旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 2014年08月19日のタビつぶ | トップ | エアアジアを10便ほど利用した私の感想と節約と裏技[インドネシア ひとり旅] >>
カテゴリ 201408インドネシア1人旅
旅の費用結果とバリ島の物価 [インドネシア 7日間ひとり旅]
[2014/08/09 - 08/17 インドネシアひとりっぷ] 
旅の余韻に浸る間もなく、あわただしい日常に復帰したいくらです。こんにちは。
仕事の合間をぬって旅のレポートをぽちぽちアップしますよー。

まずは今回の旅にかかった費用や現地の物価についてです。
毎回の旅ごとに書いているこの「旅の予算と現地の物価」って私のブログの中で人気記事なんですが、こういう事を細かに報告する人がそもそも希少なんでしょうね。
皆様の参考になれば幸いです。

■インドネシア7日間のひとり旅費用結果

・国際線 往復航空券/エアアジア ¥70,820 (座席指定料・機内食込み)
・国内線 往復航空券/LionAir ¥9,363(バリ〜ジョグジャカルタ往復)
・ホテル7泊/5箇所のホテル 合計 ¥45,319(1泊平均6474円)
・現地滞在費7日間分(移動・食事・観光・雑費)約¥60,000

総計:約185,000円

■コメント
ハイシーズンの割にはいろいろ節約・工夫して安く抑えられたと思います。インドネシア国内も飛行機で移動して回ったので、その分少々コストがかかっています。
18万円というと安くはないですが、一度に18万円かかったわけではなく、航空券は半年くらい前に手配して7万円は先に支払っていたし、残りの内の半分はクレジットカード清算で来月以降引き落としだし、旅当日かかった費用は6万円ほど。あまり負担を感じません。個人旅行は旅の費用が分散されるのがツアーとは異なるメリット。

航空券について:
 利用したのはLCCエアアジア。今回出発がハイシーズンで高額な相場なので、安く手に入れるために半年前くらいに手配しました。航空券代は64,900円で、購入手数料や有料の座席指定(今回、チェックイン時に自動で割り振られた席が良くなかったため後から変更)、機内食を付けて¥70,820です。荷物は7Kgに抑えて機内持ち込みにし、預け入れ費用(往復約1万円)は節約しました。
 もし荷物預け入れ費用も入れれば合計8万円なので、それだけ出すならLCCエアアジアにこだわらずレガシーキャリアの中国系・台湾系を利用したほうがお得の可能性もありました。乗継や到着時間に少々難ありだけど、例えば中国東方航空が3月の時点で68,000円だった(荷物20kgまでOKで機内食ありだし)。

#余談ですが、エアアジアはチケットを購入した1カ月後くらいに5000円くらい値下がったタイミングがあってちょっと悔しかったり。ひんぱんに価格変動するので最安値の判断は難しい。

インドネシア国内の移動ではライオンエアーLionAirを初めて利用しました。こちらもインドネシアではメジャーなLCCでチケットは公式サイトから簡単に買えます。片道約4000円〜とまさに空飛ぶバス。価格は空席具合によって日々変動し、早く買えば安いという訳ではなかった。実際、買った後少し値下がったりしたし、直前でも空席が多かったのか安かった。これなら「当日買う」っていうのもありかも。


ホテルについて:

5箇所のホテルに計7泊で合計45,000円で、一泊平均は約6,500円でした。
一番安いところで1泊3,500円、一番高いところは14,000円と幅があります。
ずっと安宿っていうのは味気ないし、いいところにもちょこっと泊まってメリハリをつけたホテル選びをしました。
ホテルA(2泊)3,500円×2日
ホテルB(1泊)6,600円
ホテルC(1泊)8,000円
ホテルD(1泊)14,000円
ホテルE(2泊)4,100円×2日
一番高い14,000円のDホテルはサファリパーク内にあるユニークなホテルで、サファリ入場料が40US$/1人かかることを考えると、宿泊代には2人分の入場料(約8000円)が込まれているので実質1泊6,000円です。そう考えると大変バリューな素敵なお部屋でした。
ホテル代はAとEは予約時に事前払い(カード清算)で、それ以外は宿泊当日払いでした。当日払いもカードで支払いましたが、Cだけはカードが使えず現金で支払いました。
5つのホテルの中で最も気に行ったのはホテルCのグリーンスピリットホテルです。ここは、旅人生最良といってもいいくらい感動したホテルです(後日レポートあげますね)


■インドネシアの物価
 物価が安いと言われるインドネシアでは、確かにローカルなものはかなり安いです。とはいっても年々物価は値上がりしているとのこと。
 しかしメジャーな観光地では殆どが観光価格(=外国人価格)が設定されており、日本並みやそれ以上に高いものもありました。できたばかりの近代的なショッピングモールには日本でもおなじみのブランドやこじゃれたカフェレストランが立ち並び、価格は日本のそれとたいして変わらない感じです。こういうところは観光客しかいかず、ローカルの人は行きません。行けません。
 日本円をルピアに両替するとものすごい札束になるのでなんだかお金持ちになった気分になりますが(笑)、よくよく計算すると安くないじゃん!ってことはよくあるので気をつけて買い物しましょうね。

参考レート:
10,000ルピア=88円
100円=11,330ルピア
#つまり1万円を両替すると1,133,000ルピアにもなる。

実際の物価事例

・正規タクシー(15分くらい)50,000ルピア(約440円)
・食堂でお皿いっぱいのナシチャンプル 20,000ルピア(約176円)
・ローカルSPAでバリニーズマッサージ1.5時間 11万ルピア(約980円)
・空港のこじゃれカフェでコーヒー 48,000ルピア(約430円)
・オンザビーチのリーズナブルレストランで軽い夕食 117,000ルピア(約1,000円)
(カクテルとサラダとスープ)
・観光地の絶景ビュッフェレストランランチ 150,000ルピア(約1320円)
・こじゃれカフェでスイーツ 38,000ルピア(約340円)
・高速道路通行料(車) 10,000ルピア(約88円)
・中級ホテルのミニバーのビール 35,000ルピア(約310円)
・中級ホテルのランドリーサービス 1着5,000ルピア〜(約45円〜)
・車のチャーター 5時間 3000円〜6000円

▼高級クラス
・高級ホテル 1泊1部屋 5万円〜30万円以上
・高級レストランでメイン料理1皿18〜35万ルピア(約1600円〜3000円)
・高級ホテルでコーヒー 70000ルピア(約620円)


ボンボヤッジ!






[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201408インドネシア1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 10:37
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS