旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 2013年05月16日のタビつぶ | トップ | 旅レポ5/2:本日の観光予定とトラブル[ベトナム中部個人旅行] >>
カテゴリ 201008セブ島2人旅
セブ島の記憶〜ナルスアン アイランド〜
 昨日に引き続き夏旅バーチャルトリップ中のいくらです。こんにちは。
マレーシアについて調べていて、マレーシアのリゾートはどうなんだと、ペナン、ランカウイと調べて、もうひとつマレー半島から抜け出たマレーシアの領地ボルネオ島にある”コタキナバル”はどうなんだと、さらにそこに並ぶブルネイって確かお金持ちの国とか言われてるけどどうなんだとか、芋づる式にエンドレスなバーチャルトリップ。
ああ、楽しい。

▼マレーシアはマレー半島とボルネオ島に分かれている。Aが首都クアラルンプール。Bがコタキナバル。

大きな地図で見る

コタキナバルにはいいホテルあるのかな?と地図からさがして北上していると、ん?なにやらたくさんホテルのある島がたくさんあるではないか。ここはなんだ?
と思ったら、気がつけばフィリピンにいました。
ああ、セブ島周辺ではないか。

前置きがずいぶん長くなりました。ここからがタイトル「セブ島の記憶〜ナルスアン アイランド〜」の話題です。

セブ島には2010年に一度旅している。しかし、今となってはあまり印象に残らない旅だった。そのため旅行記サイトもあまり手がつかず作っていない。セブ島レポートはこのブログにいくつか記事がある(こちら)。
印象に残らなかった理由は、滞在したホテル・場所がいまいちだったためだと思う。セブ島一の観光地であるマクタン島にはリゾートホテルが立ち並ぶが、さほどきれいなビーチではない。滞在したホテルのビーチも残念な感じだった。

↓残念なプライベートビーチ(マリバゴブルーウォーターホテル)。特に朝は引き潮であまりにも無残な感じだった。潮干狩りはできそうだが。


これじゃあテンションもあがらない。
フィリピンにはもっと選べばすばらしい島・リゾートがあるのだけど、値段・時間を優先したらここになったのだ。

しかし改めて思い返してみると、すばらしかったこともある。
それはバンカーボートに乗って出かけた離島ツアーだ。ツアーでは「ナルメアス島」と呼んでいた、あの島。地図上ではどこにあるのかなと調べてみたけど見当たらない。どうやら名前が間違っていたようで正式には”ナルスアン アイランドNalusuan Island”だった。

海の透明度、色、これぞ求めていたリゾート。

ナルスアン アイランド リゾート(トリップアドバイザー提供)

バンカーボートが到着するのは島に続く長い長い桟橋。
海の透明度はッパナイ。


桟橋を渡って島に入ります。
今回この島ではランチ休憩のため立ち寄りました。


ビーチを眺めながらのBBQランチうますぎ。


海の上から肉眼でお魚がみえます。まさにシースルーです。


このアイランドツアーの詳細はこちら

Nalusuan Islandの場所。マップA。
マクタン島から船で30分ほどの場所にある。

大きな地図で見る

この小さな島にはホテルもある。水上コテージ風に作られた素朴な宿だ。けして華美ではないけれど、思い切りきれいな海を堪能するにはもってこい。
ナルスアン アイランド リゾート(トリップアドバイザー提供)


セブ島行ってなんだかがっかりだった方は、ぜひフィリピンの離島に。
ではではボンボヤーじ!






[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201008セブ島2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:39
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS