旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< マイレージ特典航空券(国際線)とLCC [台湾] | トップ | 2014年05月31日のタビつぶ >>
カテゴリ 旅とお金
外貨運用10年目の雑感〜習うより慣れろ〜
海外旅行好きにとっては外貨運用のハードルは低いよね。
私が外貨の運用を始めたのは2005年。デビューから約10年が経ちました。
当初はローリスクローリターンで少額から運用を実践し小さな成功を重ねていたものの、2008年リーマンショックのあおりの急な円高で、大幅な含み損を抱えてどん底になったりもしました。
それもなんとか乗り越えて、実質損失は出さずに今も運用を続けています。
分配型の外貨建て投信によって毎月増えていくUS$を旅費にあてるなどメリットも享受。

慣れてくると面白いです、外貨運用。
習うより慣れろとは言ったもので、参考書で勉強するより少額でも始めてしまった方がよっぽど有益な勉強になります。この10年はほんと勉強になりリスクコントロールもうまくできるようになりました。
大事なのは時間を味方につけること。為替変動があっても動じないこと。
為替変動により動かせなく(円転できなく)なった場合は外貨のままどんどん運用しちゃえばいいのです。
という答えにたどり着いたのはつい最近。
(大きな含み損を抱えていた時はショックで放置していましたが^^;)

外貨の預金金利は円より良い時もあって、そういうのを狙ってこつこつ預けて地味に増やしてきました。円の金利が0.3%なんて時にドル定期金利1%とか。
しかし最近は軒並み良くなくて円預金金利と大差なくなってしまった。
そこで外貨建て債券に変えちゃいました。リスクの低〜いのを選びましたがそれでも利率は1%を超えるので預金するよりメリット高し。

運用するための銀行はアホみたいにあちこち試しました。
大手では三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ネット系ではジャパンネット銀行、SBIネット銀行、じぶん銀行、新生銀行。
この中で落ち着いたのはSBIネット銀行さんです。使い勝手が格段によい。金利もよい。SBI証券との連動のシステムも素晴しい。今一番元気な銀行です。話題のNISA口座はSBI証券に設置しました。
逆に見放したのはジャパンネット銀行さん。当初は良かったのだけど、最近はぱっとしなくなってしまいました。
新生銀行さんも期待したほどではなく残念な感じ。他行振り込み無料とかGoodなサービスもあるのだけどネ。


これらもある意味趣味のひとつなのかも。飽きることなく続けてるってつまりそういうことよね。何事も楽しんで取り組もう。

ボンボヤッジ=3

関連リンク:
三菱UFJ銀行 三井住友銀行 ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行  じぶん銀行 新生銀行
SBI証券






[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 旅とお金 | comments(0) | trackbacks(0) | 19:17
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS