旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 201508台湾”高雄”2人旅
バニラエアで台湾行き航空券を片道9990円で買ったメモと裏ワザ
次の旅の手配もまだ途中なおり、さらにその次の旅の手配をしているいくらです。こんばんは。
今回は、話題の和製LCC”バニラエア”のチケットを初めて買ったレポートです。行き先は台湾。
ほんとに安かった。

■台湾行き航空券の検索と最安値

1月の台湾旅行がことのほか楽しかったので(旅行記はこちら)今度は台北以外の場所に行ってみようと思い航空券をサーチ。最初の一歩はいつものごとく「スカイスキャナー」。最安値だったのがバニラエアでした。その価格、片道 9990円!(シンプルバニラ価格)国際線なのに国内線の早割と同じくらいの格安さ。しかも8月の中旬のピーク真っただ中なのにこの価格だから驚きです。

行き:成田→台湾 9990円
帰り:台湾→成田 9990円
往復合計 19980円+諸費用です。
諸費用は「海外諸税¥1,160」「空港使用料¥1,540」「手数料¥1,000」が加算されます。
すべて合計すると¥23,680です。やっすい!

*ちなみに、コミコミバニラというプランだと片道+¥3000(往復+¥6000)です。荷物の預け入れ20Kgや普通座席指定料、キャンセル時の払い戻しに有料で応じるなどが込まれています。こちらを選ぶかどうかは、アナタ次第。


■バニラエアの台湾便は台北行きと高雄行きがある

バニラエアの台湾便は台北行きだけではなく、現在は高雄行きもあります。そして値段はどちらも全く同じ。台北便は毎日3便、高雄行きは毎日1便あります。

「お、これなら行きは高雄、帰りは台北、都市間の移動は乗ってみたかった台湾新幹線という、”オープンジョー”の旅程がくめるじゃん!?」

と鼻息荒く検索したら・・・
バニラエアでは現在オープンジョー(=行きと帰りの空港が異なる)の往復のチケットは販売しておりませんでした。買えないことはないですが、片道づつ買うことになります。
それでもいいかなと思ったのですが、
東京→台北or高雄が 9990円 なのに対し、
台北or高雄→東京は 2,998台湾ドルです。
片道づつ買うと帰りはローカル通貨・レートになってしまい現在の為替レートでは約11590円です。そう、往復で買うより高くなってしまうのです!円安のせいかな。。。
たかが数千円、されど数千円。ちょっとでも安くなるほうがいいので、オープンジョーはあきらめて単純高雄往復航空券を手配します。購入も一回で済むしね。
いつかオープンジョーチケットも買えるようになるといいな。

↓高雄行きフライトと価格。往復の行き帰り(¥9990)と、高雄→成田片道(2998TWD)
  



[裏ワザ?!]バニラエアの航空券はDeNAトラベルでも買える

DeNAトラベルは旧スカイゲートという名前のオンラインに特化した中堅旅行代理店。バニラエアと提携しており、DeNAトラベルを通してバニラエアのチケットを購入することができます。
しかし旅行代理店なので、チケットの手配には取扱手数料が3240円もかかります
ぶっちゃけまったくメリットはありません。むしろマイナスです。
ではいったい何が裏ワザなのかと申しますと・・・。

スカイスキャナーを通すと取扱手数料が540円になるのです。

↓実際の料金比較。スカイスキャナーを通した場合と公式サイトからの場合



バニラエアの航空券は公式サイトで購入しても手数料が往復1人1000円かかります
(これはこれでちょっと釈然としないのだけど、LCCの収益UP作戦の一環ですね。エアアジアも同じ支払い手数料があるし。”手配”手数料ではなく”支払い”手数料なのがポイントです)
それがスカイスキャナ経由のDeNAトラベルで購入すると540円になるので、バニラ公式より460円安く買えることになるのです。
スカイスキャナーで検索すれば両方の価格が並ぶのでDeNAのほうが安いということを確認することができます。
 公式サイトより安く買えるなんてなんかちょっとおかしな話なんですけどね。システムや戦略が生み出したひずみなのでしょうかね。
*ちなみにバニラエア以外だと取扱手数料3240円→0円(無料)でした。

そんなわけで、今回いくらは
スカイスキャナーを通してDeNAトラベルでバニラエアのチケットを購入するという、なんともえらい回りくどい買い方をしました
なんかこの仕組みが面白かったので。直接バニラエア公式サイトで買うのが正攻法なのですけどね。
DeNAトラベルを通して購入しても、バニラエアの予約番号が発行されるので、その予約番号でバニラエア公式サイト上でちゃんと自分の予約を確認&コントロールできました。もちろん座席指定も。一番先頭のラックスシート(¥1000)が空いていたので行きだけ確保しちゃいました。

さぁあなたもこの夏に台湾へいかがですか?!


いくらの台湾旅行記まとめ>2015台北・九分個人旅行
関連リンク:
スカイスキャナー

DeNAトラベル

*すべての情報は2015年4月時点のものです*

| いくらプロフ | 201508台湾”高雄”2人旅 | comments(1) | trackbacks(0) | 18:35
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


最近の旅/ホットトピック:
Next Trip!>
2018/05/4-05/7 タイ-チェンマイ

2017/11/24-12/3 ドバイ経由マルタ共和国
2017/9/16-20  台北九分2人旅
2017/7/15-17  LCCでバリ島弾丸1泊3日
2017/4/14-2017/4/23
香港・ベトナム・モルディブ-転職旅行一人旅
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター