旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< クアラルンプールで暮らすように滞在〜パシフィックリージェンシーホテルスイーツ [2014GWマレーシア] | トップ | 現地料理を作り旅の続きを自宅で楽しむ >>
カテゴリ 201405マレーシア2人旅1人旅
マレーシアグルメくいしんぼうレポ[2014GWマレーシア]
PR:エアアジアで行くパッケージ(航空券+ホテル)予約はこちら

[2014GWマレーシア旅4/30-5/8]
今回はマレーシアングルメレポートです。マレー系、中国系、インド系と他民族が共存するマレーシアではそれぞれの文化の料理が楽しめます。

■マレー料理
まずはやっぱりマレーシアの定番料理を食べなきゃね。
滞在したペナンのベイビューリゾートホテルの近くにはいくつものローカルレストランがあり、いろいろ食べてみましたYO。

↓定番「チキンサテ」。

いわゆる焼き鳥で、マレーシアでは甘辛いピーナッツソースをつけて食べる。
インドネシアにもある料理。
↓スタッフがおススメしてくれた汁なし麺
 甘辛醤油っぽい味は日本人にもなじみやすくておいしい!


↓ナシゴレン&ビーフサテのコンボプレート。

ナシゴレンもインドネシア料理としての方が知名度があるかも。
奥に見えるのはイカのカレー炒め。イカ大好きなんです。

↓ナシレマッ

特徴はココナッツで炊いたご飯。それにゆで卵や小魚、ピーナッツ、ソースなどいろいろおかずが付随するのが定番。マレーシアの朝食で一般的に食べられるのがこれ。ピーナッツが意外と合ってびっくり。
これはクアラルンプールのKLタワーにあったカフェレストランでランチに頂きました。
チキンも付いて1プレートで20リンギット(約600円)

■ニョニャ料理
ニョニャ料理はマレーと中華がミックスしたマレーシアの伝統的な料理。ペナン島でそれを食すべく、ガイドブックにも載っている名店「NYONYA BABA CUISINE(龍鳳)」に足を運びました。街中心部からはやや離れた場所にあり、滞在していたミュージアムホテルからは徒歩15分くらいでした。
連なるショップハウスを利用したおしゃれな雰囲気の店構え。

何を注文すればいいかよくわからなかったのでとりあえずスタッフおススメを中心にいくつか注文しました。スタッフが必ず進める一皿がこちら。

さっくさくに揚がったパイの中にはシャキシャキの野菜等が入っていて素晴しくクリスピーな食感は確かにやみつきになりそうな味!

2人でこれだけいろいろ頼んでお会計は92リンギット(約2800円)とリーズナブル。
スタッフもとてもフレンドリーで感じがよく、お腹も心も大満足。

■インド料理
ベイビュービーチリゾートでの初日のランチはホテル内にあったインド料理レストランに入りました。その名は「Sagar」。


「ねぇねぇ、なんか、入りずらい雰囲気だね。ひと気もないけど営業してるのかな??」
ホテルの奥まったところにあり、しっとり静まり返っていてなんだか入るのに勇気がいる感じです。勇気をだして入ってみると・・・
ちゃんと営業していました。
しかし広い店内に客はインド系の大家族1組だけ。
とてもこじゃれた店内なのですが、窓もなく薄暗くすっかり「リゾート」とは隔絶された雰囲気。ここは昼間より夜くるのがいいかもね。

でも!お料理はおいしかった。本格的なインド料理です。
注文したのはカレー2種とナンとビリヤニというお米料理と水とチャイ。


ナンは日本のインド料理屋で食べられるもっちりしたものとはちょっと違った、薄くて淡泊なものでした。そのナンはビリヤニのふたにもなっていて、これを破くと湯気とともにアツアツのビリヤニが顔をだしました。
これがまいうー。
お会計しめて84リンギット(約2500円)


■マレーシアンスイーツ
スイーツ女子としてはスイーツも楽しまないわけにはいきません!

チェンドル
見た目はなんかアレですが、とってもおいしい!チェンドルは緑色のゼリー状のもののことを指すのですが、その下にはかき氷、シロップ(これは黒糖味)、ココナッツミルク、そしてあずきなどが入っているひんやり冷たいスイーツです。
他にドリアンチェンドルやホワイトコーヒーチェンドルなんかもありました。



アイスカチャン
マレーシア風かき氷で、かき氷の上にはアイスクリーム、そして下にはたくさんのゼリーや謎のフルーツ、そしてびっくりしたのがとうもろこしが入っているんです。
でも、これ大好き!バケツ一杯食べれそう。





プトゥバンブー
クアラルンプールの屋台で売っていた焼き菓子。黒糖の混ざったタネを竹に入れて蒸しあげてココナッツがたくさんまぶしてある。2リンギット(60円)



謎のピンクドリンク
名前はわからないのだけど、クアラルンプールの道端の屋台で売っていて気になってトライしてみました。原色ピンクの色はすごいですが味はマイルドスイートでぜんぜんクセはありません。ゼリーも入っています。たったの1リンギット(30円)でした。




物価があまり安くはない印象のマレーシアですが、食事に関しては安いと感じました。
ちょっとカルチャーショックだったのは、ムスリムさんに配慮してか、ビール等お酒を置いていないお店がけっこうあったこと。
異国の食べ物をいろいろ食べるのも旅の楽しみの一つですね。

ボンボヤッジ!


PR:
゜:*★マレーシアのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°
マレーシアペナン島への旅行は
H.I.S. マレーシア旅行









[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201405マレーシア2人旅1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 19:38
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS