旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 201811モルディブ&カイロ
11月モルディブのホテル選びと予約あれこれのメモ

11月のモルディブ旅、ホテル検討メモです。

モルディブには11/17〜20まで4泊の予定。

最初の3泊を安めのリゾートをとり、最終日だけ水上ヴィラのホテルを、6月に仮予約(=キャンセル可能予約)していた。

●11/17-20 3日間

パラダイス アイランド リゾート アンド スパ/Bookingcom
スーペリアビーチバンガロー朝夕食付き 3泊US$572 税サ込(約63000円)

スピードボート1名+$104

●11/20-21 1日間

トルハジリ アイランド リゾート&スパ モルディブズ/AGODA
ウォーターヴィラ 朝夕食付き 1泊US$ 494.30 税サ込(約55000円)

スピードボート1名+$100

パラダイス アイランドはかなりお得な条件で確保できたお宝予約朝夕食事がついて一泊あたり21000円、部屋はガーデンではなくその上のビーチバンガロー。この好条件は今まで他に抜かれることはなかったのでずっと確保。

トルハジリも予約した時点ではこれが一番好条件だった。

しかし。今日になって、トルハジリがAgodaのみでかなりいい条件のプランが出ていた。ウォーターヴィラがなんとオールインクルーシブで1泊約35000円!オールインクルーシブは朝夕食はもちろん、さらに昼食、飲み物、アクティビティが付く。それなのに現在予約してる朝夕のみ55000円より安いのだから目玉価格だ。

だがしかし、である。このプランでの空き室は11/20だけないのだ。空きがあるのは11/17-19の3日間。

うーん。

11/17-19の3日間、パラダイス アイランドをキャンセルしてトルハジリをとろうか。

とも考えた。しかし初日の11/17は夜遅くに到着するのでほとんど寝るだけ。1泊35000のオールインクルージブをここに持ってくるのはもったいない。初日は安めのホテルがいいのだ。

そこで11/18-11/19の2日間だけトルハジリに変更することを考えた。これを前提にすると全ホテルを再検討する必要がある。

11/17 寝るだけの安いホテル→フルマーレのホテルが候補

11/18 トルハジリ

11/19 トルハジリ

11/20 トルハジリは空きがないので、パラダイス アイランドをここにもってくるか?

こうなると11/20が少し難航する。パラダイス アイランドの条件が悪くなっていて、1泊朝食のみで24000円なのだ。元々朝夕付きで21000円で取れていたので、ちょっと考えてしまう。

そこでさらに別のホテルも探したところ、とても条件の良いホテルが一つ出てきた。オールインクルージブで部屋はデラックスクラスで1泊なんと22000円!めちゃよかです!

・・・しかし。ホテルが「スマートライン エリヤドゥ 」。昨年泊まったホテルなのだ。。

いや、いいホテルだったのでいいんですけど、ですけど、やっぱり

「行ったことのないところに行きたい」っていう思いが強いんです。

と思いつつ、お得さに負けていったん仮押さえしました。

トルハジリもキャンセル可能プランで18-19予約。キャンセル不可より2日間で+9000円かかる。最後の一部屋だった。

そしてパラダイス アイランドのお宝予約もまだ手放せずに持ってます。

11/17はフルマーレのホテルでよさそうな「h78 at Hulhumale Maldives」をとりあえず予約。朝夕食付15000円。

11/20のパラダイス アイランドが条件の良いプランが今後出るかもしれないし、

11/20に予約してたトルハジリをキャンセルしたのでこの空きがいい条件で出てくるかもしれないし、

もうちょい様子見ながら考えます。

11/17 フルマーレh78 at Hulhumale Maldives(パラダイス アイランド仮押さえ)

11/18 トルハジリ(パラダイス アイランド仮押さえ)

11/19 トルハジリ(パラダイス アイランド仮押さえ)

11/20 エリヤドゥ(次点でパラダイス アイランド検討中)

移動ばかりになっちゃうのはあれなので、できれば3泊+1泊がよかったんだけど、

1泊+2泊+1泊になったらなったで、私らしいか。

モルディブのホテル価格は面白いほど上下するので、お得なプランに出会うにはこまめなチェックが大事。

あと、今回の一連のホテル選びで気になったのは、Agodaが圧倒的に安いってこと。

いつもはBooking.comがお気に入りでよく使うのだけど、今回はAgodaさまさまで。

関連ホテルリンク(AGODA):

トルハジリ アイランド リゾート&スパ モルディブズ (Thulhagiri Island Resort& Spa Maldives) agoda

パラダイス アイランド リゾート (Paradise Island Resort & Spa)

スマートライン エリヤドゥ (Smartline Eriyadu)

h78 at Hulhumale Maldives

| いくらプロフ | 201811モルディブ&カイロ | comments(0) | trackbacks(0) | 01:08
カテゴリ 201811モルディブ&カイロ
エミレーツ航空の予約あれこれメモ

エミレーツ航空でコロンボ〜ドバイ〜カイロのチケットを公式サイトで購入したのが2018年7月1日。

金額はLKR 97,091。出発地コロンボの通貨ルピーでの決済だったが円にすると69448円。

予約番号が発行されたので予約のコントロールが可能。

今日10/10になって予約管理にログイン。座席指定が可能だった。

自動で割り当てられていた席は後ろのほう45K窓側。ノーマルシートなら無料で自由に変更できるようになっていた。有料の席は下記

・バルクヘッド 6845ルピー(約4500円)

・後ろの2列席 4278ルピー(約3100円)

・前方の席 3423ルピー(約2200円)

 

ドバイ空港で7時間の乗り継ぎ時間がある件。

唯一の空港内トランジットホテルは2万円もするが、公式サイトを見てみたら時間貸しプランを発見。お!っと思ったけど3時間で450ディルハム=14000円くらい。うーん、高い。

 

簡易睡眠場所がある。

http://sleep-n-fly.com/

WEB予約できそうだが6時間81US$。安くはない。うーん。

 

| いくらプロフ | 201811モルディブ&カイロ | comments(0) | trackbacks(0) | 23:26
カテゴリ 201811モルディブ&カイロ
エジプトの情勢と情報収集のメモ2018

エジプト行きを決めたので情報を集めたいのだけど、エジプトの情報は少ない。

The Sphinx

それは仕方のないことで、ここ数年エジプトの治安や情勢があまりいいとは言えず旅行客が減ってしまっていたからだ。2010年には年間約12万6000人いた邦人旅行者が、2011年1月のエジプト政変以降は激減し、2014年には約1万2000人と十分の一に減っている。

ところが、それも回復の兆しがある。

 

エジプト邦人旅行客の推移(年間)

2010年約12万6000人

2011年約2.6万人

2012年約3.9万人

2013年約3.1万人

2014年約1.2万人(底値)

2015年約1.6万人

2016年約1.9万人

2017年(1〜6月まで)約1.8万人

外務省データ 

 

2014年を底にして増加傾向にあり、2017年は半年で前年度並と2倍になりそうな勢い。2017年10月にエジプト航空が定期便を復活させたのは治安も安定しつつある証拠か。

エジプト政府観光局は意気込みを見せているようだ。

 

エジプト、17年は日本人倍増へ、成田線再開に期待−関空も[トラベルビジョン]

 

PR用の公式サイトもなかなか造りこんである。

 

しかしこの状況に追い付いていないのがガイドブックだ。

旅行ガイドのバイブル「地球の歩き方」エジプトは、2014年で改定が止まっている。年内改定の予定もないらしく、しかも現在ほぼ絶版状態にありアマゾンでは4000円で出ていたりとびっくりする。(Kindle版がかろうじて出ている)

 

るるぶエジプトも同じく2013年以降出ていない。

 

そのため最新の情報はWEBで集めるしかない状況。

 

ちなみに底値1.2万人という数値、これが多いのか少ないのかこれだけではピンと来ない。

そこで他国と比べてみると、例えば近くて人気の台湾の場合、2014年は年間160万人の邦人旅行客がいたというデータがある。またエジプトと同じくらい遠いいヨーロッパの人気国イタリアの場合、2014年は43万人の邦人旅行客がいた。なるほど、確かに少ない。

 

 

エジプトは11年越しの夢

私がエジプトに興味を持ち始めたのはずいぶん前、2007年のことだ。きっかけはタイ旅行で訪問した「ミニサイアム」というテーマパーク。その時のブログ日記が残っている。→こちら

その後、2010年、2017年にエジプト行きが選択肢にあがるも決定には至らず。それが今回、やっと実現する。実に11年越しの夢が叶う。

ただし今回はカイロのみ。本格的なエジプト周遊に向けた第一歩の旅になる。

 

 

| いくらプロフ | 201811モルディブ&カイロ | comments(0) | trackbacks(0) | 00:19
カテゴリ 201811モルディブ&カイロ
エミレーツ公式サイトで航空券を購入したMemo

エミレーツ公式サイトで航空券を購入したmemoです。日本語に完全対応しているので難なく購入できました。

今回購入したのはコロンボ発ドバイ経由エジプトのカイロ行き。

料金は合計LKR 97,091でした。コロンボ発なのでコロンボの通貨ルピーになっています。日本円にして約68000円です。

内訳は下記:

運賃 :  LKR 81,100(約57000円)

税金・手数料等:  LKR 15,991(約11000円)

 

支払いはクレジットカード。私がメインカードとして使用しているJALカードでは、決済時にエラーが出てしまったので(ちょくちょくあるのですよね)、仕方なくサブカードのアメックスセゾンで支払ったらすんなり。

座席指定もできます。また予約番号で管理画面にログインすることで後からでも何度でも変更できます。

普通席なら無料ですが、バルクヘッドや前方の席、後方2席シートは有料でした。まぁまぁ一般的な価格設定かなと思います。

 

エクストラレッグルーム:LKR 6,357

ツインシート:LKR 3,973

プリファードシート:LKR 3,179

 

今回買ったチケットはエコノミーFlex。これが一番安かった。払い戻しや変更が手数料を払うことで可能です。

 

変更手数料: LKR 5,500/片道 (約3800円)

払い戻し手数料: LKR 7,500/片道 (約5200円)

 

飛行機の変更は管理画面からこれまた簡単に行えます。

予約確認書のPDF発行も管理画面から行えました。

なかなか秀逸なシステムが組まれていますね。

 

| いくらプロフ | 201811モルディブ&カイロ | comments(0) | trackbacks(0) | 23:32
カテゴリ 201811モルディブ&カイロ
JAL特典航空券でモルディブ行きと+αを考えたメモ

前回の記事「 たまったJAL55000マイルでモルディブかエジプトか考えたメモ 」の続きです。

なんだかんだ考えて考えて考えて、モルディブ行きの特典航空券を押さえました。でもそれだけじゃいかんと思ってしまうのは

・行ったことのないところに行きたい病にひっかかる

・10日間あってずっと一人でモルディブだけって廃人になる自信あり。ダイバーでもないのに

ということで、+αでどこかに行きたいと考えた。

まず考えたのが「エジプトのカイロ」。でもマレからカイロはすごく高くて10万円以上する。

距離的にちょうど良くて便数も多いのがアラブ首長国連邦だ。直行便で4時間ほどで行ける。ドバイかアブダビだったら迷わずアブダビ。アブダビは町のほうが全然見れてないし行ってみたい砂漠ホテルもある。

そこでモルディブ(マレ)〜アブダビで航空券サーチしたところ、スリランカ航空がコロンボ経由で往復57000円ほど。エティハドならマレから直行便があったけど9万円くらいと高くて無理。しかしスリランカ航空だと一つ問題がある。

続きを読む >>
| いくらプロフ | 201811モルディブ&カイロ | comments(0) | trackbacks(0) | 23:56
カテゴリ 201811モルディブ&カイロ
たまったJAL55000マイルでモルディブかエジプトか考えたメモ

以前の記事「JALマイラー最強戦略をスタートして3年目のメモ(2017.05.21)」で書いたように、JALマイルをためるようになって早4年が経ちました。貯めるための戦略は今も変わらずJALカード TOKYU POINT ClubQ+ JAL WAONカード(JALカード 詳細 )で続けています。

マイレージの特典航空券でモルディブに行ったのが2016年。40000マイルでタダでモルディブに行ってきたわけですが(旅の詳細はモルディブjalマイル1人旅)それからまた2年ほどが過ぎ、気が付けばマイルが55000マイル溜まりました。55000マイルあると行先の選択肢がかなり増えてヨーロッパも入ってきます。必要マイル数はJALの下記ページが参考になります。

JAL提携社特典航空券

JAL国際線 特典航空券 必要マイル早見表

これは楽しい悩み。

行ったことのないオセアニア方面も考えたけど、再びモルディブっていうのも捨てがたい。でも実は7割がた心は決まっていて。

 

それは「エジプト」。

 

Tre Fratelli

 

JAL提携のエミレーツ航空でエジプトのカイロが55000マイルで行ける。

 

ずっとずっと行きたいと思っていた。

テロなどの治安の心配が長年あって躊躇していたのだけど、それも近年落ち着きつつあり、エジプトのフラッグキャリアであるエジプト航空が日本〜カイロの定期直行便を復活させたというのは最近のニュース(2017年11月)。治安が安定してきている証拠だ。

数か月前からすこしづつエジプトの情報を集め始め、行きたい場所、やりたいこともまとまってきた。

続きを読む >>
| いくらプロフ | 201811モルディブ&カイロ | comments(0) | trackbacks(0) | 22:04
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター