホテル予約サイトは使わず、Airbnbを利用しているということに興味が湧きました。
貸す側にとってairbnbのメリットは「お客さんを選べる」ということ。airbnbはSNSの要素もあり登録ユーザーのプロフィールを見ることができる。
逆にホテル予約サイトでは、予約を拒むことはできず、来る客がどんな人かは来るまでわかりません。
小規模なヴィラの場合はホテル予約サイトよりairbnbのほうがリスク少なく集客できるのだろうなと思いました。

| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 11:22
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
難しい都会のホテル選び [タビコラム]
滞在するホテルに何らかの「感動/Amazing」を求める私にとって、大都会のホテル選びは難しい。
そもそも都会を旅することがあまり得意ではない(好きではない)こともあって、ホテル選びはいつも難航する。過去を振り返ると失敗した経験も多い。失敗というか、満足を得られないことが多い。

例えば、2012年の香港「ザ ガーデン ビューYWCA ホテル」(写真)。思ったほど立地が良くなく歩き回るのに不便で町歩きが楽しめなかった。期待した部屋からの景観もいまいちだった。部屋は広くて快適だったけれど、無機的なインテリアがなんとなくくつろげなかった。都会的モダンよりクラシカルやナチュラルなインテリアの方が私はくつろげるんだと悟った。
2007年に滞在した「サリスベリーYMCAオブホンコン(レポート)」もほぼ同じ印象。
2007年のバンコク「ファーストハウスホテル(レポート)」。立地も部屋も期待値以下だった。部屋は広ければいいってもんじゃなくて採光は重要だと悟った。安い以外にいいところはなかった。
2010年、ロサンゼルスの「ミレニアムビルトモアホテル(レポート)」は、建物自体はクラシカルで素晴しかったけれど、それ以外(部屋や施設)はあまり印象に残っていない。オフィス街にあったため徒歩圏内は商業施設ばかりで観光できるところがなかったのもいまいち。

しかし都会のホテルが必ずしもダメということでもない。中にはいいホテルもあった。
例えば2007年のバンコク「プリンスパレスホテル(レポート)」。部屋は広くて温かみあるインテリア素晴しい夜景の景観都市型リゾート風の施設(プール&プールサイドレストラン)、そしてバリューな値段
この時の感動が私の「アメージングな都会のホテル選び」のベースとなった。
2012年のマカオ「リビエラホテル(レポート)」もよかった。部屋の窓からの景観が素晴しい。部屋はいたって普通だったが景観だけで満足した。値段はさほど安くなかったけど。
2011年サンフランシスコ「フュージョンホテル(レポート)」は、これといって特出した良いところはなかったにもかかわらず、満足感は高かった。くつろげる温かみのあるインテリアと徒歩で繁華街に行ける便利な立地が良かったからだろう。
2012年デンバー「カーティスホテル(レポート)」は、温かみあるインテリアや想定外のフレンドリーなホスピタリティがよかった。

そんな過去の経験を踏まえて、都会での滞在を満足するために欲しい条件は
・夜景が見れる(部屋もしくはホテル内施設から)
・プール&プールサイドバー0rレストランがある(アーバンリゾート風)
・温かみのあるインテリア
・部屋が広い、大きな窓
・便利な立地(徒歩圏内にお店や観光スポットがいろいろある)
・できればバスタブあり
・お手頃価格(上限1泊1万円)

満足感の高い最もベストなホテルを選びたい。

| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 12:22
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
[割引クーポン情報]ホテルクラブさん5〜15%割引クーポンがでました
写真はイメージです
海外ホテル予約サイトのホテルクラブHotelClubさんの割引クーポン(プロモーション・コード)情報です。随時追加/更新します。
予約の際はこちらのリンク→ホテルクラブよりお進みください。

共通のご注意:
*それぞれ期限があります
*一部適用できないホテルがあります。適応の可否は入力して確認してください。
もし有効だった場合はコメント欄にご報告いただけると喜びます


[2015/3/12 追加]
15%割引クーポンがでました。会員向けダイレクトメールにあったコードです。

15%割引クーポン
プロモコード:SPRING15
有効期限:2015年3月10日午前1時から2015年3月12日午前10時59分(いずれもアメリカ中部標準時)までの間に、Hotelclub.comサイトでプロモーション参加ホテルを、2015年12月31日(チェックアウト)までのいずれかの宿泊日でご予約いただければ、即座に宿泊料を15%追加割引させていただきます。プロモーション・コードのご利用はご予約1件につき1件に限ります。


[2014/11/27 追加]
13%割引クーポンがでました。会員向けダイレクトメールにあったコードです。

13%割引クーポン
プロモコード:2NE2MF7X5XNETHWRAKU7
有効期限:不明


[2014/10/21情報追加]
15%割引クーポン
プロモコード:HOME15

有効期限:2014 /10/24

11%割引クーポン
プロモコード:DBSBANK11

有効期限:2014/12/31

10%割引クーポン
プロモコード:DISCOUNT

有効期限:不明

5%割引クーポン
プロモコード:COMEBACK

有効期限:不明


[2014/3/15 更新]
10〜15%割引クーポンがでました。会員向けダイレクトメールに記載されていたクーポンです。GW期間も適応ありです。これからホテルを予約する方、よかったらご活用ください。

10%割引クーポン
プロモコード:HURRY10
対象宿泊日:2014年12月31日まで

13%割引クーポン
プロモコード:HURRY13
対象宿泊日:2014年5月1日〜2014年6月30日

15%割引クーポン
プロモコード:HURRY15
対象宿泊日:2014年4月15日まで


使用方法:
ホテルクラブサイトにアクセスしホテル予約を進めていくと、「旅行者の連絡先」情報を入力した次の「チェックアウト(会計ページ)」でプロモーションコードを入力する欄がありますので、そちらにコードを入れて適応させてください。適応後の料金は右サイドに表示されます。適応できないホテルの場合はこの時に「適応外」とでます。
ここまで進んでも決済しなければ予約にはならないので料金の確認だけすることもできます。






日本ではまだあまりメジャーではないホテルクラブさんですが(ロゴが英語名のためかしら)割引クーポンがでるとほんとお得なので私もよく活用しています。特に連泊する場合のプランが他社よりお得なことが多い。
お気に入りのBooking.comさんより最近はホテルクラブ予約のほうが多いかも、ないくらです。
素敵でバリューなホテルを見つけてくださいね。

ではでは、ボンボヤッジ!

関連リンク:
ホテルクラブ

| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(2) | trackbacks(0) | 10:05
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
Agodaアゴダで海外ホテルを予約
 海外ホテル予約は今や無数に乱立していて、どこを通して予約すれば一番お得なのかというのはちょっと一言で言えない状況です。
予約サイトによって得意な地域・不得意な地域があったりして、得意な地域ではホテル取扱数も多くて安いプロモーション価格で提供できるが不得意な地域はそうでなかったり、とにかくベストバリューな予約をするにはあちこち比較することがコツです。めんどくさいですがこれを楽しめれば達人。
(最近はトリップアドバイザーがすごく改良されて料金を一括比較できてすばらしいので活用してみて)

で、私いくらも特にひいきにしている予約サイトがあるわけではないので、その時々で使い分けています。
その中でも最近一目置いているのがAgodaアゴダという予約サイト。へんな名前なので妙に残りますよね。
ホテル名で検索するとよく上位にいるので日本でもだいぶ市民権を得てきたのではないでしょうか。シンガポールに本社を置く外資の会社ですが、ここのすごいなと思うところは「口コミコメントが秀でて多い」ということ。どうしてここまで集められたのか、ポイントバックシステムだけではこうもいかないと思うのよね。それだけ評判は良いのだね。そして料金も比較的ベストバリューなことが多い。
ただ注意すべきは、最初に表示される金額が最終価格ではないということ。その価格に税金やサービス料が加算されます(料率は国によって異なる)予約画面に進むとそれらを含めた総額が確認できます。(これはExpediaなんかも同じ仕組みよね)それを含めても、安いことが多い。


AGODAは一度予約してアカウント登録すれば、今まで予約したホテルの一覧も見ることができます。
ちなみに私が今までAGODAを通して予約したホテルは以下。トラブルは一度もありません。

クォリティ イン メイソン セント チャールズ ホテル (ニューオーリンズ)
Quality Inn & Suites Maison St Charles

ミレニアムビルトモアー ホテルロスアンジェルス (ロサンゼルス)
Millennium Biltmore Hotel Los Angeles
(ホテル滞在レポートはこちら

シャトーホテル(ニューオーリンズ)
Chateau Hotel
(滞在レポートはこちら

◎パラオパシフィックリゾート(パラオ)
※現在AGODAでの取り扱いはなくなってしまったようです※
ホテルレポ


そして今日手配したのがこちら

ラマ ビーチ リゾート &ヴィラズ (バリ島)
Rama Beach Resort & Villas


AGODAが一番安くて一泊朝食付き7240円。
Expediaは拮抗の値段だったけど、Agodaは予約時に空港送迎のリクエストが出せたというのがプラスポイントになった。こういう細かいところで差をつけているのは好感。
Booking.comは超高いランク/クラスの部屋しかなく、アップルワールドは9700円でした。

ここは初日の1泊だけ。深夜到着なので空港近くで探していて気に入ったので。
バリのホテル選びについてはまた次回。
| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(2) | trackbacks(0) | 22:05
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
旅のホテル時間の考え方〜私が安宿を卒業した訳〜
 若いころ、貧乏旅行をしていた時は「宿は寝るだけの場所」と割り切っていた。お金もなかったしとにかく安ければ安いほどGoodだと、安宿や相部屋のユースホステルを泊まり歩いていた。お金をかけずに泊まれるということ自体に喜びと価値を感じていたし、それにあまりに旅がすばらしすぎて宿にこもっているなんてもったいないとも思っていた。1分でも1秒でも、もっともっと外を出歩いて何でもかんでも見てみたい。宿にこもっている間に貴重な瞬間を見逃してしまうかもしれないことががまんできなかった。そんなエネルギーにあふれていた。

しかしそんなアグレッシブな時は過ぎ去り、30代となった私の旅スタイルは変わった。
「宿で過ごす時間」にも重きを置くようになった。
年齢とともに体力が衰えたことで(普段まったく運動していないせいでもある)、さすがに若いころのように朝から晩まで外を歩き回るような旅は、残念なことにしんどくなってしまったのだ。もちろん「なんでもかんでも見てやるぞ!」という好奇心は昔から変わらず持ち続けている。しかし体が付いていかないのは事実。無理をするとすぐに体調を崩す。

以前タイ&カンボジアを旅した時のこと。
すっかり体調を崩して動くことができず昼間からバンコクのホテルの1室で転がっていた。その宿は1泊3000円程度の安ホテルでビルに囲まれた路地裏にあり、窓からは殆ど光が差し込まないようなホテルだった。(注:バンコクで3000円ならいいホテルでしょ!って声もある。1000円で泊まれる安宿もある)
とにかくすべてが最悪だと思った。出かけたいのに体は動かない。部屋は寂れて暗い。なんてつまらない旅だ、と。
「シェムリアップで泊まった宿みたいなおしゃれな部屋なら(こちら)少しは気持もアガッただろうに」
ダークサイトに落ちかけの私は薄暗闇の部屋で今後のホテルのチョイスを考え直そうと思った。お金がないわけじゃないのに若いころの旅スタイルを引きずって安いことに価値を置いた宿チョイスをしてしまったことが失敗だった。アジア圏なら5000円もだせば超快適な滞在ができるのに。ほんの数千円で旅の時間の質が格段にあがるなら、それは本当に価値あるコストだ。
その旅ではバンコクでは4泊したうち3泊をその安宿で過ごしたが、最後の1泊だけ少し奮発して高級ホテルのデラックスルームに泊まった(その時のレポートはこちら)この時感じた落差、快適さ、気分の上がりっぷり。上記の考えは決定的になった。


考えてもみると旅で1日24時間のうち宿で過ごす時間はけっこう長い。例えば18時にチェックインして翌朝10時にチェックアウトした場合、16時間いたことになる。間に夕食をとりに2-3時間外出したとしても12時間以上だ。そんなに長く滞在する宿を安さや立地だけで選んでしまうなんてちょっと手を抜きすぎだ。
旅の楽しみの半分はホテルにあり!といっても過言じゃないのだ。

そんな考え方の経緯があって、以前のエントリー「ホテル選びに失敗しないためのマニアック予約術」に書いたように、ホテル選びにかなり慎重にマニアックになっていったのだった。

しかし「よい宿」を見つけるのというのは本当に難しい。ネットで情報はいくらでも見つけることはできるけれど、良し悪しは個々人の好みやその人とホテルの相性もあったりする。ネットで集めた情報を参考に「これはすばらしに違いない!」と思って予約して泊まったホテルが思ったほどではないなんてことはよくある。よい宿なのにたまたま態度のよくない従業員にあたってしまい最悪な思いをすることもある。
だから、心からすばらしい!と思える宿に滞在できたらそれは本当に貴重だ。
例えば私がここ最近で「心からすばらしい!」と感動した宿は以下。(リンクはホテルレポート)
アルテヴィーダ(ザルツブルク)
ポサダ デ コロアン(マカオ)
シャトーホテル(ニューオーリンズ)
(パラオのプランテーションも追加したいところだが、宿泊費が高いのであえて控えた。高いお金をだせばいい滞在ができるのはあたりまえだけど、そんなに大枚はたかなくてもすばらしい宿はある)

4日後に出発を控えたベトナム旅(概要はこちら)のホテルもとにかくこだわって決めた。滞在地域にあるホテルほぼすべての情報に目を通したといっても過言じゃないくらい、かなりマニアックに探して決めたホテル。旅のスケジュールを決めるうえでも「ホテル時間」の確保は重要項目なのです。

ではでは。ボンぼやーじ!
| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 14:50
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
ホテル選びに失敗しないためのマニアック予約術
限られた時間しかない社会人トラベラーにとって、旅先ではなるべく失敗したくはないもの。
もちろん旅での失敗体験だって後々の人生の糧となったりもするのだけど、失敗するのは若い時だけで十分。社会人トラベラーのオトナ旅では限られた時間を無駄なく最大限ストレスフリーに有意義に過ごしたい。
そのためには事前情報収集がカギ。
今回は私いくらの「ホテル選びに失敗しないための情報収集のコツ」を事例を交えてご紹介します。

■ケーススタディ
以下、私が実際に事前情報収集した結果、宿泊を見送ることになった事例。
検討していたのはビーチフロントにあるホテル「スイス ベルホテル ゴールデン サンド 」
ホテル予約サイトの写真を見るかぎり、パーフェクトなリゾートホテルです!ビーチ沿いには大きなプールがででんと配置されプールもビーチも満喫できそう。

スイス ベルホテル ゴールデン サンド リゾート & スパ(トリップアドバイザー提供)

ホテルの場所をグーグルマップで確認したところ、ビーチ目の前のロケーションで問題なし!

大きな地図で見る

白い砂浜でサンデッキに座ってリゾーティなひと時を・・・なんて思ったけれど、口コミ情報に気になる投稿を発見した。

「〜台風の影響か護岸も破壊されて、砂浜が無くなっておりました〜」
「〜There is no beach left at the hotels sea-side!!. Cant really work out what they are working on with the sand??〜(シーサイドにはビーチがありません。砂がなくならないよう取り組んでいるのでしょうか)」


むむっなんとも気になる情報ではないか。
ビーチリゾートなのにビーチがないとはクリティカルな問題です!
そこで先程のクーグルマップを「航空写真」に切り替え拡大すると・・・


大きな地図で見る

Oh!No!なんということでしょう
白い砂浜のビーチなんてほとんどないではありませんか。
ホテルの敷地は波打ち際すれすれにあり、ホテル前のビーチの8割は石をつんだ堤防になってしまっています。
どうやら、当初はそれこそ”ゴールデンサンド”のビーチがあったものの年月がたつとともにビーチが削られなくなってしまったようです。ビーチのある写真はだいぶ前のものなのでしょう。

もし事前にこれに気が付いていれば
There is no beach left at the hotels sea-side!! Σ(`■´*)fuck!!
なんて驚くことはなかったのです。


補足:それでもこのスイスベルホテルはすばらしいホテルなので、ビーチにこだわりがなくプールメインでOKであれば、お値段もお手ごろでおススメです。


■こんな失敗をしないための情報収集のコツ

Step1:ホテル予約サイトの情報をチェック
基本的な情報や写真はもとより、設備のチェックやレストランの有無、チェックイン/アウトの時間なども確認しよう。
気にしたいのが「部屋数」。部屋の総数が100以上ある大型ホテルと、20〜30の中規模な宿、それ以下の小規模な宿では事情がだいぶことなる。大型ホテルでリーズナブルなところは、団体旅行客ご用達でにぎやかで落ち着かない、なんてことはよくあるので避けたい。

Step2:他のホテル予約サイトもチェック
今やホテル予約サイトは無尽蔵にあり、たいていの場合のっている情報はだいたい同じではあるが、掲載されている写真が異なったり、取り扱ってる部屋のクラスが異なったあり、料金が異なったりすることはよくあること。ベストレートを探そう。

Step3:
ホテルの公式サイトがあれば確認
公式サイトで確認したいのは公式レートや宿泊プランの有無、部屋の空き状況。ホテル予約サイトよりお得なプランがあることがある。またホテル予約サイトでは満室だが公式サイトでは空き室ありなんてこともよくある。送迎サービスの有無もここでチェック。「エアポートトランスファー無料」なんて場合は公式サイトからコンタクトをとり大いに利用しよう。

Step4
:口コミ情報
実際に宿泊した人の口コミ情報は何よりもリアルな情報源。ホテル側から発せられる情報は多くの場合が着飾ったものだから口コミ情報は貴重。古い情報はあまり参考にならないのでなるべく新しい情報を参考にすること。また、日本語の投稿ばかりでなく、他国言語で書かれた投稿も無料翻訳を活用して読んでみよう。思わぬ発見があることもある。
口コミ情報はたいていのホテル予約サイトにあるが、それだけでなくトリップアドバイザーもチェックしよう。世界最大級の口コミ情報サイトなので集まる情報は他を圧倒。ユーザー投稿写真も補正されていないリアルなものなので実際とのギャップがなく大変参考になる。

Step5:ホテルの場所を確認
グーグルマップでホテルの場所を確認しよう。観光スポットは近いのか、駅やバス停、主要ターミナルからはどうかなど、観光のベースキャンプとしてふさわしいかを検討しよう。
まれにグーグルマップ上でホテルの位置が間違っていることがあるので、ホテル公式サイトの地図もチェックして確認しよう。

Step6:グーグルマップの「航空写真」で見てみよう
はい、だんだんマニアックになってきました。グーグルマップは通常の地図だけでなく、ボタンひとつで「航空写真」に切り替えできます。切り替えてホテル、その周辺を見てみましょう。思わぬ発見がたくさんあるはず。

Step7:グーグルストリートビューを見てみよう
ストリートビューはすべての都市にあるわけではないのですが、もしある場合はぜひ見てみよう。ホテルの前の通りに人形(Pegman)を立てれば、ホテル周辺の雰囲気が丸わかり。
「百聞は一見に如かず」とはまさにこのこと。ストリートビューがない場合、その付近の写真が掲載されているのでそれを見ると雰囲気が分かる。


・・・とまぁ、ここまで情報を探しまくるのはかなりマニアックなレベルで、ホテルについての細かいことは気にしない人がほとんどなのかもしれません。
最近、ネットである人の旅行記を読んでいたとき
「このホテルにはなんとビーチが付いていた。ラッキーだ」
と書いている人がいてちょっと驚いた。ホテルに到着するまでそのホテルにビーチがあることを知らない人がいるなんて!

ホテルに限らず旅の情報探しは単なる事務作業ではなく、それ自体楽しいものです。情報を探している過程では様々な発見が次々飛び出し好奇心刺激されまくり。旅に出る前から旅が始まります。
それが面倒だとか苦痛だという人は、個人旅行向きではない人です。

旅先での満足を偶然ではなく必然にすることはできる。
それが今回伝えたかったコト。
ではでは。ボンぼやーじ!


| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(2) | trackbacks(0) | 12:00
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
HotelClubと海外ホテル予約のコツ
 海外のホテルを予約するサービスはたくさんありますが、最初にチェックするのはやはり過去に何度か利用していてなかなかお得なイメージの強いExpediaBooking.com
しかし今回はHotelCulbさんが最安値だったので、初めて利用することにしました。
正直、今までHotelClubは高いイメージがあったのでなんとなく嫌煙していて使ったことはありませんでしたので意外だなぁと思っています。近年、大幅にサービスの改善を図っているようです。今回のことで好感を持ちました。地域によって得手不得手というのもありますので、HotelClubは香港が得意なのかもしれません。

香港の地図から簡単ホテル検索【ホテルクラブ】
HotelCulbはオーストラリアを余拠点とする会社が運営しています。Agodaアゴダのようにポイント還元サービスがあるのもメリット。


■海外ホテル予約のコツ
滞在したいホテルにめどがついたら、すぐに予約はせずいくつかの予約サービスサイトで調べて比較しましょう。比較する際は単純に値段だけで比べないよう注意が必要です。税やサービス料は込みなのか別なのかや、安い代わりに朝食が付いていなかったり、キャンセル(払い戻し)が不可だったり(※)と条件が悪いことがあるからです。それをすべて納得したうえで自分にとってベストバリューなところで予約しましょう。

※キャンセル不可は、確実に滞在することが決まっているのなら大変お得なので、一概に悪い条件ではありません。
| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 00:47
カテゴリ 海外ホテル予約についてアレコレ
Booking.comで海外ホテル予約
海外ホテル予約サイトはたくさんありますが、私はよくBooking.comを利用しています。8月のマカオのホテルはこちらで予約しました。
オランダに本社を置く外資系のサービスですが、日本語ページも用意されており過不足ありません。ホテルの取り扱い数が多く、使い勝手も良くて、お値段もバリューなことが多く、今までトラブルもありません。特に地図から検索の機能は秀逸。他の予約サイトでも地図から検索は可能ですが、Booking.comのよいところは
・地図上にもホテルの概要・相場価格がポップアップで表示される
・地図検索からホテル詳細ページに進んだ後、ブラウザーの戻るボタンで戻っても、地図検索が生きている(他のサイトはこれができない)


■Booking.comホテル予約方法
1)ホテルの空き室検索すると開いている部屋の一覧が表示されるので、予約したい部屋の客室数をプルダウンから選び「予約する」ボタンを押す。
注:予約条件をよく確認しましょう。朝食はありかなしか、キャンセルは出来るかできないかなど。
注:料金は税・サービス料込みの価格です。切り替えることで各国通貨で表示可能。円はその日のレートで計算しています。

2)名前とメールアドレス・ホテルへのリクエストを入力
名前はローマ字、リクエストは英語か現地の言語が良いです。

3)宿泊者の住所(ローマ字)・電話番号を入力
電話は日本の国番号から入力。電話番号の頭の0はとる
例)03-1234-5678 → 81-3-1234-5678
例)090-1234-5678 → 81-90-1234-5678

4)クレジットカード情報の入力
注:使用可能なブランドはアメックス・VISA・マスターのみ。JCBは使えません。
※セキュリティコードとは、クレジットカード裏面の著名欄にある数字の下三桁です。

【注意】支払いのタイミングはホテルによって異なります。予約ページの「予約条件」で確認できます
1)予約と同時・キャンセル不可期日にクレジットカード決済
2)宿泊当日に支払い(カードまたは現金)
*1)はキャンセル不可のプランに多いです
*2)の場合はクレジットカード情報を入力するのはあくまで予約補償のためです。
*2)の場合、レートは支払日のレートで計算されます

5)「この部屋を予約する」ボタンをクリックして予約完了です。
登録したメールアドレス宛に予約完了のメールが届きます。

6)「マイブッキング」から予約確認書の印刷
予約はBooking.comの「マイブッキング」で確認できます。
ここから予約確認書を印刷して持参しましょう。日本語版と英語版両方ありますので、英語版を持参したほうがスムーズです。予約確認書は基本的に持参しなくとも大丈夫ですが、万が一予約トラブルがあった場合に確認がスムーズにいくので持参したほうが確実です。


■予約のキャンセル
予約のキャンセルはBooking.comの「マイブッキング」で行います。キャンセル無料期間であればキャンセル料はかかりません。
注:「キャンセル無料」となっていても「○日前までなら」という条件がつきますので、予約したプランをよく確認しましょう


■Booking.comのトラブル
私は今まで一度もありませんが、Booking.comでのトラブルの事例がいくつかあるようです。その殆どが「キャンセル」に関わるトラブルです。キャンセルしたのに課金された、というのが主。この場合、Booking.comの問題というよりは、ホテル側がキャンセル報告を見逃していたなどが原因のようです。もしくは「キャンセル不可プラン」で予約した予約者の勘違いも含まれているようです。

リンク: Booking.com


| いくらプロフ | 海外ホテル予約についてアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 13:06
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター