旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の技術

logo
旅歴20年のデザイナーいくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。

著者:いくら
たびねすのトラベルナビゲーター
・ツイッター/FB
■いくらの愛機
LUMIX G3 Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラG3
Panasonic ルミックス ミラーレス一眼カメラG3
本ブログに掲載の写真はこのカメラとiPhoneで撮影しております。
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
撮り・旅!  地球を撮り歩く旅人たち (地球の歩き方Books)
撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち (地球の歩き方Books) (JUGEMレビュー »)
旅音,三井 昌志,竹沢 うるま,藤木 ケンタ,松尾 純,中田 浩資,角田 明子,鮫島 亜希子,関 健作,高橋 良行,松尾 太士,長綱 淳平,新山 貴之,寺本 雅彦,山本 高樹,吉田 友和,森本 剛史
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
おススメ
今ホットな旅本

■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
水中デジカメFUJIFILM FX-XP70Yのレポート
以前の記事「防水ケースと防水カメラ」で書いたように、新しく購入した防水デジカメFUJIFILM FX-XP70Yをグアムで使用してきたレポートです。



FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ XP70Y イエロー F FX-XP70Y

新しいコンデジを買うのは2009年12月にLUMIX FX60を買って以来5年ぶりなのですが、
一番びっくりしたのはWiFi機能です!こんなに進化していたのね。。。

よくデジカメで撮って、スマフォでも撮るってあるじゃないですか。スマフォのほうがすぐにSNSとかメールとかで送ったりアプリでサクッと加工できたりと便利だから、デジカメで撮るのとはまた別なんですよね。
でもデジカメでもスマフォでも同じ写真を撮るって非効率ですよね。

それがWiFi機能搭載のカメラなら解決しちゃう。デジカメで撮影した写真をすぐにスマフォに送ることができちゃう。
ふぉーー!









最初にちょっとした設定が必要でスマフォ側に専用アプリ(無料)を入れてからデジカメとリンクさせます。一度設定しちゃえばあとは簡単!


感動しました(≧▼≦)b
特にこれは水中カメラなんで「スマフォでも同じ写真を撮る」ということが簡単ではないからよけい重宝します。スマフォ用の防水ケースはあるけれど、ちょっと不安じゃないですかやっぱ。海水浴でカメラとスマフォと2つを持つのも邪魔だし。
で、海中写真をすぐにスマフォに転送してアプリで色直したり加工したりしてすぐにSNSなどでシェアできちゃう。
・・・まぁ自己満足なんですけどね。

水中撮影についてももちろん問題ありません。さまざまなシーンモードが細かく用意されていて初心者にも簡単にきれいな写真が撮れます。ビーチ用とか水中用とか。



以上、デジカメレポートでした。


商品:FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ XP70Y イエロー F FX-XP70Y






| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 18:30
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
防水ケースと防水カメラ
2009年から使用していたデジカメの防水ケースデカパックαが6年目にして破損。
カメラLumixとともに世界中の海でよく働いてくれました。

そこでまた同じものを買おうかと思ったのですが、


Lumixも調子が悪いので(水没して壊れたと思ったら一応動いてる)、このタイミングで防水カメラを買っちゃいました\(^o^)/




FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ XP70Y イエロー F FX-XP70Y


ヤマダ電機で2万円ちょっと。買ったというか、テレビを買って得たポイントでほぼただ(^◇^)

グアムから活用です!


ボンボヤッじ


| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 08:48
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
マイブックで作った旅アルバム ベトナムが完成してウキウキ
アスカネットのMyBook
で作って注文した旅アルバムが届きました。毎度、素晴らしい製本クオリティに印刷屋としてはうっとりです。

半透明のケースに入って、絵本のような厚紙の表紙、表紙を開くとトレーシングペーパーのような半透明の紙が挟まり内容がスタートする。この丁寧な仕様も嬉しい。


ケース付き


つやつやの表紙


180Yのサイズはこれくらい


重厚な厚み。背面にも文字を入れられます。洋書のような作りにしました。


半透明ペーパーがワクワクを盛り上げる


紙質もしっかり、全ページつやつやニス仕上げ



昔、まだアナログカメラが主流だった頃、たくさん撮った写真の現像に1万円以上かかったことを考えると、これが9000円(180Yサイズ 60ページの超大作w)で作れちゃうのは驚き。
ページサイズが小さければ3000円台で作れマッス。

↓今まで作ったマイブック旅アルバムコレクション


次は台湾アルバムだー\(^o^)/

関連リンク:
アスカネットMyBook


| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 21:53
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
写真製本アルバム印刷マイブックが半額です
旅を終えた後の楽しみ「写真アルバム作り」はいつもアスカネットのMyBook を利用しています。ハードカバータイプは絵本みたいなしっかりした仕上がりで世界に一冊だけの本が手ごろな価格で作れちゃう。私のお気に入り。
そのマイブックが今「半額キャンペーン」を行っているので、これはチャンスとばかりに制作して今日一冊注文入れました。お得お得。半額キャンペーンは明日2/1まで。売れ筋の180Sサイズ20Pなら3,780円のところが1890円で作れちゃう。
MyBookでのアルバム作りに関する詳細は、以前のエントリー「かっこいい旅アルバムの造り方」を参照。

今回注文したのはベトナムの旅。
↓制作中画面。


あーでもないーこーでもないーと調整して最終的に出来上がった表紙がこちら


*この完成イメージはMyBookエディターの機能で見ることができるので便利。

中身の一例。




今回サイズはハードカバーの180Yで作成しました。ページ数は60P。

今までいろんなサイズのMyBookを作ってきましたが↓

大きいほうが迫力があってよいのは確かですが(260Sや200Y)、値段が高くなるし見づらくもなる。
価格的に一番お手頃なのは180Sですが、ちょっと大きさが物足りない感じ。この180S(正方形)を横に少し伸ばしたのが180Y(横長方形型)で、適度な大きさで適度な価格に収まるマイベストサイズなのです。20Pで4,752円ほど。
それから180Sより一回り大きい正方形210Sもお気に入り。180Yよりちょこっと高くなるけど。
ちなみに縦長型もあるけれど、これは好きじゃないので作ったことないです。縦長型には”長辺が閉じ口になる”という欠点があるのです。閉じ口(別名ノド)は写真が見づらくなるので短いに越したことはない。


マイブックの詳しい制作レポートは、サイト「ひとりっぷ」内
  撮影した写真で「旅アルバム」を作る【MyBook】
もご参照くださいまし。営業アルカイックスマイルのいくらがご案内します。


ま、そんなこんなで仕上がりが楽しみないくらなのでした。
ボンボヤッジ!


関連リンクとまとめ:
アスカネットのアルバム製本印刷サービスは3タイプ。
・こだわりたい人は マイブック
・初心者さんにはオートテンプレートがある かんたんMyBook
・編集不要で一番簡単・安いのが オートアルバム
| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 23:34
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
トラベルフォトコンテンツ〜パラオ〜リリース
先日公開したトラベルフォトコンテンツ「トルコ&プラハ」に続き、
「PALAUパラオ」をアップしました。

こちら>>PALAU パラオ 楽園の風景
MyBook でアルバムに仕上げたものをWEB化したコンテンツです)



連日パソコンにかじりついて夜なべして旦那さまにもあきれられつつ
締め切り※に追われなんとか印刷までこぎつけました。
(※割引キャンペーンが7/22までだったw)

この暑い夏に、パラオの風景はなんとも癒されます。

ちなみにこのパラオ旅の旅行記ページはこちらです(すみません、途中です)


さて、このリリースを勝手に記念して、パラオの風景PC用壁紙をプレゼント。



上記画像をクリックすると、PC壁紙用画像をダウンロードできます。
画像が表示されたら右クリックで[画像を保存]してくださいませ。
もしくは上記画像を右クリックして[(名前を付けて)リンク先を保存]でもOK

画像サイズ:w3232×H2424pixel
容量:3MB


暑い夏を乗り切れ!
ボンボヤッジ

パラオに行きたくなったあなたは↓即行動!

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 12:41
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
オリジナルアルバム印刷が割引キャンペーン中
 旅を終えた後に毎回旅アルバムを作っているのだけど、ここのところ忙しかったのですっかり旅がストックされてしまいました。
一番最後に作ったのは昨夏の香港マカオ旅アルバムで、こちらのページで公開していますが、こんなようなものを作りたいと考えています。

そんな折、いつもお世話になっているマイブックさん(こちら )が大幅リニューアルキャンペーンを開始。サイズバリエーションがいろいろ追加されたということ、それを記念して新サイズは30%オフなんだとかで、しかも送料無料とくれば、これはいい機会。まとめて作ってしまおうと着手し始めました。30%オフキャンペーンは7/22まで。それまでに3旅分、3冊編集します。

3週間以内に3冊っ ブブッΣ( ̄Σ ̄;)!!!

仕事柄つい必要以上にこだわってしまうので1冊作るのに前回は2〜3週間かかりました。
3冊イケルカナ・・・。
考えていてもしょうがないのでとにかく手を動かし始めました。
まずは「2012冬 トルコ・プラハの旅」から。
今のところの表紙デザインはこんな感じに組んでいます。



▼MyBookエディターによる完成イメージ。便利な機能。


写真はプラハ駅の様子。アンティークな雰囲気がみごとにハマった。
テーマカラーは、旅した時期(クリスマス)にちなんで緑と赤をチョイス。落ち着いたトーンにまとめる。
もうちょっと手を加える予定。

MyBookは今までDXを除くと正方形しかなかったのだけど、新しく追加されたのは横長/縦長サイズ。今回は横長で組んでみることにしました。面白い構成ができそう。

最初は、一番お気に入りのクリスマスマーケットの写真をドーンと使おうと考えたのだけど



いろいろ考えてこれは不採用。


旅もモノづくりも大好き。
ではではボンボヤッジ!


アスカネットさんのオンラインアルバムサービスは3種類。
マイブック ←難易度:高(こりたい方に)
かんたんマイブック ←難易度:中(簡単にかっこいいアルバム)
オートアルバム ←難易度:低(超簡単に写真一覧印刷)

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 20:43
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
トルノスポイントとカメラバック
以前のエントリー「トルノス(by JTB)で航空券を買うメリットは「ポイント」」の続き。
航空券を買って溜まったトルノスポイントのヤマダポイント(ヤマダ電気)移行が完了しました。
2800円、何がいいかなとヤマダWEB.COMをサーチ。
かねてからほしいと思っていた「カメラバック」に狙いを定めました。たくさんあるね。まよっちゃうではないですか。
さんざん迷ったあげくに決めたのは、Gollaというメーカーのカメラバック!北欧フィンランド発のメーカーさんでデザインが素敵だったのだよ。
これが送料込在庫処分価格で約3000円。オーバー分の200円ほどはカードで支払った。

それが昨日到着♪



いいねd(≧▼≦*)
手持ちのカメラをさっそくin。



外側は白に近いライトグレーで花モチーフデザインが入っていて、内側は覚めるようなブルー。このコントラストが北欧らしいデザインだね。
愛機Lumix G3本体に標準レンズを装着したまま入ります。それと、望遠レンズ、充電器、予備のSDカード、取扱説明書もいつでも見れるように入れとく。それでもまだちょっと余裕がある感じ。
カメラまわりの小物がまるっとおさまってスッキリ♪
旅行鞄にもこのままinできます。
Gollaはこれ以外にもさまざまなカメラバックがあり、どれも良いデザインですYO!

トルノスポイントは購入金額の1%が溜まるのだけど、航空券って高額だからけっこうすぐに溜まります。この2800ポイントも二人分のヨーロッパ行き航空券1回分の買い物で溜まったもの。
航空券を買ったらカメラバックが手に入っちゃうトルノスLove

関連リンク:
トルノス ヤマダWEB.COM ヤマダモール

▼楽天より。こちらのショップは商品が詳しく解説されててわかりやすかった。カラーは2色ある。
ショップ: セレクトショップ・AQUA(アクア)
コメント:写真たくさんでわかりやすいショップ。

ショップ: LifeStage Nana!楽天市場店
コメント:同じ商品の色違いダークブルー。内側はカーキ色。こちらも素敵でぎりぎりまで迷った。

ショップ: D-FORME
コメント:こちらは別のデザインのGollaカメラバック。3色。

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 22:42
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
旅と写真撮影と一眼レフ
以前のエントリー 「初めてのデジタル一眼レフLumix G3」に書いたように、人生初のミラーレス一眼レフLUMIX G3を購入して1年がたちました。
正直、それまでのコンデジよりずっと大きく重く、荷物としてもかさばるし機動性には欠けるし・・・などなど、デメリットはいくらでも浮かぶし、購入に踏み切る前もそこを心配していました。
でも実際に1年使ってみて、今では旅にG3は欠かせないアイテムとなりました。
写真の質うんぬんの問題だけでなく、メリットだと思っている点は以下。
・ファインダーがある
コンデジではモニターで確認しての撮影が基本だけど、G3はモニター/ファインダーを使い分けられ主にファインダーで撮影している。そのほうがバッテリーがもつし、明るいところでの撮影はファインダーのほうがよく見える。
・「可動式モニター」
G3購入の決め手になったモニターが動かせる機能。旅先で、猫や犬などのローアングル撮影や部屋でのハイアングル撮影に活躍!
*これはG3特有であってすべてのデジイチにあるわけではない。
・動画を撮影しながら写真も撮れる。
コンデジでは動画を撮影している間、写真は取れないのでどちらかになる。けれどG3では動画撮影中にシャッターを押せば写真も同時に撮ることができる。(コンデジでもそれができるものは今ではあるみたい?)
・旅先で”撮らせてください”が言いやすくなった
気分の問題なんだけど。「撮らせてください」と言って取り出すのがコンデジやアイフォンっていうのはちょっと気後れする。一眼レフなら”ああこの人は写真が趣味な人なんだな”って思ってもらえる(であろう)
・どんなカメラでも扱える知識がちょっとついた
旅先で「すいませーん、ちょっと撮ってもらえますか?」といってカメラを渡されたときに発揮。一眼レフをもってカメラを勉強したことによる副産物。
・一眼レフを所持している満足感
使いこなせているかどうかは別として。写真撮影に対する情熱が必然的にアップする。

これらメリットが「重い、かさばる」などのデメリットを凌駕しているので、もうコンデジに戻ることはできません。
とはいっても今まで使っていたコンデジもサブ機としてG3と一緒に携帯しています。G3を振り回せない狭い機内での撮影や、水中撮影(防水パック利用)、G3の電池がうっかり切れた時のつなぎ撮影などなど今でも活躍してくれています。


ところで。
「写真撮影が趣味か?」
と聞かれたら、答えはNO。
デジカメを何台も買い替え、一眼レフに行き着き、バックには常にカメラが入っているし、アイフォンのカメラロールだって常に満タン。一度旅に出れば千枚単位で撮影するけど、写真撮影は私にとって趣味ではない。
では何かといえば「素材を作り出す手段」なんだよね。
写真が趣味だという人は「素晴らしい一枚」を撮るのが目的だ。いいものが撮れれば、そこがゴール(それが難しいのだけど)。
で も私は「撮影した写真を素材としそれでコンテンツを生み出す」のが今では一番の趣味でありワイフラークだ。もちろん、カメラや写真撮影は大好きだ。いい写 真が撮れればそれは純粋に嬉しい。でもそれ以上に、撮影した写真を利用して別の何か、例えばWEBサイトであったり、アルバムであったり、部屋のポスターであったり、それらを作り上げるのはもっと好きなんだよね。(→こういうページなど)

ちなみに現在LUMIX G3は生産終了していて、後継機のG5が出ています(^^)b
ボディカラーは3色(白・黒・シルバー)あり、それぞれ「ボディ単体」「Xレンズセット」「Wズームレンズキット」がある。
初心者にはWズームレンズキット(レンズが2つセットになってる)がお勧め。

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 14:49
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
歴代カメラ2013
以前の記事「初めてのデジタル一眼レフLumix G3」にあるように、G3を買って1年がたちました。 「旅と一眼レフについて」は別途書くとして、その前に今回は歴代カメラについて勝手になつかしみながら振り返るコーナーです。

■パナソニックLUMIX G3
2012年3月〜現在
人生初のデジタルミラーレス一眼レフ。それまで使っていたLUMIX FX60が、2011年ごろから写真に写りこみが派生するという問題が起こりました(その詳細はこちら)。保証期間内だったので修理に出してCCD交換で1度は改善したものの、すぐに同じことが起こりました。
コンデジは5台も使い続けてきたのでそろそろ卒業して、かねてから興味あるデジイチにチャレンジしようと思って買ったのがこのG3。さんざん迷って結局またLUMIX。
LUMIX FX60はサブ機として併用。

■パナソニックLUMIX FX60
2009年12月〜
一度はリコーに浮気してR10を買ったものの、どうも操作感などが合わなくて手放し(R10はオークションで買った値段より高く売れてびっくり)。しばらく悩んだ末にLUMIX FX60に決めました。LUMIXはこれで3台目ですが使い慣れていて楽であること、安心できること、そしておまけのミニ三脚に惹かれてしまいました。
LUMIX FX07もボタンが不便ながらも使えるのでしばらく併用。

■RICOH R10 リコー R10 ブラウン
2009年2月〜2009年11月

初リコー。最初は今まで同様パナソニックのルミックスシリーズで検討していたのですが、狙っていたFX37は今までとバッテリの型が異なるため流用はできないと知り、それならルミックスにこだわる理由もないなと幅広く検討しました。
R10に決めたのは、ランキング一位で口コミレビューの評判が良かったから、というミーハーな理由ですが、もちろん店舗に出向いて実機をじっくり見たうえで、機能、性能、デザインに納得した上でネットで購入しました。
カラーは三色あって、ぎりぎりまで黒かブラウンかで迷いましたが、黒だと個性がないのでブラウンに。結果、大正解♪気に入った♪

■パナソニック LUMIX FX07(シャンパンゴールド)
2006年12月〜2009年2月
Panasonic デジタルカメラ LUMIX FX07
Panasonic デジタルカメラ LUMIX FX07
LUMIX DMC-FX8と比べると、723万画素で広角28mmレンズになったのが特徴。購入して半年後の旅行時にアスファルトの上で落として一回壊してしまい、修理してなんとか復活。その後は問題なく使用しておりました。
ところがボタンがひとつ操作不能になってしまいました。タイマーと左送りのボタンで、操作不能でもなんとか撮影は可能なのですが不便です。そこで買い替え。


■LUMIX DMC-FX8-P (ミスティピンク)
2005年8月〜2006年12月
デザインも素敵で色もかわいく大きさも機能性もGooDです!

PANASONIC DMC-FX8-P LUMIX  ミスティーピンク
PANASONIC DMC-FX8-P LUMIX ミスティーピンク


■オリンパス CAMEDIA
2002年〜2005年8月
LUMIX FX8の前に使っていたのがオリンパス CAMEDIAです。

これは何かの懸賞であたったデジカメで人生初手にしたデジカメ。フィルムレス、撮影した画像の確認が可能などアナログとの違いに感動。200万画素。2002年〜2005年まで3年間活用。

■ミノルタ
2000年〜2002年
ここから以前はアナログカメラです。CAMEDIAの前に使用していたのがミノルタ。

2000年の卒業旅行の時、ドイツのミュンヘンで購入。当時駅で手持ちのカメラを落として壊してしまいあわてて購入した経緯があります(199DM/約14.000円痛い出費だった)カメラショップを探して町を彷徨った思いでは忘れません。説明書が4か国語で入っていたけどもちろん日本語はないので設定に苦戦しました。

■それ以外のカメラ

これも住宅メーカーさんの懸賞で当たった「チェキ(ポラロイドカメラ)」です。
大きいしフィルムが安くないのであまり使わず少し遊んでお蔵入りです。


これはガム「キスミント」の懸賞で当たりました。ガムをいっぱい食べて応募してゲットしたのですが、使ってみると画質が良くないのでサブ機にも使えず結局ほとんど使わずお蔵入り。。。いつかヤフオクでさばこうかと・・・。

なぜかカメラの懸賞がよく当たるいくらです。



| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 12:49
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
手持ちのカメラで水中撮影ができるディカパックα
海でシュノーケルをする時、美しい海中や魚たちを撮影したい。でもあまりお金はかけたくない。いろいろ考えて私が利用しているのは「ディカパック アルファ (DiCAPacα)」。

2013年NEWパッケージモデル。デジタルカメラ専用防水ケース DiCAPac N WP-ONE [旧モデル WP-110/WP-310/WP-410 対応サイズを統合(NEWパッケージモデル)
これは、手持ちのコンパクトデジカメを水中カメラにできちゃうスグレモノ、カメラ専用防水ケースです。
私はデジカメLUMIX-FX60をこのディカパックαに入れて水中撮影をしています。

↓モデルいくら


パラオのビーチには魚やサンゴがたくさん!シャッターバシバシきりまくり。

▼ニモ発見☆


▼シマシマのお魚


▼浅瀬で偶然、決定的瞬間をとらえた☆
大口あけて一列で通り過ぎる魚たち



ところで、一般的に水中撮影をするにはいくつか方法があります。

1)正攻法なのが「防水デジタルカメラを買う」です。さまざまなものが各メーカーから市販されています。

▼防水機能ありのデジカメ一例
PENTAX 防水デジタルカメラ Optio WG-2GPS (シャイニーオレンジ) OPTIOWG-2GPSOR
PENTAX 防水デジタルカメラ Optio WG-2GPS (シャイニーオレンジ) OPTIOWG-2GPSOR

しかし水中撮影などごくまれにしか使わないのに、そのためにわざわざ防水デジカメを買うのもはばかられます。


2)次に一般的に知られているのが「使い捨て水中カメラ」です。
何よりも「安い」のがメリットで1000円台で買えちゃいます。
FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです New Water Proof (防水タイプ) 27枚撮り LF N-WP3 27SH 1
FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです New Water Proof (防水タイプ) 27枚撮り LF N-WP3 27SH 1

しかしこのデジタルの時代にいまさらアナログカメラ?というところでいまいちおススメできません。27枚しか撮れないのも、失敗が怖くてそうそうにシャッターを押せません。

3)もう一つの手段として「マリンケース」というものが、カメラごとに市販されています。カメラをこのケースに入れれば水中でも撮影可能というアイテムです。
▼マリンケース一例

Panasonic デジタルカメラオプション マリンケース DMW-MCFT3
Panasonic デジタルカメラオプション マリンケース DMW-MCFT3

カメラの種類によってあったりなかったりするのですが、あったとしてもとても高額なのがデメリット。カメラ一台買えちゃうくらいのお値段なんで、コアな水中撮影ファンでもない限りはちょっとお勧めできません。荷物としてもかさばるし、かなり深く潜るダイビングとか相当気合の入った撮影をしたいのでなければ必要ありません。


ということで、機能的にも値段的にもとっても便利なのが「ディカパックα」という結論。
お値段¥3000程度でマリンケース同様の撮影ができちゃう。 若干クセはありますが、しばらく使って慣れれば大丈夫。水漏れもなくここ3年、3-4回は使っていますが問題ありません。
さまざまなメーカーのカメラに対応したバージョンがあるので、お手持ちのカメラに合ったものを購入してくださいね。詳細な対応表はこちら(公式サイト)。ちなみに私が使っているのはWP-410です。値段は公式サイトで買うよりアマゾンのほうが安かった。

▼以下アマゾンにリンクしてます
WP-410
2013年NEWパッケージモデル。デジタルカメラ専用防水ケース DiCAPac N WP-ONE [旧モデル WP-110/WP-310/WP-410 対応サイズを統合(NEWパッケージモデル)
2013年NEWパッケージモデル。デジタルカメラ専用防水ケース DiCAPac N WP-ONE [旧モデル WP-110/WP-310/WP-410 対応サイズを統合(NEWパッケージモデル)

WP-510
大作商事 DiCAPacα デジタルカメラ専用防水ケース WP-510
大作商事 DiCAPacα デジタルカメラ専用防水ケース WP-510
WP-610
デジタルカメラ専用防水ケース ディカパック WP-610
デジタルカメラ専用防水ケース ディカパック WP-610


動画もばっちりです (^ - ≦)-★

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 12:53
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→