旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 旅行保険のアレコレ
海外旅行保険の節約のコツ
 次の旅にあたり、いつものように海外旅行保険に申し込みました。最近はネットで契約できる旅行保険も増えましたね。いろいろ比較してみますが、結局いつも損保ジャパンです。
東南アジア9日間の保険料は必要な保障のみアラカルトで選んで2,060円でした。
クレジットカード付帯保険では保障額が足りない(後述)ので、重要な”治療費保障”を重点において組んでいます。
セットプランだと3,000円くらいからですが、これは内容をみると無駄が多い。
保険料の節約には「必要なものだけ選んでバラ掛けする」というのがコツです。しかしそれができない保険も多く、たとえばHIS損保、au損保、三井住友海上、エース損保、あいおい損保などなど。逆にできるのはAIU、ジェイアイ等。AIUは高いけどジェイアイの”たびほ”は損保ジャパンに対抗できる価格で2,210円ほど。

ところで「必要な保障」といってもそれが解からないとどうしようもないですよね。個々人によってかわってくるのですが、以下は私が今回加入した保険の内訳とその解説です。参考になれば。

↓今回の保険バラ掛けの内訳(損保ジャパン)

解説:
旅行保険の掛け金はやはり治療費用が一番高い。それは確率の高さからくる。この治療費用、保障額2000万は多く感じますが、500万でも1000万でも掛け金は殆ど変わらないのです。であれば最大の2000万円かけてしまってもいいじゃん、という判断です。
↓治療費の保障額の違いによる掛け金の違い

死亡保障は今回最低限の500万だけつけました。最近航空機事故とか、多いじゃないですか。もしものときに家族に少しでも入ればと。救援者費用もそんな考えから付けてます。
疾病死亡は持病があるわけでもないので付けませんでした。
賠償責任1億円って金額が面白いですが掛け金も10円と面白いのでいつも付けています。掛け金が安いってことはめったに起こらないのでしょうね。
携行品損害はクレジットカードに付帯しているのでもしもの時はそちらを発動させます。ま、基本的に盗まれて困るような高額なものを持ち歩いたり買ったりする予定はないですけど。


【参考】クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているから大丈夫?
最近のクレジットカードは海外旅行保険が付帯しているものが多いです。だから、あえて他の保険に入る必要ないじゃん、って考えている方はけっこういるようです。
しかしこれにはいくつかの落とし穴があります。
・その旅費をそのカードで支払った場合にのみ適応となる場合がある
たとえばツアーや航空券、ホテルなどをそのカードで支払っていないと保険が適用されません。
・補償額が少ない
「死亡保障2000万円もついてるよ!安心だね」
ってちょっと待って。海外旅行で大事なのは死亡保障より治療保障です。海外旅行で死ぬ確率と怪我や病気になる確率を考えれば明らかに後者のほうが大きい。その治療費用の保障額はいくらでしょうか?50万とか100万円とかじゃないでしょうか。海外では国によってはバカ高い治療費がかかります。少なくとも300万以上は欲しいところ。
・保険金請求の手続きが煩雑
いざ海外で事故にあって入院したとして、その時の対応を明確にしているしおりはありますか?迅速なサポートがないとか、いったんすべて自分で払わないといけないとか、なかなか煩雑だったりします。


【参考】日本の健康保険は海外でも適応される件
日本の健康保険は海外でも適応となるって知っていますか?あまり知られていないのですが「海外療養制度」というものがあり、海外で病院にかかった場合も7割が保障されます。
しかし注意したいのは「その治療を日本の病院で受けた場合にかかる費用の7割」であることです。例えば治療費用が300万円かかったとして、その治療費が日本なら50万円でできる場合、保障額は35万円ですので、265万円は持ち出しになります。


保険とはもっとも最悪の事態に備えて加入するものです。
そういう意味でも、民間の海外旅行保険の加入は大事だといくらは思います。

| いくらプロフ | 旅行保険のアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 15:43
カテゴリ 旅行保険のアレコレ
国民健康保険が海外診療でも適応?海外療養費制度

 芸能人の親族が国民健康保険の海外療養費制度の悪用をレクチャーして指名手配というニュースが今日あがりました。

「国民健康保険の海外療養費制度」

あまりなじみないですよね。
実は国民健康保険は海外で病院にかかった場合でも適用することができるのです。

「ええっじゃぁ、民間の海外旅行保険入る必要ないじゃん」

となればいいのですが、そうもいかないのは

給付金額が日本で同様の病気や怪我の治療を受けた場合を基準に決定した標準額から一部負担金相当額を控除した額

だったり

交通事故や第三者の行為によるけがなどには適応されない

だったり

いったん全額を自分で支払わなけれればならない

だったりとパーフェクトではないからです。

しかも事前に書類を用意しておいて、旅先で病院にかかった時にその書類に記入してもらう必要もあります。

ちょっとめんどくさいですよね。

海外療養費制度についての詳細や手続きに関しては
JATA日本旅行業界のこちらのページに書いてあります。


ボンボヤッジ


| いくらプロフ | 旅行保険のアレコレ | comments(0) | trackbacks(0) | 12:35
カテゴリ 旅行保険のアレコレ
海外旅行保険は無駄なく加入
海外旅行保険はけっこう無駄にかけてしまっていたり、逆に不完全な保険のまま旅に出てしまう人は多いようです。
なんとなくわかりにくい保険ですが、だからといって保険会社が用意しているパック保険に加入するのはちょっと待ってください。
クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているというのはご存知の方も多いとは思いますが、まずはこの保険を確認しましょう。
とはいえ、カード付帯保険はだいたいがカバーしきれていません。また、カードの付帯保険は旅費をそのカードで支払うことが保険適用条件だったりすることも多いので確認しましょう。

無駄なく保険に加入するステップ:
1.持っているクレジットカードに海外旅行保険が付いているか確認する
2.保険適用条件が旅費(ツアー代や航空券代)の支払いの場合、そのカードで旅費を支払う
3.カードでカバーしきれていない部分のみ、別途、保険をバラかけする

こうすると保険料がリーズナブル。
さて、私の場合ですが、所持しているVISAカードに付帯している旅行保険を見てみると以下のような内容でした。



最近改定されたようで保証が少し良くなっていますが、
一番大事な治療費用が100万円と全然足りません
そこで損保ジャパンで治療費用のみ1000万円をバラかけしました。
その他の部分はカード付帯保険で賄います。1860円で済みました。

ここ、要注意です。
ほとんどのクレジットカード付帯保険は治療費用が足りていません。夫君の持っているUCゴールドカードでさえ治療費用は200万円で、これでもやっぱり足りません。治療費用はできれば1000万円ほどかけておけばやっと安心できます。
死亡保障は2000万円ありますが、海外で「死ぬ確率」と「怪我や病気の確率」はどちらが高いかというと圧倒的に後者です。
*海外で入院ともなれば内容にもよりますが300万〜500万以上はかかるそうです。

保険が付いてるという利点ばかりクローズアップして、このあたりの情報はあまりアナウンスされていないのでご注意。

ちなみにバラかけではなくパック保険の料金をみてみたら3800円ほどでした。死亡保障や携行品損害などがカード付帯保険と重複していてもったいないです。
| いくらプロフ | 旅行保険のアレコレ | comments(2) | - | 22:31
カテゴリ 旅行保険のアレコレ
旅行保険
旅行保険に申込みました。いつも使っている損保ジャパンのOffです。
渡航先によって保険料が変わるようで、今回はヨーロッパにくわえモロッコもカバーしなくてはなのですが、モロッコを加えると保険料が少し上がるようでした。
モロッコは危険度が高いのかしら(・ω・`)

■おまかせPBタイププランだと保険料4,360円。
傷害死亡・後遺障害 2,000万円(560円)
治療費用 1,500万円 (2130円)
疾病死亡 2,000万円 (480円)
賠償責任 1億円 (10円)
携行品損害 30万円(870円)
救援者費用 1,500万円(190円)
航空機寄託手荷物遅延費用 10万円(120円)

※()内が掛け金

これを無駄をなくして私流カスタマイズ。
保険料は2640円になりました。
■私の契約した内容
傷害死亡・後遺障害 1,000万円(280円)
治療費用 2,000万円(2160円)
疾病死亡 0万円
賠償責任 1億円(10円)
携行品損害 0万円
救援者費用 2000万円(190円)
航空機寄託手荷物遅延費用 0万円

やはり一番掛け金が高いのは「治療費用保険」。これは絶対削れない保険。
傷害死亡・後遺障害は私が死んでも困る人はいないのですが、後遺障害も一緒なのでそこそこかけておきました。疾病死亡も同じ理由でこれはなしにしました。
賠償責任、これは掛け金が10円と安いのでつけときました。10円で保障1億ってすごいですよね。めったに起こらないトラブルなんでしょうか。
携行品損害はよく起こりうるトラブルなのですが、それだけ掛け金も高めです。(例:20万円の補償で掛け金780円)なのでなしにしました。例えば盗難にあって保険金をもらうには警察に行ってポリスレポートをもらわなくてはならず、短期の旅ではそれが難しいためです。そもそもそんなに高額なものは持ち歩かないので。
航空機寄託手荷物遅延費用は荷物は機内に持ち込む予定なので心配なしなので必要なし。

クレジットカード付帯の旅行保険もありますが、内容が不十分だったり、旅行代金をそのクレジットカードで支払っていないと適用されないということが多いので要確認です。
保険はかしこく無駄なく加入しましょう(^^)b
| いくらプロフ | 旅行保険のアレコレ | comments(2) | - | 21:26
カテゴリ 旅行保険のアレコレ
携行品損害保険
前述しましたが旅行中にデジカメを落として壊してしまいました。
旅行前に加入した旅行保険に携行品損害を付けていたのでカバーされます。
とりあえず問い合わせてみたところ、なんだかとっても手続きはめんどくさそう(・ω・;)
たいした金額じゃないし面倒ならいっかな、とも頭をよぎったのですが、これも後学のため。とりあえず手続きを踏んでみようかと思います。

壊れたカメラそのものを保証してくれる訳ではなく、まずは修理が可能なら修理にだし、修理代金を保証するという話。だけどもし修理不可能なら、全損扱いで新規購入を保証する。そのさい壊れたデジカメは回収。
しかし!どちらにしろ全額ではなく上限があり、カメラを購入した金額を使用した期間で減価償却した金額が上限だそうです。
私のカメラ、パナソニックのルミックスFX07はたしか40000円しなかったぐらいで昨年の12月に購入したので使用期間は約5ヵ月。これでどれだけ減価償却されるかはまだわかりません(・ω・*)
カメラを買った時の領収書とか保証書も必要になってきます。

また、旅行中に壊れたということを証明しなくてはなりません。同行者がいればその人に一筆書いてもらえばよいみたいですが、私のような一人旅の場合は自分で証明すればよいみたいです。壊した時の状況などを具体的に書くだけみたい。
ふーん。
これが盗難だったりするともっと面倒で、現地の警察の盗難証明書が必要になったりします(経験あり)
自損は簡単なのね。

とりあえず、駅前のビックカメラに行ってきまーす


| いくらプロフ | 旅行保険のアレコレ | comments(0) | - | 14:23
カテゴリ 旅行保険のアレコレ
お得に加入しよう!旅行障害保険
●お得に加入しよう!旅行障害保険

・旅行保険の必要性
海外で事故や病気などの大きなトラブルに遭う確率はそんなに高くはないかと思います。実際私も旅行保険にお世話になったのは盗難保険のみ一回きりです。 それでも保険には必ず加入することをお勧めします。 保険は「安心料」です。もし何かあっても保険があるから気兼ねなしに旅できる 。逆に保険に加入しなかった場合、旅の間中つねに病気や事故などのトラブルに びくびくしながら旅することになり旅を楽しめません。



【いくらのプチコラム】「携行品損害保険」を考える
携行品損害保険とは、旅行中に手荷など携行しているものにかける保険です。基本的に現金や金券には適用されません。
たとえば手荷物が盗難にあって、保険金をもらうには「盗難証明書」を現地の警察にいって書いてもらわなければなりません。言葉の通じない国で警察で事情を説明して証明書をもらうのはなかなか大変です。旅の期間が短い場合など、いちいち警察に行く時間などないことも。
また、未使用の鉄道チケットや航空券は保証の対象になりません。そのかわり、それが盗まれたことによってかかった費用(新しくチケットを買ったなど)は対象になるそうです。レシートはとっておきましょう。


・保険会社は選びましょう
とはいえ気になる保険料。短期の旅ならともかく、長期の旅となると保険も高くなります。航空券を購入すると旅行代理店から申込書と一緒に保険加入申込書が同封されてくる場合がありますが、ちょっとまってください。保険会社によって値段や内容がことなるのでよくよく比べて賢く加入しましょう。

おすすめ保険比較サイト>>>保険比較の保険市場

私がよく利用するのは「損保ジャパンoff」です。

・クレジットカード付帯保険
クレジットカードには旅行保険が付帯しているものもあります。 カバーされている内容は充分か、保険の内容を良く確認して利用しましょう。カードによっては「旅行代金をクレジットカードで支払った場合にのみ保険が適用」などの条件付きな場合もありますので注意しましょう。

| いくらプロフ | 旅行保険のアレコレ | comments(0) | - | 14:02
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター