旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 201308バリ島1人旅
バリ島デンパサール空港の深夜到着について
 [8/15-8/19バリ島一人旅のメモ]

出発前に不安だったことの一つに、深夜2:40にデンパサール空港に到着することがあった。
女一人旅では、深夜に空港に到着して移動するというのはなるべく避けるべきスケジュールである。
具体的な心配事は、空港にひとけはあるのか、治安は大丈夫か、開いているお店はあるのか、両替はできるのか・・・などである。
しかしこれら心配事は杞憂に終わった。
到着した便の客で空港はにぎやかだったし、出口を出れば送迎スタッフや、タクシー等の客引き(白タクだとは思うが)ごったがえしていた。両替はATMでさくっと簡単にルピアを引き出せたし(ATMはターンテーブル近くにいくつも並んでいた)、外には24時間オープンのファーストフードなどもあった。

想像していたより近代的な環境にちょっと驚いた。もっとなんにもない田舎(例えばフライトがないと鍵を閉めちゃうパラオの空港のような)をイメージしていたのだ。バリさん、すみません。

もちろん移動は白タクなんぞ使わずに、安心なホテル送迎を手配しておいた。ホテルも空港からすぐ近くのホテルを選んだ。送迎料金は深夜にも関わらずたったの5US$(約500円)だ。空港出口で私のネームプレートを持ったスタッフと無事合流できた。
うっかり白タクなんかに乗った日には遠回りされたりぼったくられたり下手すれば襲われる可能性だってある。

ということで、女性一人旅で深夜到着でも備えあれば大丈夫!

■関連写真
↓ATMでクレジットカードでルピアをさくっとキャッシング。私はいつもこの方法。両替よりおススメです。レートも安心だし140万ルピア(約14000円)引き出して、手数料(利子)は380円ほどでした。


↓出口をでて振り返って撮影した風景。出口付近には送迎スタッフなどが待ち構えている。


↓深夜3:00頃の空港の雰囲気全景。車などはさすがに少ない


↓ちょっとぶれたが、深夜でもオープンしていたスターバックス。隣にはファーストフードやコンビニも。



ではでは、ボンボヤッジ!

| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 16:54
カテゴリ 201308バリ島1人旅
夏休みバリ4日間1人旅の費用と物価
 8/15〜8/18の4日間弾丸バリ一人旅の旅の費用を計算しました。
結論から申しますと、14万円でした。

ざっくりとした内訳は以下
・往復航空券 67400円
・ホテル3泊 26263円(1泊平均8750円。少し贅沢ランク)
・オプショナルツアー 7000円
・車半日チャーター 6000円
・現地滞在費(食費・移動費・土産・観光) 23000円
・マッサージエステ3時間 10000円(贅沢費)
以上合計 139663円

(雑費は含まず。例:空港までの交通費や前後宿泊・保険等)

旅のスタイルにテーマをつけるとすると”快適プチ贅沢旅行”。
使うところは使って、あまり節約しすぎない感じ。
節約しすぎると疲れるしストレスも発生するし、短期間なので極力無駄なく動くためにはある程度出費が必要です。
でも節約のため工夫した点はたくさんあって
・航空券は行きと帰りを異なる航空会社でとることで(今回は)値段が下げられた(7000円得)
・空港からホテルまではホテルのtransferサービスを利用した。外部サービスだと片道3000円くらい取られるが、行きは5ドル帰りは無料(さすがにチップを多めに出した)で済んだ。(2500円得)
・ホテル予約は複数の予約サイトを比較して最安値で予約(7000〜8000円得)
・チャーター車は最安値の手配会社を通した(3000円得)
・保険はカード付帯+バラかけすることで格安で厚く保障(1000得)
・クレジットカードラウンジを活用した(10000円得)

でもいくつか失敗もあって
・上海立ち寄りで両替した両替所の手数料が高かった(800円損)
・エアアジアの荷物20KGもいらなかった(4000円損)
・エステはドルで払えば87$だったがカード払いはルピアで悪いレート換算だった(1300円損)

ところでそもそもなんで費用を公開するかというと、
”この時期、この期間でこの旅先への一人旅がこれくらいの予算でできるんだよ”
の事例として参考になればという意図があります。


■バリの物価
物価が安いといわれるバリですが、実際のところどうかと言うと、
安いには安いがメジャーな観光スポットや外国人向けのお土産やではそれなりの価格である。
例えば、ローカルなレストランなら10000ルピア(約100円)あればお腹いっぱい食べられるけれど、有名な観光スポットの観光客に人気のこじゃれレストランではナシゴレンが一皿50000ルピア(約500円)、アイスティが20000ルピア(200円)だった。
お土産屋ではTシャツが68000ルピア(680円)だったり。
絶対これ地元民には手が出ない値段です。地元民の月収は2〜3万円なのですから。
もちろんお店を選んでローカルの人が行くようなとろこに行けば、安く買えるわけですが。



相場より高かったからと言って
「ぼったくりやー」
と騒ぐ気は私はないです。払えるから払う。最近はそういうスタンス。
大人になったというか、寛容になったというか。楽しければそれでいいのです。
あまりに極端におかしかったらさすがにモノ申しますが。

でもやっぱ安いなーと思ったのはチャーター車。
専用の車1台+日本語ガイド+運転手を半日好き勝手動かして、ガソリン代込6000円。
これはやっぱり安い人件費のなせる価格です。
バリでは乗りあいのオプショナルツアーに参加するより、チャーターしたほうがいいです。


ホテル代はほんとピンキリ。安いところは2000-3000円で泊まれるけれど、高いところは1泊10万以上という高級ホテルまでなんでもござれ。今回ちょっと贅沢なチョイスをしましたが3000-5000円も出せば快適なホテルに泊まれます。

マッサージ・エステもこれまたピンキリ。
日本以上の超がつくラグジュアリーなところは日本より高いし、街エステなら1時間1000-2000円なんてところもある。
でもピタマハスパでの3時間コース$87はラグジュアリーでありながら安くてかなりバリューでした。こういうところを選びたい。



ではでは、ボンボヤッジ!
| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 19:26
カテゴリ 201308バリ島1人旅
夏休みバリ行き航空券の値段と初めてのLCC
 8月15日から18日まで4日間、繫盛期である夏休みドピークにバリ(デンパサール)に飛んだわけですが、航空券がいくらだったかと言うと、
往復合計67400円でした。
これ、けっこう苦慮して手配しました。この時期にしてはかなり格安に手配できたと思っています。
当初は往復ともにエアアジアXで考えていたのですが、それだと75000円くらい。それでよくよく調べてみると、片道づつ別々に買ったほうが安いという計算がはじき出されたため、今回のように
行きは中国東方航空、帰りはエアアジアX
という変則的な買い方となりました。こういう買い方をしたのは初めてですが全く問題なかったです。
それぞれの航空券代は

中国東方航空 31490円
エアアジアX 35910円(機内食や荷物のオプション込)

と言う感じで、なんとLCCのほうが高い結果となりました。
ただ失敗だったのは預入荷物を念のため20KG(約4000円)で購入したのですが、実際には帰りの荷物は7KGだったのでなんと機内持ち込みでき無料で済んだのです。4000円損したなぁ。これがなければ往復ともにほぼ同じ料金。おいしくない機内食もいらなかったのでこれで-1000円。それを加味すると62000円で手配できていたことになります。次回への反省点。
エアアジアXを帰国便で利用したのはその日のうちに帰れるからでもありました。
中国東方航空だと帰りの便が翌日到着しかなかったのだ。

今回初めてLCCというものを利用しましたが、感想としては
「思ったより普通である」
座席ピッチが狭いと聞いていたけどそんな風には感じなかった。
ただ機内がはんぱなく寒かったのと、機内食があまりおいしくなかったのが残念ポイント。
あ、デンパサール→クアラルンプール線では座席のリクライニングボタンが壊れていて倒れなかったというのもあるな。。。
ま、やっぱり「安いなら今後も使ってもいいかな」という結論です。
LCCでない航空会社のほうがLCCより安いチケットを出している場合も多々ある。

中国東方航空も今回初ですが、可もなく不可もなく、普通でした。
行きは隣の席が空席だったのでラッキーだったり
機内食は2種類から選べLCCよりずっとよかったので、印象はけっこう良いです。
機内持ち込み荷物の重さ制限が5KGとエアアジアより厳しいのは知らなかったのでびっくりしましたが、6KGを大目に見てくれたのでこれまた印象ヨシ。
北京立ち寄りも面白かったし、大満足でした。


ではでは、ボンボヤッジ!

| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 18:43
カテゴリ 201308バリ島1人旅
上海トランジット5時間
上海トランジットは想定外に楽しく興味ぶかく満喫\(^o^)/


10:55に中国東方航空で成田空港を出発。3時間後の13:00(時差ー1時間)で上海空港に到着。
バリ行きの便は21:00発なのでたっぷり時間がある。私が空港でじっとしてられるはずもなく、あたりまえのように入国審査のほうへ流れて行きました。

初めての上海、上陸\(^o^)/
今回の旅はバリ島メインなんで、上海については全然考えても調べてもなかった。地球の歩き方「上海」を飛行機のなかで読んで調べて学んだ知識で、テキトーに街に繰り出す。
のまえに、両替しなきゃといつものようにATMを探すも見つからぬ。仕方なく両替所で10000円を両替。手数料50元もした(約800円)。でも後からatm発見、失敗失敗。
まずは上海で有名なリニアモーター!街まで30キロを7-8分で結ぶ世界最速431キロの乗り物。これはマストでしょ。チケットは往復80元(約1200円)
ワクワクテカテカで乗車待機。発車してスピードがグングンあがる・・・100〜200〜300・・・・あれれ300から伸びない?
結局この時は300キロ走行でした。
それでも早いけど。

地下鉄に乗り換えあっという間に街中心部に到着です。空港から街が近いのはいいね。








18:00空港に戻りバリへ!

| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 04:42
カテゴリ 201308バリ島1人旅
成田空港前泊:日航成田レポ
プールもあってリゾート気分になれるホテル日航成田。気に入った♪
常夏ではない日本のホテルでプール設備ってコストかかるからあるだけで感心。そこはさすが日航グループ。
しかも一泊素泊まり5500円〜とお手頃価格。
旅出発前のひと時をプールサイドのデッキチェアで気持ちよーく過ごす( ´ ▽ ` )ほんわか。
夏休みとあってお子さまたっくさんいて賑やか。


8/1にリノベーションオープンしたばかりのロビーはオシャレでモダンなインテリアになっていました。ロビー傍のカフェではコーヒーが300円。営業は18:00までとちょっと早い。



リニューアル新設された「スタイルシングルルーム」。シンプルナチュラルモダンなしつらえ。フローリングがおしゃれ。
窓の外には成田の新緑が広がる。



| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 18:26
カテゴリ 201308バリ島1人旅
弾丸バリ4日間一人旅の概要
 弾丸バリ4日間一人旅の出発が明日に迫りました。早朝便なので今日は成田空港近くに前泊します。成田に泊まったことがないので、早めに家をでて成田周辺を散策使しようかななんてぼんやりと考えていたのですが、旅の調べごとや手配が終わっていなくて、今も自宅のPCの前にいますorz...。
そんな感じになんとかぎりぎり整えた今回の旅の概要です。

旅のテーマ「2012世界遺産認定”ライステラス”とバリニーズエステ満喫

8/15出発
成田10:00発 中国東方航空 13:00 上海(乗継) 21:00 発
デンパサール到着は翌8/16 2:40(深夜)
 -上海乗り継ぎで6時間の猶予があるので立ち寄り検討中
 -デンパサール深夜到着のため、滞在ホテルに送迎をリクエスト
 -ホテルは空港近くのRama Beach Resort & Villas(1泊¥7200)
 -チェックインは3時過ぎ。翌朝すぐに出発なので滞在時間短し。。。

8/16
7:00 東部トレッキングツアー出発
 -ライステラスやローカルな村、穴場ビーチを訪れる


バリ島(トリップアドバイザー提供)

バリ島(トリップアドバイザー提供)

こんな景色見たら泣く。

夕方 ウブドのホテルにチェックイン

 ホテル Bali Spirit Hotel And Spa

バリ スピリット ホテル&スパ(トリップアドバイザー提供)

素敵。最近ネイチャーがマイブームです。

ウブド散策
買い物とかグルメとか

8/17
10:00 バリニーズエステ体験
  ホテル『ザ バイスロイ バリ』併設のザ ルンバ スパに予約リクエスト

ヴァイスロイ・バリ(トリップアドバイザー提供)

これはヤヴァイ。

13:00 チャーター車にて移動
 トゥガララン(ライステラス
 ジャティルイのライステラス(昨年世界遺産認定)

バリ島(トリップアドバイザー提供)

タナロット寺院(海に浮かぶ寺院。サンセットが美しい)
夜 空港近くのホテルチェックイン
 ホテル Green Garden Beach Resort and Spa (1泊¥8660)

8/17
早朝4時に空港へ移動
6:00発 エアアジアX クアラルンプール乗り継ぎ 23:30羽田帰着
 -クアラルンプールで乗り継ぎに5時間あるので状況によって入国して散策したいが、街中まで1時間かかるらしいので迷い中。
-羽田到着が遅い&LCCなので遅延などの可能性もあるので、羽田近くでホテル確保
 ホテルマイステイズ蒲田


今回の旅のポイント
・4日間弾丸経由便でもここまでできる!というのを試す。山も海も農村もリゾートも都会もぜんぶ盛り。
・今回は行きと帰りを別々に手配するという初の試み(そのほうが安かった)
・LCC(エアアジア)を初めて利用体験


| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 11:40
カテゴリ 201308バリ島1人旅
エアアジアのWebチェックインを行てみたメモ
 エアアジアX(エアアジアの国際線のほう)は出発の14日前から4時間前までに事前WEBチェックインができます。出発の6日前に当たる本日、とりあえずやってみました。
乗るのは18日のデンパサール(バリ島)発〜クアラルンプール乗り継ぎ、羽田行きの便です。(*東京→バリは中国東方航空利用なので帰りだけ)
モバイルでも可能のようですが今回はPCから行います。

1. 公式サイトにアクセスすると、WEBチェックインのメニューがあるので、出発空港名・予約番号・名字を入力して進みます。

2. 搭乗者の名前を選びます。
今回は一人旅なので名前はひとつだけしかありません。生年月日やパスポート情報を入力し次に進みます。

3. 搭乗する便の情報が出てきます。
自分の座席番号が指定されていました。

・座席指定について
航空券購入時に座席指定していなければこの時点で自動で指定されるようです。私の場合、デンパサール→クアラルンプールだけ座席指定を入れていたので(有料18000ルピア/170円)、ここは11Aと決まっていて、指定していなかったクアラルンプール→羽田は自動で割り振られた43Dとなっていました。センターの通路側です。通路側ならまぁいいかな。
ここで座席を変更することが可能ですが追加料金がかかります。費用はHot Seat(よい席)で345000ルピア(約3200円)、一般座席がどこでも110000ルピア(約1000円)でした。出発地の通貨なのですねぇ。この料金はデンパサール→クアラルンプールではそれぞれHot Seat 95000ルピア(約900円)、一般座席18000ルピア(約170円)でした。フライト区間によって異なるんです。



・受託手荷物について
これもこの時点で変更できます。
私は購入時に15KG指定していましたが、もし20KGに変更する場合はデンパサール→クアラルンプール40000ルピア(約380円)、クアラルンプール→羽田45000ルピア(約420円)でした。帰りに荷物が増えたことを考え、20KGに変更することにしました。もし当日になって容量オーバーだと高額な追加料金がかかります。このへんがLCCの注意点です。

・エアアジア旅行保険
ここで保険の申し込みチェックがでてきます。55000ルピア(約500円)です。別途旅行保険に入るのなら必要ないでしょう。キャンセルできます。よくわからないままチェック入れて申し込んじゃうひと多発のようです。

4. 3で変更した場合、次の画面でクレジットカード決済になります。使えるのはVisaかマスターのみ。決済が完了して次へ進みます。

5. "チェックインの準備ができました" の画面になります。ボーディングパスの発行に移ります。
方法は3つ。
 1. プリンターで印刷
 2. メールで受け取り後で印刷
 3. 携帯/スマフォで受け取る(携帯電話番号を国番号付きで入れる)
 例:090-1234-5678 なら 819012345678 です

私は全部チェックして進みました。


6. 今まで日本語だったが突然英語のページが出てきます。
  もろもろ注意点が描かれています。


”I confirm that I have read and understood this notice and there are no Dangerous Goods or Prohibited Items in my hand luggage or checked-in baggage.”(私は注意を確認しました的な内容)

にチェックを入れて次に進みます。

6. ボーディングパスが表示されます。同時にプリンターも起動します。


プリンターがあればそれを印刷しましょう。
同時に携帯電話とPCメールにもメールが飛んできました。
携帯メール:メール内にあるリンクに飛ぶと四次元バーコードが表示される。これがボーディングパスの代わりになる。
PCメール:ボーディングパスがPDFとして貼付されている。これを印刷する。


その他注記:
・操作の途中で時間を置くとあっという間にタイムアウトになり最初からやり直しになります(今回これを書きながらだったので3-4回くらいました)
・ボーディングパスの印刷を忘れ、当日カウンターで発券してもらうと追加料金がかかるようです。LCCはなんでも追加料金です。
・WEBチェックイン後も次のことは変更可能です。
機内食、座席指定、受託手荷物のサイズアップ
・モバイルチェックインした場合は空港カウンターで無料で搭乗券を発行できる。(基本的にはカウンター発券は有料)

| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 20:16
カテゴリ 201308バリ島1人旅
バリの絶景リゾート

■コマネカ アット ラササヤン[ウブド]

コマネカ アット ラササヤン(トリップアドバイザー提供)

■ロイヤル ピタ マハ[ウブド]

ロイヤル ピタ マハ(トリップアドバイザー提供)
■ロイヤル ピタ マハ[ウブド]

ロイヤル ピタ マハ(トリップアドバイザー提供)

■マヤ ウブド リゾート アンド スパ[ウブド]

マヤ ウブド リゾート アンド スパ(トリップアドバイザー提供)




| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 02:05
カテゴリ 201308バリ島1人旅
バリのホテルをHotelClubで予約したメモ
 バリ旅の出発が5日後に迫っているというのにいまだにホテルを予約していない日があって、今日やっと決めて予約しました。今回の手配はいつになく後手後手です。仕事とか同僚の送別とかでいろいろありすぎてほんと手が(気持ちも)回らなかった。
航空券予約さえしちゃえばホテルやオプショナルなどはぎりぎりでも結構大丈夫なもんさ。と余裕ぶっこいていたら、あちこち埋まってしまっててやばいやばいと焦ったりもして。

今回のバリ旅は4日間で現地で3泊するのですが、いつものごとく3日間すべて違うホテルです。あほです。初日と2日目のホテルは数日前に予約済だったのだけど、3日目だけ決めていませんでした。で、今日予約したのはその3日目のホテルです。
こちら。
グリーンガーデンビーチリゾート&スパ[Booking.comより]
 Green Garden Beach Resort and Spa Hotelclub


ものすごく悩んだけれど、最終的には現実的低リスクコストバリューを優先しここにしました。空港からとても近いというのが第一ポイント。なぜならば翌出発が早朝6時の便なのだ。このホテルは空港まで車で5分のトゥバン地区にあります。実は初日に泊まるラマダホテルもこのトゥバン地区にありとても近い。
雰囲気も良く評判もよくビーチも近く規模も全15室とこじんまりしていて静かに過ごしたい一人旅にはもってこい。私がいつも指標としているトリップアドバイザーでのトゥバン地区ランキングで2位(トゥバン地区は16ホテルしかないけど)。

ホテルPhoto:広いプールがリゾーティで素敵

グリーン ガーデン ビーチ リゾート &スパ (トリップアドバイザー提供)

今回はホテルクラブHotelClubさんで予約しました。料金はホテルクラブ、Agoda、Expedia、Booking.comいずれも同じで一泊朝食付き一部屋8600円ほどだったのだけど、ホテルクラブで予約した理由は「たまったポイントがあったから」。昨年の香港/マカオ旅でホテルクラブで2か所のホテルを予約しておりその時の5%ポイント還元が9ドル(約900円)あって、これを使わせてもらった。なので結果7700円で予約できました。この7700円も5%ポイント還元がある(386円)。ホテルクラブさんはさらにアフィバックが10%あるので約770円戻ってくる。そういうのを考慮すると6000円以下になる。イイね!
そんなこんなでホテルクラブさんはおすすめです。

ホテルPhoto:夜のライトアップされた敷地内もムーディ

グリーン ガーデン ビーチ リゾート &スパ (トリップアドバイザー提供)


でもホテルの詳細はBooking.comさんのほうが見やすい。
グリーンガーデンビーチリゾート&スパ
[Booking.comより]



| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 01:09
カテゴリ 201308バリ島1人旅
ホテル日航成田を予約したメモ
 【2013/8/15-18 インドネシアバリ島一人旅】

今回の旅の出発便は午前。早朝にあわあわと自宅を出発するのなら、成田空港近くに前泊してしまおうと考えました。きっと優雅な?旅の出発になるに違いない。会社は8/14から休みなので仕事を気にやむ必要もない。
成田空港へは何度も足を運んでいますが実は泊まったことは一度もない。
さっそく成田空港のホテルをサーチ。
3つ星4つ星ホテルでも意外と安いプランがそろっていて、一泊素泊まりで5000円前後から。これなら前泊ぜんぜんありと納得。日本だって実は物価高くないんだなと思った。(ま、立地が千葉の山奥ということもあるけどね)

余談:国内ホテルを探すのは海外のホテルを探すのとは少し勝手が異なる。今やどの海外ホテル予約サイトも日本国内のホテルも扱っているのだけれど、国内ホテルを探すのにExpediaやAgodaを通すのはちょとなんだかしっくりこない。やっぱり「じゃらん」とか「るるぶ」とかのほうがしっくりくるし、価格を見ても数百円有利な設定になっていた。

そしてもろもろ検討した結果「ホテル日航成田」に的を絞った。そのポイントは
・ハイグレードクラスホテルなのに1泊5000円台〜泊まれる
・JALグループだから(私はJALマイラー)
・プールがあり無料で使えリゾーティな時間を過ごせる
・タイムリーに8/1にリニューアルオープンする。フロントロビーなどが一新された模様。部屋もきれいにリニューアルされたとか。

これら好条件がそろっていたのであまり迷いなくここに決めた。リニューアルのレポートもしたい。
予約するにあたりまずはあっちこっち比較してみる。
ホテル日航成田で一番安い部屋は「スタンダードシングル」というカテゴリーでこれが素泊まり5500円。しかしどうやらこれはリニューアルしていない以前からある部屋でしかも喫煙。これはダメだ。せっかく泊まるならリニューアルした部屋で禁煙がいい。そうなるとちょっと値上がり6000円になる(14日前まで予約プラン)。これが「スタイルルーム/シングル」という部屋。うん、この部屋がいい。
素泊まりなら6000円なのだけど、どうせならホテルで優雅に朝食を食べてから出発したいから朝食をつけたい。しかしさすがそこはハイクラスホテル朝食バイキングが2000円もする。。。確かに優雅を求めているけどさ・・・。
そんなお高い朝食バイキングだけど、宿泊プランに組み込めばちょっと安くなる。スタイルルーム/シングル指定の朝食付きプランが7600円。素泊まりに+1600円で朝食が付く。それでも高い印象はぬぐえない。この価格設定はホテル公式サイトもじゃらんも楽天トラベルも一休もまったく同じだったのだけど、唯一”るるぶ”だけが異なっていた。るるぶオリジナルプランでスタイルルーム/シングル指定の朝食付きプランが7400円というものがあった。たった200円、されど200円。朝食が+1400円でつけられると考えると許容範囲に落ち着いた感がある。しかもるるぶ独自の1%ポイントバックシステムもある。

結論。ホテル日航成田のもっとも有利なプランを出していたのは「るるぶ」である。


今まで国内旅行ではじゃらんを主に利用していたのでるるぶを使うのは今回初めて。
会員登録は予約と同時に簡単にできた。今後るるぶも注目株です。
ところで金額を調べるのに個別にあちこち開いて確認したけど、実はYahooトラベルなら一括で比較できるのというのに後から気づいたのであった。

関連リンク:
るるぶトラベル
じゃらん
Yahoo!トラベル
楽天トラベル
一休.com

ホテル日航成田の写真:
こちらが古くからあるスタンダードシングルルーム

ホテル日航成田 (トリップアドバイザー提供)

こちらが新しいスタイルシングルルーム

ホテル日航成田 (トリップアドバイザー提供)

ぱっと見、そんな極端な違いは感じないけど、ヘッドライトとかサイドテーブルとかモダンに変身してるよね。


こちらが改装前のフロントロビー風景。
これがどうリニューアルされたかを見るのも楽しみです。

ホテル日航成田 (トリップアドバイザー提供)

こんなプールがある。

ホテル日航成田 (トリップアドバイザー提供)


ちなみにホテル日航成田は、トリップアドバイザー成田空港周辺ホテルランキングで3位。
1位はヒルトン成田、2位はリッチモンドホテル成田。

ボンボヤッジ。


| いくらプロフ | 201308バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 01:38
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター