旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
カテゴリ 202005シンガポール〜アジアクルーズ
GWチャイナエアラインのフライト変更をしたメモ

前回の記事 GWのシンガポール行き航空券購入チャイナエアラインで¥58,160 に書いたように、チケットを購入したのは良いのですが、先日1/13にチャイナエアより不吉なメールが入りました。

 

件名:Schedule Change Notice from China Airlines Group

 

スケジュールチェンジ、つまりフライトの時刻が変わったことを通知する連絡です。

ちなみに購入していたフライトはこちら。

【スケジュール】

行き:

5/1 20時 成田発〜台北(待ち時間9時間)

5/2 8時 台北発〜昼 シンガポール着

帰り:

5/9 10時 シンガポール発〜台北着(乗り継ぎ1時間)

  〜20時 成田空港着

 

何がどう変わったのかなとメールを開いてみると

 

内容:5/9 10時 シンガポール発が 5/9 2時になりまーす

 

ファ?!Σ(°■°;)

2時って、深夜の2時ですよね?

 

ちょっとまて。なんて時間に変えてくれたんだ。

この日の滞在ホテルは奮発してシンガポールのあの「マリーナベイサンズ」に数万円はたいて滞在することを決めたばかり。

せっかくのベイサンズなのに、チェックインした日の23時にはチェックアウトしなくちゃならなくなる。ありえん。

 

そこで別の便に変更を相談すべく、チャイナエアラインに連絡してみることにしました。

航空会社側の都合でフライト変更になった場合は他の便への変更相談は通りやすい。

ただし空席があればなので交渉は早めが吉。

翌日、会社のお昼休みにさっそくコールセンターに電話。

 

「12時〜13時はお昼休みでーす」

 

働き方改革か!

午後に仕事の合間をぬって再度電話するも

ぜんぜんつながらない。

航空会社のコールセンターあるある。

仕方なく翌日、

さらに翌日、

ちょいちょい電話していたら金曜日の午後、やっとつながった。

ちゃんとした日本語だったので日本人オペレーターのようだ。

 

「すいませーん、先日フライト変更の通知をいただいたのですが、その時間だと都合が悪く乗れないので変更したいです」

「それは失礼しました。予約番号を教えてください」

「XXXXXXです」

 

そんな感じで変更はすんなりと対応してもらえました。やったー。

 

当初の予約便:

5/9 10時 シンガポール発〜台北着(乗り継ぎ1時間)〜20時 成田空港着

航空会社都合のフライト変更:

5/9 2時 シンガポール発〜台北着(乗り継ぎ9時間)〜20時 成田空港着

私の変更依頼確定:

5/9 13時 シンガポール発〜台北着(乗り継ぎ9時間)

〜翌5/10 8時 台北発〜13時成田空港着

 

ということで、13時の便に変更してもらい、台北に一泊してから帰国となります。

実は当初からこの便もありだなと悩んでいたのです。

これによって当初の予定よりベイサンズでゆっくりできることになるので結果オーライ!

 

 

 

 

| いくらプロフ | 202005シンガポール〜アジアクルーズ | comments(0) | - | 18:43
カテゴリ 202005シンガポール〜アジアクルーズ
GWのシンガポール行き航空券購入チャイナエアラインで¥58,160

ゴールデンウィークのシンガポール行き航空券を購入したメモです。

購入したのは昨年11月19日、ちょっと遅れてのブログです。ピークシーズンの航空券なので早めに手配しました。

お安かったチャイナエアライン(中華航空)です。名前から中国の航空会社と間違われる方も多いですが、台湾のフラッグキャリアです。なので台北経由になります。

 

【スケジュール】

行き:

5/1 20時 成田発〜台北(待ち時間9時間)

5/2 8時 台北発〜昼 シンガポール着

帰り:

5/9 10時 シンガポール発〜台北着(乗り継ぎ1時間)

  〜20時 成田空港着

 

このGW真っ最中のフライトが往復で¥58,160 でした。スカイスキャナーで調べてチャイナエアの公式サイトで買いました。

安く買えたなと思ったら、3日後に同じチケットが55000円に値下がる タイミングがありこれが最安値だと思う。最安値を狙うのは難しい。

 

これを書いている今、1/18時点で改めて価格を見てみると、

チャイナエアラインの場合、5/1出発はなんと

11.8万円に値あがっています2倍!

最安値は中国東方航空の11.3万円。最安値も10万越えです。

出発日を5/2にするとチャイナエアは13.7万円です。

 

繁忙期であるGWに手ごろな価格で旅に出るには早めの手配大事!

1月じゃ遅いです。半年以上前が吉。

夏の旅の手配をするなら今ですよ〜

 

 

| いくらプロフ | 202005シンガポール〜アジアクルーズ | comments(0) | - | 17:46
カテゴリ 202005シンガポール〜アジアクルーズ
Cruise.comでロイヤルカリビアンクルーズの個人予約

2020年ゴールデンウィークの旅を予約しました。

行先はシンガポール、目的は「ロイヤルカリビアンクルーズ社(以後、ロイ社)のアジア周遊クルーズ」です。

先のエーゲ海クルーズで開眼してしまい、ロードス島の港で9万トン級のロイ社のクルーズ船を目にした時に、もう決めていました。

具体的に調べ始めたのは11月12日、ギリシャから帰国した日の翌日。そして予約したのはその週末11月18日。

決めたのは5月3日シンガポール港出発の「5 Days Southeast Asia Voyager of the Seas」で、5日間でペナン島、ランカウイ島、プーケットの3島をめぐるクルーズです。船は13万トン級のボイジャーオブザシーズ。

 

予約はロイ社の公式サイト(日本語あり)から予約するのが正攻法なのですが。

公式サイトロイヤルカリビアンクルーズ

今回も海外のクルーズ予約サイトCruise.comにて予約しました。なぜならば、安かったから。オーシャンビュールームの部屋指定なし(Ocean View Guarantee)が2人で税込み$809.58。約9万円です。やすい!なんとこれ、窓なしインサイドルームより安かったんです。

 

↓部屋指定なし(YO)がかなりお得


一人当たり4.5万円で5日間の宿泊・移動・食事毎日3食・船内アクティビティが込まれているとかなりバリューです。

部屋は購入から1か月後くらいに確定し、デッキ2の8Nクラスの部屋でした。

先にデポジットの200US$だけ支払って、残りは2月に落ちるようにしたが一括払いもできる。

 

■公式サイトとの比較

ロイヤルカリビアンの公式サイトは多言語対応していて、英語サイトだけじゃなく日本語サイトもある。一応いろいろ比較検討したのですが、気づいたことがいろいろ。

英語サイトにはある安い部屋指定なしプランが日本語サイトにはない(またはすごく高い。海側 客室選択不可が$1467だった)、とか。

英語サイトでも居住地を日本にして操作すると安いプランはなくなり日本語サイトと同じ金額になる、とか。

居住国をアメリカのまま予約を進めると住所のところで「州」の記入が必須でプルダウンにアメリカ州しかなく、進めない、とか。

つまりだ、公式サイトでは客の居住国によって値段が異なるプランを売り出しているということになる。

それが、クルーズ予約サイトCruise.comなら居住国にかかわらず世界同一価格で売り出しているし日本に住んでいても買うことができる。しかもこちらのほうが公式英語サイトより10$くらい安かった(購入時)。

 

安く買えたと気をよくしていたのですが、しばらくして気になる情報を得た。

ロイ社公式Twitterで中の人がつぶやいた内容です。

「最近、海外の会員制予約サイトを通じて予約する(日本の)お客様が増えています。そうした場合、日本語のサポートや日本語の船内新聞は受けられませんのでご注意ください。」

と。なんでもそれが元でトラブル・クレームになる事例が増えている、と中の人もきつめな書き方をされていました。

そのツイートにはコメントが付き少し炎上したせいか、後に削除されてしまいました。

・日本語のサービスが受けられないという注意書きはどこにも書いていない

・ロイ社と日本の総代理店との違いが非常にわかりにくい

・ネットを通じで国内外どのWebサイトからでも予約できる時代にどこから予約したかでサービスを変えるのはどうなのか

・居住国によって値段を変えるのはやめていただきたい

そんなコメントでした。それに対する回答もついていましたが、これがなかなか複雑。

どうやらロイ社のクルーズに乗船して日本語サービスを行う日本人スタッフ( コーディネーター )は、日本の総代理店が独自に派遣しているとのこと。ロイ社の直接雇用のクルーではないため「日本のサイトを通して予約しないと日本語のサポートは受けられない」ということになるらしい。要は日本の総代理店の組んだクルーズツアーの添乗員的なサービスになるわけだ。

それだけでも少々ややこしいのに、事をさらに難しくするのはロイ社が日本人クルーを直接雇用する場合があり得る、ということ。この場合、どのWebサイトを経由して予約しようがその日本人クルーから日本語サポートを受けることは可能となる。

さらに言うと、日本総代理店を通して予約しても日本人スタッフが乗船しないクルーズもある。

 

という、ややこしい状況を作ってしまったのはロイ社側なのだから、クレームに発展しても真摯に対応すべきであろうと思うし、クレームにならないようわかりやすいPR・広報をすべきだし、Twitterで苦言を呈しするのはちょっとどうかと思う。

私は内部事情を知れたので良かったけれど。

私の場合はすでに海外サイト経由で予約してしまったので、船上では基本日本語サービスはあえて避けて過ごさなくてはいけなくなる。ただしもし直接雇用の日本人クルーがいるのならそれを見分ける方法は本人に聞くしかないのだろうか。

 

公式サイトが一概にダメということもなく、Spacious Ocean View Balcony(1B)クラス以上だとCruise.comよりやすかったり、価格は常に変動しているので予約のタイミングによって変わる。公式サイトから予約したほうが無難ではある、ということだけお伝えしておこう。

 

関連リンク:

[公式]ロイヤルカリビアンクルーズ

cruise.com

| いくらプロフ | 202005シンガポール〜アジアクルーズ | comments(0) | - | 15:41
カテゴリ 202005シンガポール〜アジアクルーズ
2019年12月01日のタビメモ
16:38
来年5月のシンガポール行きチケットを確保、目的は「豪華客船クルーズ」。先のエーゲ海クルーズですっかり船旅を気に入ってしまった。何より1番のきっかけはロドス島で見たロイヤルカリビアン社の9万トンのクルーズ船。「乗りたい」と思ってしま… https://t.co/naIgus71lg
16:44
ロドス島を出たその夜、クルーズを調べた。クルーズのメッカはマイアミなど南フロリダを中心としたバハマなどカリブ海。ぜひ行きたいが直航便はなく往復で3ー4日とられるのは日程的に厳しい。では地中海かと思ったらアジアクルーズというジャンルがあった #海外クルーズ
16:51
アジアエリアを調べてみると日本や韓国を回るコースが主だったが気になったのがシンガポール発のクルーズ。ペナン、ランカウイ、プーケットとリゾート島をめぐる。日本や韓国は興味があまり持てないがこれは面白そう。マレーシアとタイ、3カ国周遊クルーズになる
16:57
そのシンガポール発クルーズはボイジャーオブザシーズ、ロイヤルカリビアン社の13万トンの船だ。あのロドス島でみた船よりも大きい。GW真っ只中の出発で5日間のショートクルーズ。それだけでも充分魅力的だがさらにびっくりしたのはその価格。 #海外クルーズ
17:02
2人でなんと800ドル。ひとりあたり4万円とちょっと。5日間の豪華客船クルーズが、だ。もちろん朝昼晩食事付き。しかもオーシャンビューキャビンで。先のセレスティアルクルーズは5日間でひとりで917ドルだった。半額以下。 #海外クルーズ
17:06
もちろん早期割引など安いタイミングでの予約ではあるが、この爆安価格はこのアジアクルーズに限らず海外クルーズ全般で似たような価格設定になっている。 これには多少カラクリもある
17:10
まず、飲み物代が基本別。飲み放題プランがあるけどアルコール含めた飲み放題は1人1日約60ドル×2人×5日間でそれだけで600ドルになる。食事も「特別食」は別途料金。スパとかエクスカーション(寄港地ツアー)とかも別料金。 つまりこういったオプションで稼いでいる
17:17
なので、飲み物を控えたり余計なオプションにお金を使わなければ豪華客船クルーズは爆安で乗れる。 でも雰囲気にのまれてついついお金を使っちゃいそう。クルーズにはそんな魔力(?)がある #海外クルーズ https://t.co/stO0Z1TXsF
17:53
図書館で借りてみた。奥が深ーい #クルーズ https://t.co/1ulXT32ClA https://t.co/fSMmSGg4sO
18:02
クルーズ船旅のWebマーケティングの仕事、やりがいあるかも。日本ではやっぱり中高年ばかりが利用してる印象、20-30代のマーケットは訴求次第で伸びしろありそう。 とか考えるも、クルーズ船が実は環境に優しくないというネガティブな情報も見聞きしてしまい如何ともしがたい
18:11
取り組みは始まってるようで安心。 >これから観光産業の変革を促すSDGsの考え方とは?・コラム - JTB総合研究所 https://t.co/vyJTRi7wH1
| いくらプロフ | 202005シンガポール〜アジアクルーズ | - | - | 03:10
カテゴリ 202005シンガポール〜アジアクルーズ
2019年11月26日のタビメモ
12:17
今年の旅を振り返ると 2月ハワイ2人旅 4月モルディブ2人旅 9月ウラジオストク・タイ1人旅 11月ギリシャ1人旅 とうめんおとなしく日本ですごそうと思いつつ、来年GWのチケットぽちり。 やっぱ旅が生きてく上での原動力。
12:21
ピークシーズンのGWの手配は早め早めが吉です。とりあえずシンガポール往復を57000円で確保。 3日後55000円に値下がる。最安値のタイミング難しい #個人旅行 #航空券
12:40
今日の時点では同じチケットが58000なのでおそらく55000が最安値。 今回はチャイナエアラインで台北経由。LCCスクートとそんなに変わらなかったので。ならレガシーキャリアがいいよね。直航便だとANAやシンガポール航空が7-8万… https://t.co/cSs9ZErnyi
12:52
1-2万の差なら直航便...とよぎったのですが先のギリシャ往復が72000だったのでアジア圏のフライトにヨーロッパと同じ額出すのってと思ってしまい。 台北の空港久しぶりだし寄り道もいいかなと
12:55
シンガポールに行ってどうするのか、というところはまた後ほど
| いくらプロフ | 202005シンガポール〜アジアクルーズ | - | - | 03:10
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター