旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< シンガポール航空のインターネットチェックイン | トップ | 深夜の羽田国際ターミナルは大混雑 >>
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
バリ島アゲイン〜10/31出発日
 [2013/11/1 - 11/5 バリ島アゲイン]

August, I've left my heart in Bali.
November, I get it back.
8月、訪れたバリ島に、私は心を忘れてきた。
11月、それを取り戻しに行こうと思う。


バリ島アゲイン〜オット君バースデー企画旅〜
旅立ちはハッピーハロウィーンな今夜。
厳密には日付が変わった0時30分離陸のフライトで、今回は羽田空港国際ターミナルからの出発。成田空港よりアクセスが楽でいいね♪ 羽田大好き。
明日のお昼にはバリ島です。

本日は通常会社勤務。旅の荷物は、朝、駅のコインロッカーに押し込んできました。スーツケースじゃなくて機内持ち込みサイズのソフトキャリー。短期でも長期でも旅の荷物はいつもこのサイズ。
 忘れ物ないかな。忘れている手配はないかな。仕事に漏れはないかな。
何度旅しても出発日は緊張感満タン。心配性なんです。

航空券 控えのプリントOK
ホテル予約 OK
移動手段手配 OK
旅行保険手配 OK
レンタルWiFi手配 OK
カメラ関係の充電 OK
カメラのSDフォーマット OK

わんこは先日実家に預けてきました。
つかの間の犬がいない生活はさみしくもあり。
夫婦水入らずでちょっと新鮮だったり。

シンガポール航空のオンラインチェックインも済ませました。
しかし発券されたボーディングパスは東京〜シンガポールの1フライト分のみ。
あれれ?
航空券を通しで買っているので一般的には最終地バリまでのボーディングパスが発券できるはず。ただ今回スラバヤ〜バリ島間はガルーダ便運航なのでここはいいとしても、シンガポール〜スラバヤ間のボーディングパスがないのはおかしいね。ただでさえ乗継時間50分しかないのにシンガポールに着いてから発券というのは考えがたい。
ということで、今日チェックインカウンターで確認が必要そう。

ところで今回最大の悩みがひとつ。
旅の日程に生理予定がぴったんこなこと。
パラオの悪夢が蘇る・・・。
すばらしい絶景も、ヒドイ生理痛の前では感動を生みださなかった。
それにバリでは生理中の女性は寺院に入れないという宗教的問題もあったり。
これをどうにかしたく、病院でピルを処方してもらいました。
よく言われる吐き気などの副作用はなく効果てきめん。
ただなぜか肌荒れが発生(-_-、)nandeyanen
急きょビタミン剤も投入。気候が乾燥しているせいもあるのかな。


*バリでやりたい事

・今回はのんびりしたい
・世界遺産のジャティルイだけは行きたし
・サーフレッスンやりたし
・バリニーズマッサージうけまくりたい
・インドネシア料理いろいろ食べたし

絶景に感動したり、SPAで癒されたり、ビーチでシュノーケルしたり、プールサイドでトロピカルカクテル飲んでくつろいだり、異国の食事を楽しんだり、買い物をしたり、世界遺産やサーフで好奇心を満たして、満点の星空のもと語る。
是、人生の悦楽。

バリに置いてきてしまった心を取り戻すことはできるかな。

じゃ、ボンボジャッジ!






[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 16:21
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS