旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 旅とお金
外貨運用10年目の雑感〜習うより慣れろ〜
海外旅行好きにとっては外貨運用のハードルは低いよね。
私が外貨の運用を始めたのは2005年。デビューから約10年が経ちました。
当初はローリスクローリターンで少額から運用を実践し小さな成功を重ねていたものの、2008年リーマンショックのあおりの急な円高で、大幅な含み損を抱えてどん底になったりもしました。
それもなんとか乗り越えて、実質損失は出さずに今も運用を続けています。
分配型の外貨建て投信によって毎月増えていくUS$を旅費にあてるなどメリットも享受。

慣れてくると面白いです、外貨運用。
習うより慣れろとは言ったもので、参考書で勉強するより少額でも始めてしまった方がよっぽど有益な勉強になります。この10年はほんと勉強になりリスクコントロールもうまくできるようになりました。
大事なのは時間を味方につけること。為替変動があっても動じないこと。
為替変動により動かせなく(円転できなく)なった場合は外貨のままどんどん運用しちゃえばいいのです。
という答えにたどり着いたのはつい最近。
(大きな含み損を抱えていた時はショックで放置していましたが^^;)

外貨の預金金利は円より良い時もあって、そういうのを狙ってこつこつ預けて地味に増やしてきました。円の金利が0.3%なんて時にドル定期金利1%とか。
しかし最近は軒並み良くなくて円預金金利と大差なくなってしまった。
そこで外貨建て債券に変えちゃいました。リスクの低〜いのを選びましたがそれでも利率は1%を超えるので預金するよりメリット高し。

運用するための銀行はアホみたいにあちこち試しました。
大手では三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ネット系ではジャパンネット銀行、SBIネット銀行、じぶん銀行、新生銀行。
この中で落ち着いたのはSBIネット銀行さんです。使い勝手が格段によい。金利もよい。SBI証券との連動のシステムも素晴しい。今一番元気な銀行です。話題のNISA口座はSBI証券に設置しました。
逆に見放したのはジャパンネット銀行さん。当初は良かったのだけど、最近はぱっとしなくなってしまいました。
新生銀行さんも期待したほどではなく残念な感じ。他行振り込み無料とかGoodなサービスもあるのだけどネ。


これらもある意味趣味のひとつなのかも。飽きることなく続けてるってつまりそういうことよね。何事も楽しんで取り組もう。

ボンボヤッジ=3

関連リンク:
三菱UFJ銀行 三井住友銀行 ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行  じぶん銀行 新生銀行
SBI証券

| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | trackbacks(0) | 19:17
カテゴリ 旅とお金
[旅とお金] 個人旅行では出費が分散されるのがツアーとの違い
 [旅費の出費、個人旅行では分散されるのがツアーとの違い]
個人旅行とツアー、どちらがお得なのかというのはよく議論されますが一概には言えない。
しかし決定的に違うのが、お金の出るタイミング。
ツアーであれば申し込み時にツアー代(旅費)をまるっと支払うので最初にまとまったお金が必要です。
しかし個人旅行であれば最初に必要なのは航空券代だけ。ホテルやオプショナルの送迎や現地ツアー等は後から必要なだけ手配してその都度支払う、もしくは現地で支払うということができるので、最初にまとまったお金がなくてもOK。支払いのタイミングが分散されるのが個人旅行のメリットのひとつ。
 しかしそのため気をつけなくてはならないことがあります。ひとつひとつの出費が高額でないのでうっかり使いすぎてしまうこと。
旅費総額予算を意識して、ご利用は計画的に♪

ボンボヤッジ

| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:01
カテゴリ 旅とお金
超円高と海外旅行と外貨預金
IMG_9935.jpg
「1ドル76円!!きゃほ〜い!」
経済的には大変深刻な円高ですが、海外旅行客にはうれしい円高。
今なら1〜2割は安く物が買えてしまいます。

サイパンに向けてアメリカドルを準備しました。
500ドルパックを2つ。
今はウハウハなレートな訳ですが、実はこれ、ウハウハを享受できないドルだったりします。
というのは、私の外貨預金を引き出したものだからです。
利率が良い時に預け入れた外貨預金ですが、今は円よりはるかに低い利率になり、かつ戦後最高値といわれる超円高で、すっかり含み損を抱えてしまっていました。
それなりに利子で利益は得たし、こういう場合は塩漬けにしておくよりは、ドルのまま使ってしまったほうがいい!
という結論に達してドルのまま現金で引き出しました。

外貨預金は為替リスクがあるけれど、海外旅行好きには「外貨のまま使っちゃう!」というリスク回避の方法があるのがメリット。
ただし注意が必要なのは
「どの銀行でも外貨預金を外貨現金で引き出せるわけではない」
ということ。
特にネット銀行系は外貨預金はできても外貨を現金で引き出すことができない傾向にあるようです。
融通が利くのは店舗のある都市銀行。特に三井住友銀行がおススメ。
もちろん手数料はかかってしまいますが、死金を生かせるのであればたいした額ではありません。
三井住友銀行では手数料は1ドル2円。1000ドル引き出したので手数料は2000円です。この手数料は「外貨預金が現金で10000ドル以上あれば無料」だそうです。

ちなみにネット銀行にも外貨預金があるので円高を手放しで喜べないいくらです。
しょんぼり。
でも都市銀行よりネット銀行のほうが利率がうんといいので、今のところ1%超で運用できています。


円高の今のうちにと、年末年始の旅の手配を今から行っている人もいるようです。
あちこちで円高還元セールなども聞こえてきたり、
輸入業者にとってもウハウハな円高ですね。
| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(2) | - | 12:41
カテゴリ 旅とお金
無計画の旅は高くつく
”何の予定も決めないで航空券だけ買って現地に飛び、あとは自由気ままにぶらり旅”
これは自由な旅の究極的スタイルですが、このような旅は計画的な旅より高くついてしまう場合が多いです。

日本でも、新幹線や飛行機、ホテルなど旅に必要な要素は、事前に予約することで「早割」等の恩給にあずかることができます。しかし、予約をしないで例えば当日飛び込みでホテルに泊まれば通常料金になってしまいます。ホテル側からすればとってもオイシイお客です。
これは海外でももちろん同じ。
たとえばホテルの予算80ドルと決めていた場合、事前予約しておけば本来であれば100ドルの良いホテルに早割のため80ドルで泊まれるなんてこともありますが、飛び込みで泊まったホテルは80ドルなりのホテルになるので予約したほうがお得です。

「お金はよけいにかかってもいいからとにかく自由な旅がしたい」
という人はともかく、多くの個人旅行派の人は「自由」だけでなく「コスト安」を求めていると思います。
個人旅行でなるべくコストを抑えたい場合は、前もって計画・手配するのが効果的です。
しかしこれは旅の魅力のひとつである「気の向くままの自由な旅」と相反してしまうので、兼ね合いが難しいところです。
| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | - | 12:46
カテゴリ 旅とお金
旅費用貯金
 「いくらさんは毎年海外に行っていてセレブだなぁ」
?!( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)!?

いやいや手取り20万円そこそこの至極フツウのOLです。
旅行資金は地道にコツコツ貯金しております。
もともと貧乏な家庭で育ったせいか節約に関しては苦にならないのだ。
家賃3万円の2Kのアパートで家族4人、ハタチ過ぎまで暮らしました。
今思うと貧乏生活は財産です。

東京で一人暮らしをしていたときも7万円の家賃を払いながら毎月5万円づつ貯金していました。
切り詰め生活をしていたわけではなく、海外を旅する以上に価値を見出せるものがないというか、欲しいものがないというか。
貯金はすべて利率がよいのでネット銀行の定期に入れています。
ジャパンネット銀行や、今はSBIネット銀行が利率がよいのでメインです。
時期にもよりますが、驚くなかれネット銀行の利率は都市銀行の10倍はあります。
今だって1年定期預金の利率は三井住友銀行が0.03%なのに対して、SBIネット銀行は0.35%です。この違いはかなりでかいです。
仮に100万円を1年預けたら、三井住友は+300円。SBIネット銀行は+3500円です」(注:ともに税引き前)
「ネット銀行はなんとなく不安だから」と思っている人はとても損しているなぁと思うのよね。

それから、外貨預金。
海外旅行をしているせいもあり外貨にあまり抵抗がないのでドルとユーロを持っています。含み損がでているものもありますが、長い目で見てあせらず気長に預けています。そのままおろして旅費に使うこともできるしね。
外貨の利率は一昔前はものすごーくよくて、1%〜2%は当たり前だったのだけど、今はちょっと残念な感じになって1年定期は円預金利率よりよりだいぶ低いです。
でも、預け入れる期間によって利率は変わります。
SBIネット銀行では今、ドル・ユーロともに3年定期は1%を超えています
円高もあって当分おろす予定はないので3年定期に預けなおししました。これで円定期より有利。

外貨を持っていると為替情報にも敏感になり、常に海外を感じられていてちょっと楽しいのでした。

関連リンク:
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
三井住友銀行
| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | - | 22:45
カテゴリ 旅とお金
為替
旅を控えて為替の値動きが気になるところです。
昨年末ごろからずっと100円を割り続けていたドルは数か月ぶりに100円台回復しました。
そしてユーロもつられるように値上がってきており、今日は136〜137円前後を推移しています。

あんまり嬉しくないです。。

私は旅先ではあまり現金は持ち歩かずクレジットカードをよく利用するので、今の為替レートはあんまり関係がなく旅の最中の為替が重要なのですが。こう乱高下しているとタイミングによっては大きく損してしまいそうです。
100年に1度の金融危機と言われている今は従来通りの考えは通用しなそう。円高の時に現金を買ってしまったほうがお得かもしれませんね。

| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | - | 22:21
カテゴリ 旅とお金
為替の乱高下
昨年10月の株価大暴落にはじまり、世界各国が未曾有の経済危機に直面している現在。同時に為替の値動きも異常な乱高下をしています。

昨年120円前後で推移していたドルは年が明けてからは90円前後までになりました。最安値87円をつけたときには思わず1000ドル買ってしまいました(外貨預金用)
現在旅を検討しているヨーロッパの通貨ユーロは昨年10月時点で150円くらいだったのが一気に120円前後という急激な円高。
一時114円くらいまで落ち込んだあと現在はまたもどしてきていて124円ほどになっています。
ドルはこの2日でいきなり90円から97円まで急な円安局面です。

海外へ旅行する身としては円高なのは嬉しいのですが、こうも乱高下すると気になってしまいます。5月頃の為替は一体どうなっているのか、まったく予測も検討もつきません。
今のうちに買っておくのがベストなのかと悩んでしまいますね^^;

| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | - | 22:09
カテゴリ 旅とお金
円高で旅のチャンス
連日ニュースでも報道されているのでご存知かと思いますが10月に入って急激な円高になっています。
欧米の経済不安によって相対的に円の価値が高くなっているためのようです。

ドルは100円を割り込み一時91円台まで下がりました。
ユーロに至っては現時点でなんと120円を割り込んでいます。
10月1日時点では150円だったのに、たったの2〜3週間で30円も下がっているというのは驚くべき事態です。
経済ニュースはお祭り騒ぎ、私も気になって目が離せません。


世界の経済問題云々は置いておき
「円高」という状況だけみれば、日本から欧米へ旅行を計画している人にとってはものすごいおいしい状況です。

ユーロ圏に旅するならば、1ユーロ160円の時に比べたら物価が20〜30%割安になることになります。

私が昨年ヨーロッパを旅した時は1ユーロ約155円ほどでした。
駅の自動販売機で買ったカップコーヒーが2ユーロ=約300円とびっくりしたものですが、今のレートなら240円です(それでも高い気が…)
スーパーで売っていた500mlのミネラルウォーターが1ユーロ=155円→120円ですから、日本の物価水準を考えれば今のレートが妥当なのかもしれませんね。
今までが高過ぎた。一時期170円を超えたユーロバブルも終わりなのでしょうか。


燃油高も少しづつ落ち着きの方向にあり、11月から燃油サーチャージは引き下げになるようです。
経済が混乱する中で喜ぶのは不謹慎な気もしますが、旅好きさんには追い風が吹いていますよ(^ー^)
| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | - | 18:52
カテゴリ 旅とお金
旅のスタイルと予算
● 旅のスタイル(プランニング)と予算・・・どんな旅にしたいのか
あなたはどんな一人旅がしたいでしょう?
・日頃の疲れを癒すのんびりした脱日常の旅
・自分探しや自分リセットの旅
・世界遺産を見る旅
・美術,芸術鑑賞の旅

旅の目的は様々だと思いますが、一人旅を考える人は「なるべくコストは抑えてよい旅がしたい」という方が多いと思います。コストを抑えるために1泊数千円の安宿でいいのか、ある程度はちゃんとしたホテルがよいのか、などコストと快適さのバランスを考えたプランニングをしましょう。


■コスト別 旅のスタイル例
(1)超節約スタイル
1泊2000円前後の安宿やユースホステルに泊まり(アジア方面なら1000円前後)移動は徒歩かバスか電車。観光はお金のかからないか安く入れるところのみ。食事はファーストフードや屋台やスーパーで済ませ、
宿泊費含む1日の生活費約〜5000円コース(アジアなら〜3000円)

(2)そこそこ節約スタイル
1泊5000円前後の中級ホテルに滞在(アジア方面なら3000円前後)移動はバスや電車で時々タクシーも利用。有名な観光地ぐらいはひととおり観光し、食事はガイドブックに載っている安めのレストランやファーストフード。
宿泊費含む1日の生活費約〜10000円コース(アジアなら〜5000円)

(3)ちょびリッチスタイル
1泊10000円前後のホテルに滞在(アジア方面 なら1万円だせばかなり高級ホテル)移動はタクシー。観光地はオプショナルツアーでひととおりめぐり、食事はホテルレストラン。ショッピングやエステも楽しむ。
宿泊費含む1日の生活費約〜20000万円コース(アジアなら〜10000円)
"自分にご褒美旅行"向き?

旅の見積もりは
航空券代金+(1日の生活費(ホテル代込)×滞在日数)+準備費用
で概算がだせます。その他、レンタカーやレイルパス、オプショナルツアーなどが必要な場合は追加してゆきます。
ずっと節約スタイルというのも味気なく体力がいるので、節約の中にも少しの贅沢も混ぜて、メリハリのある旅にするのもよいですね。


■行き先を選ぶ
「旅に出たいがどこにいこうか決まっていない。いくつか候補はあるけれど〜・・・」
そんな人は、旅の時期から行き先を決めるのも手です。国によっては旅に適した時期と適さない時期があります。たとえば雨季なら毎日雨で気分もどんよりしてしまいますし、真夏の南国のうだるような暑さもうんざりしてしまいます。
各国の旅に適した時期はガイドブックなどにものっていますし、地球の歩き方のサイトや各国観光局サイトなどにも詳しく出ていて参考になります。


[PR]
いい旅もっとおトクに!【てるみくらぶ】


| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | trackbacks(0) | 18:27
カテゴリ 旅とお金
お金の準備〜両替・T/C
●お金の準備〜両替・T/C

海外旅行では普段より多くのお金が必要になりますが、多額の現金を持ち歩くのは危険なのでなるべく避けましょう。現地通 貨とトラベラーズチェック(T/C)とクレジットカードでバランスよく携帯するのがベストです。

●両替
現地通貨は当日空港や現地についてからでも可能ですが、なるべく早めに用意しておくにこしたことはありません。空港のレートは悪いのが相場で、少額の両替が出来ない場合がありますし、出発日はなにかとバタバタします。現地での両替も現地到着が夜遅い場合などは手間になります。
市中銀行での両替は最近はパッケージされて売っていることが多いようです。例えば300$パッケージは「100$札1枚+50$札2枚+10$札9枚+1$札10枚」などセットになっていて、その時のレート(1$=100円等)で計算されて価格が決まります。
ちなみにレートは現金とT/Cでは多少異なります。

●トラベラーズチェック(T/C)
トラベラースチェック(旅行用小切手)は、もしなくしたり盗難にあっても再発行が可能です。基本的には現地の両替所や銀行で現地通 貨に換金して使用します。金額に応じて数枚綴りになっていて、サインする場所が2箇所あり、購入時にその場で1箇所にサインをします。現地で実際に使用するときにもう一箇所にサインをして使用します。両方にサインを書いた状態でなくした場合は再発行はできません。 現金よりレートが良いのが魅力ですが、現地の両替所によっては両替手数料を取られる場合があります。そうなるとどっこいどっこいですが、免税店など手数料をとらずT/Cのまま買い物に使えるお店もあります。

●クレジットカード
両替の必要がなくキャッシュレスで買い物できるクレジットカードは旅の必須アイテムです。VISAかMasterのブランドであればだいたいの国で使えます。ただ、小さなお店や安宿などでは使えないこともありますので現金と合わせて用意しましょう。財布やバックを盗まれた時などいざというときはキャッシングすることもできますので、複数枚用意して分散して携帯することをおすすめします。
また、欧米では信用度をクレジットカードがある否かで判断する場合があります。いろんな場面 でカードを使うことがあります。例えば美術館で日本語案内イヤホンをレンタルするとき、レンタサイクルを借りるときなど、デポジットとしてクレジットカードやパスポートを預ける場合があります。
クレジットカ ード選び>>>

【プチコラム】イタリアで超ピンチ
イタリアを旅行中、到着して2日目にバスのなかで財布をすられてしまいました。中にはなんと全財産15万円とすべてのクレジットカード等カード類が入っていました。
頭真っ白。。。(°°)
急いですべてのクレジットカード会社に連絡し、なんとか停止と再発行の手続きをして日本から新しいカードをイタリアの銀行宛に送ってもらい受け取りました。カードが到着するまでの間は旅で知りあった親切な方にお金を借りてしのぎましたが、カードを得てすぐにキャッシングして返金しました。現金約15万円は諦めざるをえませんでしたがクレジットカードのおかげで旅を続けることが出来ました。
高く付きましたが勉強代だと思ってます(´-`)

| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | - | 13:33
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター