旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 201401バリ島1人旅
[飛行機遅延トラブル] 帰国便遅延の経緯と結果レポ[2014バリひとりっぷ]
[2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
最後の旅レポートは帰国便のディレイ(遅延)の一件。飛行機が同時多発ディレイするとこんなにカオス!というのを体験してまいりました。
最後に遅延対策についても触れてますのでご参考ください。

いやもー、できれば二度と体験したくないです。

■19:00 デンパサール空港到着

搭乗予定の帰国便は21:05発のガルーダ航空GA421便。この便で一路ジャカルタに飛び、東京行きに乗継ます。乗継の猶予は1時間40分あるのでまぁ、普通に大丈夫です。
チェックインを済ませセキュリティチェックを抜けて出発ゲートへ移動。デンパサール→ジャカルタは国内便なので出国審査はありません。

ゲートへ向かって歩いていると、なぜかそこらじゅうに座ってる人、寝転がる人、たくさん。

「国内線のゲートはやっぱローカルだけあってみなさんずいぶん、リラックス?しているんだなぁ(つうか、マナー悪いの~)。しかしずいぶん混んでるな」
最初はそう思ったのですが、一番奥にある出発ゲートに到着すると明らかに雰囲気がおかしい。


フライトステータスを見た瞬間、その理由を理解しました。


↓ここ、注目ですよー


たくさんのDelayed
つまり、遅延
 Σ( ̄O ̄;)Oh No!!

そこらじゅうに寝転んでいる人はこの遅延便の搭乗客なのでした。
どうも悪天候の影響らしい。時間を見る限り2〜3時間の遅れというとこでしょうか。
私の乗る予定のGA421便(21:05発)は出発1時間前なのに情報すらあがっていません。そのひとつ前の便GA419便(18:55発)はあがっていまいますが、時間が未定のまま。
いったいどーなるのでしょう。日本に帰れないかもしれない?!
一番の問題は乗継です。2時間も遅れたら100%アウトで乗継便(日本帰国便)に間に合いません。
しかし今回はチケットを通しで買っている(デンパサール→東京で買っている)ので、ガルーダ側では乗継を保証する義務があります。たとえ乗継便に乗れなくても代替便を用意するなどです。
その辺の情報が、出発時間になっても出発時間を過ぎてもまったくアナウンスがありません。空港スタッフに詰めかける人々。しかし膨大なクレームに対応しきれるはずもなく、ほぼ無視するスタッフ
うーん、インドネシアクオリティ?

出発予定時刻を1時間過ぎた22時、ステータスが若干変わりました。


GA419便は2時間遅れで出発してゆきました。
GA421便はやっとタイムラインに出ましたが、時刻未定のまま。
EY便の17:55発予定が23:45になっているのが恐ろしいんですけど。
最大6時間遅れ?

周りには日本人の方もちらほら。みなさんやはりジャカルタ乗換予定のようで困り果てておりました。情報をかき集めながら静かに途方に暮れる日本人に対して、欧米人はアツイ。隣のカウンターからは怒号が飛んできました。
「Xws@paja8~:;!#dnr&n¥&%!!!!!!!!」
人間、キレると怖いです。おそらく航空券を通しで買っていない方なのでしょうか。通しで買っていない場合、乗継便に乗れなくても基本保障されませんのでチケットを買い直す羽目になります。恐ろしいですね。
とはいっても私の乗る便だって本当に乗り継ぎ保証されるのかわかりませんので不安は残ります。何時間遅れるのかもまったくアナウンスがないので身動きもとれません。
「とりあえず、飛ぶことは飛ぶみたい」
「乗継便は待っているらしい」
日本人グループがひそひそ情報交換をしているのを私も耳にして少し安堵。

ぼーっとつったってハラハラしていてもしょうがない。空港内にはショップもあるので、買い物でもしながら時間つぶしますか。
と思ったけど、ルピアをすっかり使い切ってしまった私。クレジットカードも使えないと言われ、仕方なく5000円ほどをレートの悪い両替所で両替しました。
小腹がすいたのでコンビニみたいなところで菓子パンと水を購入。


席にすわってもぐもぐしていると、機内食がふるまわれ始めました。
いや厳密に言うと、それは適当に山積みに置いてあり、客が勝手にあさってもってっている状態でした。だってクレーム対応すら対処しきれないスタッフには配る余裕なんてありません。
カオスです。

↓適当に置かれている機内食を勝手にあさる客

↓ちなみに箱の中はこんな内容でした。
もちろん暖かくなく冷や飯です。2種類あったみたい。



■22:40 GA421 突然のボーディング(搭乗)開始

なんのアナウンスもないまま、GA421便は23時前に突然ボーディングが開始されました。
よかったー!!!(≧△≦;;)



搭乗してもなかなか離陸しないまま30分は機内にいたでしょうか。搭乗客を確認するのに手間取ったのかもですね。

■24:30 ジャカルタ到着
予定時刻(22:05)から2時間半遅れの24:30 ジャカルタ スカルノハッタ空港に到着。
飛行機を降りて乗継カウンターで乗継分のボーディングパスを発券してもらう。
搭乗券を手にした瞬間、やっと本当にホッとできた。
乗継便は本当に待機していたのだ。搭乗時間は1:20になっていた(当初の予定では23:40出発)ここで空港利用料の15万ルピアも支払う。
それからイミグレーション(出国審査)とセキュリティチェックを抜ければ出発ゲートだ。
ボーディングパスに記されていた出発ゲートE5へ行くと、E5の入口に「E4に変更」という張り紙があった。混乱してるなー。
E4のゲートでは入口でボーディングパスのチェックをうけて、カウンターでまたお詫びBOXを頂いた。

↓お詫びBOXの中はチョコレートケーキとチョコバーと水。

甘いものを食べてストレス軽減ってことかしらん。

周りを見渡すとここでも多くの搭乗客がぐったり。小さなお子様連れなんかは本当に大変そう。日本行きの便なので殆どが日本人だ。だからか、地べたに座ったり寝たりしている人は皆無。Theジャパニーズマナー。


1:20。眠気で朦朧とする中、一応予定通りボーディング開始。

↓帰りは往路と同じく先頭シート。早めに予約したのでとれたのだけど、前の空間が広すぎる(3mはあいてる)のは逆に落ち着かないと勉強したのであります。


■11:00 日本帰国
当初の予定9:00成田着を2時間遅れての帰国。

いやはや、おつかれさんでした。


■コメント
飛行機の遅延(ディレイ)は今回が初めてではなく、過去に何度か経験はしていました。
過去の例:
・マカオ→台北便の遅延・・・この時は台北当日乗継ではなく台北で一泊だったので遅延しても問題なかった。ただ、私が乗る次の便は”キャンセル”になっていたので「もしこれを予約してたらヤバかった」と背筋が凍った。
・ホーチミン→成田の遅延・・・この時は日本帰国便だったので遅延しても帰国が遅くなるだけだったので問題なかった。
いずれも遅れても問題のないスケジュールだったのでハラハラはしませんでした。
 だから、ここまでハラハラした遅延は今回が初めての経験。チケットを通しで買っておいてよかったと心から思った。
あー、もひとつ事例を追加すると
・北京→ロサンゼルス便の遅延
これはけっこうハラハラした。ロスでシスコ行きの便に乗り換え予定で乗継時間が2時間くらいだったのだが、飛行機が1時間遅れて出発&到着。ロス→シスコは個別に買ったので(通しで買った訳ではないので)乗継保証なし。その状況で入国審査でえらいひっかかり、ターミナルの移動が遠くてハラハラハラハラ。
・・・ぎりっぎり間に合いましたが。

■対策
国内便やLCC(格安航空会社)に遅延やキャンセル、時刻変更は付きものです。それを想定した余裕のあるスケジューリングをするように気に止めましょう。
・1日に数便ある場合はなるべく最終便はさける
 もし最終便がキャンセルになったら、当日の他の便に変えることもできないのでリスクが大きい
・チケットを通しで買わない場合は乗継時間に十分な余裕をもつ
 乗継地で1泊するくらいの余裕があるとかなり安心
・フライトステータスをこまめにチェックしましょう
 公式サイト等で確認できます。

そんな飛行機乗継劇もまた、旅の醍醐味、旅の思い出なのであります。
ではでは、ボンボヤッジ!

| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 11:36
カテゴリ 201401バリ島1人旅
6時間エステ受け放題7000円!バリの極楽リアンスパレポ[2014バリひとりっぷ]
 [2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
旅最終日は旅の疲れを癒すべく、SPAエステに行きました。今回体験したのはデンパサール空港近くにある「リアンスパ/Loang Spa」。ここではなんと6時間エステ受け放題で約7000円!という夢のようなメニューがあるんです (≧▼≦*)Let’s paradise!!!


↑リアンスパがあるホテルThe Alitのお部屋も利用できちゃう

■MAP
まずはリアンスパの場所から。リアンスパは空港近くにあるホテル「The Alit (ジ・アリッツ)」の中にあります。
▼以下Bのマーカーのところ。Google Map 上ではThe Radiant Hotel & Spa Baliになっていますが、これは古い名前でここがThe Alitです。

大きな地図で見る

■受付
SPAエステの受け付けはホテルの受付と同じです。予約時間の13:30にリアンスパの送迎車で到着。今回はウブドのホテルまで迎えに来てもらいました。遠方追加料金はUS20$です。



ウエルカムドリンクを頂きながら、まずはメニューの確認や使用するオイル選びと体調のチェックなど。


手続きが終わったら、さっそくSPAエステルームへご案内頂きました。
▼リアンスパはこの受付のある建物の二階にあります。



▼施術室

シンプルで清潔。かぎ付きのロッカーがあるので荷物も安心です。

さて、私が今回お願いしたのは、
フットバス&バリニーズアロマオイルマッサージ 65分
・バリニーズナチュラルフェイシャル 60分
・クリームバス 60分
・お部屋で休憩2時間

+食事(キャンペーンサービス)

時間いっぱいぜんぶエステのコースでもよかったのですが、今回は最終日でこのあと空港に向かうため、荷物をまとめたりのんびりしたくてこの「エステ3時間+お部屋利用2時間付きパッケージ」を選びました。このパッケージメニューだとなんとさらに安い55US$(約6000円)でした。しかもキャンペーンで無料のお食事付き。
リアンスパ(ジ・アリッツ)ではエステ/マッサージ受け放題以外にも多彩なプログラムがあり、どれを組み込んでもOK。

至福のエステタイムを終えたら、1階のレストランで食事タイム。
ガーデンを眺めながらミーゴレンとバリコーヒー♪


そしてお部屋に案内してもらいます。お部屋はホテル ジ・アリッツのコテージを利用します。


案内していただいたお部屋は・・・


なんとーあこがれの天蓋ベッド♪ かわいい(≧▼≦*)


ひろい
宿泊用のお部屋をデイユースするので、バスルームも利用できちゃいます。昼寝してもよし、ルームサービスを頼んでもよし、ネットしてもよし(Wi-Fiあり)。
なんと快適な時間。

今回、空港へ行くのが19時だったため、ここでのんびりすることができたのはGoodチョイスでした。しかも空港にも近くほんの10分もかからないのでぎりぎりまでのんびりできました。ホテルにあるレストランやプールも自由に利用することができます。
 正直なところ、ホテル自体は多少老朽化していて古さは否めませんでしたが、部屋は清潔にされていましたし、値段を考えればかなりバリューで満足です。

リアンスパのメニューの確認や予約は以下Alan1 (アランワン) で取り扱っています。
:*★バリ島のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°
(↑スパ・エステメニューの”格安スパ”カテゴリーにあります)
時々セールでさらに格安なることもあるので!チェックしてみてね。
絶対おススメです d(≧▼≦*)
ちなみにもちろんホテルThe・Alitに泊まることもできます。
1泊5000円〜とリーズナブル♪
ホテル The・Alit の詳細 [Booking.com]

ここに行くために私はきっとバリにリピします。
ではでは、ボンボヤッジ!
| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 11:51
カテゴリ 201401バリ島1人旅
お手頃極上宿タナメラーリゾートウブド後篇[2014バリひとりっぷ]
[2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
前篇こちら)に続き、ウブドのホテル「タナメラーリゾート&ギャラリー」のレポートです。今回は設備について。

■タナメラーリゾート&ギャラリー★
 Tanah Merah Resort & Gallery


↑タナメラー プール付きヴィラ(高いから見学のみ)

ホテルMAP:
ウブド中心部から車で約20分ほどの渓谷沿いにある。

大きな地図で見る

■プール
プールは2つあります。
ひとつは渓谷に面した自慢のインフィニティ風メインプール


こちらのプール、ちょっとだまし絵的なかんじの作りなんです。手前側がほんとのプール。渓谷側は水がくるぶしくらいまでに惹いてあって鏡面のような造りになっているんです。面白い演出ですね。

第二プール:こじんまりとしていますがこちらも渓谷に面しています。




■レストラン
メインプールに近いレストランと、渓谷に面した朝食用レストランの二か所にあります。
ここで食べる朝食はおいしい!


メインプール近くのレストラン入口。奥まったところにあり渓谷は望めませんが、ガーデンを望む落ち着いた雰囲気。
今回ここでは食事しませんでしたがルームサービスだけ利用しました。

▼ルームサービスで頼んだBLTサンドイッチ。ボリューム満点でUS$10。


■バー
雰囲気のよいこじゃれたバーがメインプールの下にあります。
お客さんが少ない日は締めているようなのですが、いえば開けてくれます。


ビリヤードがあって自由にあそべます


■ギャラリー
フロントの隣にギャラリーがあります。今回は時間がなくて入りませんでした。



■総評:
大満足の滞在でした。とにかく部屋に感動。
思っていた以上に敷地が広くて、記憶を頼りにしてもちょっと地図が描けないくらい入り組んでいました。階段をずーーーーーと降りて行くと川まで降りられるようでした。(あまりに距離があったので途中で断念。。。)
朝食レストランの近くに何かを建設中。これができればかなりのナイスビューです。

ホテルの詳細や予約:
タナメラーリゾート&ギャラリー[Booking.com]
公式サイト


| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 21:59
カテゴリ 201401バリ島1人旅
お手頃極上宿タナメラーリゾートウブド前篇[2014バリひとりっぷ]
 [2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
バリ一人旅最後の日に滞在したのはやっぱり大好きなウブド。今回滞在を決めた宿は「タナメラーリゾート&ギャラリー」。こんなすんばらしいお宿にこんな価格で泊まれちゃっていいの?!なレポートです。

■タナメラーリゾート&ギャラリー
Tanah Merah Resort & Gallery




このホテルのウリは素晴しい渓谷ビュー。
渓谷に落ち込むようなインフィニティプールは圧巻です。

この手の素敵な渓谷ホテルはウブド郊外にはいくつも点在するのですが、有名なピタマハやヴァイスロイみたいに1泊数万円という敷居が高いホテルに比べると、ぐっとお手頃価格な1泊1部屋8000円台〜なので気軽に泊まれます。安いけど5つ星の高級ホテルランク。

それではタナメラーリゾートのレポートです!

■場所/マップ/MAP
ウブド中心部からテガララン方面へ車で約20分くらいの郊外にあります。
ウブドのにぎやかな喧騒をはなれてのんびり静かに過ごせます。

大きな地図で見る

ホテル周辺拡大&航空写真ビュー。
渓谷に面した敷地は思っていた以上に広く、高低差があり入り組んでいて散歩も楽しい。

大きな地図で見る

■ホテル入口/エントランス
このホテルは美術館とレストランも併設していてビジター(宿泊者以外)も訪問できます。


■お部屋/Room
まずはお部屋からご紹介します。タナメラーリゾートには様々なタイプのお部屋があるのですが、今回予約したのは「スタジオ」というお部屋。その他にコテージタイプやヴィラタイプなどがあります。スタジオはヴィラのように独立した建物ではなく1つの2階建ての建物の中に全6部屋ある作りです。今回私が案内されたのは1階角部屋のNo1、ツインルーム。
こちら。




(≧▼≦ )!!!!!!(←感動のあまり声が出ない)

大変広い室内にはキングサイズベッドが2台とソファ&テーブルセットが並んでもまだ余裕。
バリ風の調度品が使われたインテリアもとても素敵。
壁に掛けられた絵画は芸術の街ウブドらしさを感じさせてくれます。

一人旅にはなんと贅沢な部屋か。
でもこれ1泊8000円〜1万円(朝食付)なんです。

驚いたのはバスルーム。
なんとそこには・・・

!!!???


黄金のバスタブ Σ( ̄■ ̄* )!!!!!

もう気分は女王様です。

バスルームはバスタブとシャワーが個別になっていて使い勝手も抜群。
▼R状の壁の向こうがシャワーブース。


っていうか、バスルーム、広すぎです。

1階の部屋には広いテラスも付いています。テラスから部屋へ入る入口は高い天井いっぱいの全面ガラスの引き戸。なんという開放感。

▼部屋から見たテラス。


間取り図はこんな感じ


スタジオルーム全6室は、ツインとダブル、2階と1階とありそれぞれ雰囲気やインテリアがことなります。1階の部屋は広いテラスがあり、2階の部屋はテラスはないですが天井が吹き抜けていて高く開放感があります。
スタジオルームは渓谷を望むことはできませんが、部屋の広さや快適さは抜群によいです。フロントやメインプールにも近いので便利。
他の部屋はTripadviserやホテル予約サイト、公式サイトなどに写真が載っているので参考にしてみてくださいね。

ホテルの詳細や予約:
タナメラーリゾート&ギャラリー[Booking.com]
公式サイト

次回はタナメラーの敷地をご紹介します。
後編へ続く。

| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:34
カテゴリ 201401バリ島1人旅
バリグルメ”バビグリン”を食べよう[2014バリひとりっぷ]
[2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]

「ええ、バリに行ったのにバビグリン食べてないの?!」
前回のバリ旅帰国後にFacebook仲間にそう言われてすっかり気になっていたバビグリン
よし、ビバグリンだかバビブデンだか、そいつは絶対食べたい。ちょっと調べたら有名なお店がウブドにあるとか?でも滞在しているサヌールからはちょっと遠いい。。。
他にどこか近くでお勧めのお店ないかなー。
そういうことは現地ガイドさんに聞くのが一番。
ってことで前回お世話になったパンデ君に聞いてみました。

いくら「もしもーし、あのさ、バビグリン食べたいっすー」
パンデ「おー、まかせてくれ」(日本語堪能)
ということで連れて行ってもらったお店がこちら



サヌールから20分ほどのデンパサールにあるお店。
店構えはローカル感まんてん。さすがローカルガイドさんのチョイス♪

そして、念願の・・・


バビグリン!!!(≧▼≦*)
びっくりした。
ようは豚料理なのだけど、ごはんの上に、豚のいろんな部位がカリカリに焼かれたものがのっているのだ。それと辛い調味料。上に乗っているのはカリカリの豚の皮の部分で、いわば北京ダックの豚版みたいな?
うまく説明できないけど、これは、癖になる。

スープ付きで料金は25000ルピア(約220円)。


いくら「まいうーー!」
店内には外国人客もちらほら。


お店の名前は「HANDAYANI」
後から知ったのだけど、実は観光客にもローカルにもかなり有名な人気のお店なんだとか。


ありがとうパンデ君。お礼にバビグリンは私のオゴリです。



ところで、レンボンガンのたまたま通りかかったところでバビグリンをまさに作っているところに出くわした。
豚さん、丸焼きです。ダイナミックです。




あなたも是非バリではバビグリンを食べましょう!

ではではボンボヤッジ!


| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(2) | trackbacks(0) | 22:59
カテゴリ 201401バリ島1人旅
レンボンガン島レポートNusa Lembongan[2014バリひとりっぷ]
[2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
レンボンガン島Nusa Lembonganはバリ島から高速船で約30分ほどのところにある小さな島。バリ旅3日目はここレンボンガン島に渡りました。”バリ本島よりきれいなビーチ”を求めて。サーフィンやシュノーケルなどもできます。

▽レンボンガン島の場所

大きな地図で見る

レンボンガンへの船はサヌールの船着き場から出発します。
今回利用するのはRockyfastcruise社の船。往復で50US$でホテルへの送迎込みです。船のチケットはAlan1.netで事前購入できます。

船着き場とはいっても、小型船でビーチエントリー。


30分ほどのクルージングは気持ちよし♪ 
酔う人は酔うみたいなので酔い止めの用意を。


海の色が明らかに変わってきたころ

レンボンガン到着です。


レンボンガン上陸。いぇーい♪


船会社がホテルまで送迎してくれるので、まずはホテルにチェックインして荷物を置いてから遊びましょう♪
とはいってもここでは公共交通機関というものはいっさいありません。遊ぶには、ホテルでツアーを手配してもらうか、バイクを借りて動き回るしかないです。たいていのホテルでは親切にいろいろ用立ててくれます。
遊ぶとはいっても、この島には何もありません。あるのはきれいなビーチだけ。
ってことで、ビーチフロントの宿をとって、宿でのんびりするのがレンボンガンの過ごし方。
ビーチでは様々なマリンアクティビティもできます。もちろんサーフィンも。
私もサーフィンやるぞ!って思っていたのだけど、どうやらここのビーチはリーフ(珊瑚)らしく、初心者には危険ってことで自粛しました。
その代りシュノーケル&マングローブツアーに行きました。


海の中は確かにバリ本島よりきれいで美しいサンゴ礁と色とりどりの魚たち。
でも水温がかなり低くて冷たかったー。

夕方はサンセットが美しく見えるというサンデーベイビーチにあるレストラン「The Beach Club at Sandy Bay」に行きました。レストランには小さいながらも私の好物であるインフィニティプールがあり、美しいサンセットを堪能することができました。



旅で、ゾクゾクする瞬間。
「ほんとに、旅は素晴らしい」

| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 22:41
カテゴリ 201401バリ島1人旅
旅の宿レポ ザ・ヴェルハウス the Well House Lembongan [2014バリひとりっぷ]
[2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
バリ滞在三日目の宿「ザ・ヴェルハウスthe Well House」レポートです。
ザ・ヴェルハウスはレンボンガン島にあります。バリのサヌールから高速船で約30分。高速船はホテルまでの往迎付きで往復50US$。
 ここに決めた理由は少々消極的で、レンボンガンで泊まってみたい宿がことごとく満室で、仕方なくな感じではあった。口コミ評価が良くてビーチも近いということ、部屋の雰囲気、価格などもよかったので、期待半分で向かいました。
フェリー乗り場からそう離れてはいないと思っていたのだけど、実際行ってみると、高低差のあるでこぼこの林道を抜ける険しいルートでびっくり。ホテルまでは高速船チケットに込みなのでトラックが載せていってくれました。


「こんなところに?」と思う林道の細い道沿いに宿はありました。


▽エントランスの看板


▽エントランスを抜けるとまっすぐ通路が伸び、通路左沿いにレストラン、スタンダードルーム(4室)、バンガロー(3室)が一列に慣れびます。通路右側がガーデン、プールと続きます。全7室の小さな宿です。ガーデンはよく整備されてきれい。


ガーデンからみたフロント受付とエントランス。ハンモックがありました。ここにごろんと転がり風を感じてうとうと・・・気持ち良いひと時。


プール。


そしてお部屋に。今回予約したのはバンガロータイプ。3つあるうちの一番奥のバンガローでした。


部屋に入ると・・・・



かわいい天蓋ベッド♪

バスルーム/トイレは野外です。バリでは野外にあるのってけっこう普通なので慣れちゃいました。



朝食はレストランで。トーストとコーヒーとフルーツorフルーツジュースという、簡単なコンチネンタル。追加料金で卵料理を付けられます。


ホテルからすぐのビーチ「マッシュルームビーチ」

きれいなビーチです!ビーチフロントにもいくつかの宿が並びます。

手書きで簡単なマップを書きました。参考まで。

■ホテルの場所

大きな地図で見る

■コメント
今回滞在したバンガロータイプの部屋は1泊約5000円。部屋の設備は最低限で、冷蔵庫もテレビもないけど、レンボンガンではそれが当たり前なので気にしません。エアコンとファンはあります。
個人旅行や一人旅、バックパッカーが静かにのんびりするにはとてもいいところです。
雰囲気は十分リゾーティだけど、バリ本島並みのクオリティはありません。このホテルに限らずレンボンガン全体にいえること(一部の高級ホテルを除く)
ひとつ残念だったのは「ホットシャワー完備」とあったのに限りなく水だったこと。野外にあるうえ雨期で寒くもあったのでほとんどシャワーは使えませんでした。。。
でもレンボンガンではホットシャワーがちゃんと出るところはあんまりないということを何となく認識はしていたので、仕方ないかとあきらめました。

■ホテルの詳細・予約はBooking.comで取り扱いあり
>>>ザ・ヴェルハウスthe Well House

| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 20:14
カテゴリ 201401バリ島1人旅
[至福の格安SPAエステ]サヌールグローディスパGlo Day SPA[2014バリひとりっぷ]
[2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ]
今回の旅のテーマの一つは「バリニーズスパエステをうけまくる!」。ということで、初日から予約していたSPAへGO♪ サヌールにあるグローディースパ(Glo Day SPA)レポートです。

グローディースパ(Glo Day SPA)はローカルにも人気の格安Spaでサヌールとスミニャックに店舗があります。今回は滞在しているホテルから近いサヌール店のほうへ行ってきました。
ローカルに人気ということからも値段の安さがうかがえます。

メニューの確認や予約はAlan1で取り扱っているので簡単。
:*★バリ島のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°
(↑スパ・エステメニューの”格安スパ”カテゴリーにあるので探してみてね)



GLOの看板が目印です。モダンでスタイリッシュな建物、インテリア。

ここのメインメニューはヘアケアとネイルでいわば美容院なのですが、二階にエステ設備がありフェイシャルやボディケアメニューもあります。
私のお目当てはボディケアなのですが、せっかくなのでネイルメニューも一緒にお願いすることにしました。むふふ。
お願いしたのは、ボディケアパッケージ(スクラブやバリニーズオイルマッサージ) 2時間。約40US$。
日本なら60分6000円が相場なので半額以下です。あぁパラダイス。
それからGLO1番人気メニューという「GLO エキスプレス」。これは、フェイシャルとマニキュア&ペティキュアがセットになった1時間のコースで48US$。
ボディ2時間より高いのには理由があります。このメニューはなんと3人のスタッフが同時にフェイシャルとマニキュアとペティキュアを行うんです。
だからエキスプレスなんですね。それぞれを個別に行うより安くなっています。

最初にネイルカラーを選びます。


気分的に選んだのは鮮やかなブルー。



アフター。


GLO DAY SPA オススメですよ(^_−)−☆

メニューの確認や予約はAlan1で。
:*★バリ島のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°
(↑スパ・エステメニューの”格安スパ”カテゴリーにあるので探してみてね)

SPA公式サイト:http://www.glo-day-spa.com/

SPAの場所

大きな地図で見る

| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:03
カテゴリ 201401バリ島1人旅
サヌールビーチリゾートホテルレポート[2014バリひとりっぷ]
 [2014/01/01 - 01/06 バリひとりっぷ] バリで最初に宿泊したホテル「サヌールビーチリゾート」レポ

さて今回の旅では今まで泊まったことのない地域サヌールの「サヌールビーチリゾート」に2泊しました。ここに決めた理由は主に以下3つ。
1.予算内 2.オンザビーチ 3.口コミ評判
泊まってみての感想は総合的に大満足でした。

部屋は一番安いスーペリアのガーデンビュー指定。今回はBooking.comで最安値約8000円/1泊朝食付。相場はこの倍くらいみたいなので、いいタイミングで予約できた。
ガーデンビューはカジュアルなインテリアでテラスからは南国植物の生い茂るガーデンが見えてリゾートムードは◎。
ガーデンビューだけど海側の部屋だったので、少し離れているけど海が見えました。



ただベッドのリネンの匂いが気になったかな。
あとバスルームはシャワーのみでバスタブなしでした。




■敷地
部屋に敷地マップがあったので参考まで。


全500室以上ある大型ホテルですが、敷地は広すぎずちょうど良い広さにまとまっていました。
海に面してプールが2つあり、その間に朝食をとるレストランがあります。

↓レストラン


プールはせっかく海に面してあるのに、プールと海の間にはヤシの木やチェアなど並べちゃっているのがもったいないと思った。それらをとっぱらえばインフィニティっぽいプールになるのに。


↑メインプールから見たオーシャンフロントルームの建屋。

[後日追記あり]
| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 21:24
カテゴリ 201401バリ島1人旅
サーフトライSurfTry [2014バリひとりっぷ]
  [2014/1/1-1/6 バリひとりっぷ]
今回の旅のテーマの一つ「サーフトライ」のレポート。
前回の旅「Successful surfing in Bali バリでサーフィンできた!」と同じ、今回もデコムサーフスクールにてお世話になりました。
波の関係でこの日の開始時間は13時。雨季ということであいにくの空模様ということもあってか、クタのビーチは前回とだいぶ異なる印象。あのエメラルドグリーンの海はどこに。。。ゴミや海藻がたくさん打ちあがってもいてあまりきれいじゃないのが残念。
でもビーチクリーンが始まる前だったようで、サーフしている間にゴミは一掃されました。
きれいに保つようにしているんだね。

▽前回2013/11のクタビーチ


ま、サーフはスポーツ。そんなことは二の次なのです。
レッツトライ!

▽パドリング

▽スタンドアップ


▽バランスを取るのが大変。でも今回はすぐに立てたよ♪


毎回立てるわけじゃなくて、何度も失敗。だけどめげずに何度でもトライ







今回の先生はジャム―。
短髪の金髪という、どーみてもちゃらい兄さんなんだけど、とっても親切で日本語も上手!
ちゃらいとか思ってすいませーん!
安いグループレッスンで申し込んだのだけど、何かの都合でかマンツーマンのプライベートレッスンでした♪ラッキー。



ところで後日、デコムさんの公式サイトにあるガイドさんの紹介ページ(こちら)をみて驚愕!
だってジャム―、別人!このほうが印象いいって、おばちゃん的にはw

ところで今回は着るものも工夫しました。ラッシュガードだけじゃなくて、下にはラッシュトレンカという、水着素材でできたUVカットのレギンスのようなものを履いて、その上からショートパンツ。
前回はサーフパンツというものを持ってなくて膝丈の普通の綿パンツを履いたら膝に引っかかって失敗したのだ。

スクールは、連休とあって多くの日本人でにぎやかでした。
中には小学生くらいの子供もいて、これがなんともあっさりとボードに立っているから関心!
子供のほうが上達が速いのかもね。



大きな波に乗れるのはいつの日か?!

グループサーフレッスンは33US$から。半日レッスンは実質2時間(前後の身支度含めず)ですが、それだけでもくったくたになって体力もたないので初心者には十分です。
予約はアランワンにて。
゜:*★バリ島のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°
日本の半額以下なんで集中して練習するならバリの方がいい。波も力があって乗りやすいし。
special thanks DECOM surf shcool,

| いくらプロフ | 201401バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 08:47
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター