旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 旅を終えて[台北マイレージ旅2015] | トップ | Next Trip→マレーシア「マラッカ」+αとエアアジア >>
カテゴリ 201501台湾”台北・九分”2人旅
台北の物価やレートと旅の費用結果[台北マイレージ旅2015]
 [台北マイレージ旅2015]
今回の台湾4日間個人旅行の費用や台湾の物価をまとめました。みなさんの旅の参考になれば幸いです。

■台湾4日間2人個人旅行の旅費
旅費総額:117,000円(1人当たり58,500円)
内 訳
航空券:0円(マイレージ特典航空券)
JAL燃油・税:15380円
ANA燃油・税:15370円
ホテル3か所3泊:49530円(1泊平均16510円)
WiFiレンタル4日間:2956円
旅行保険2人分:2800円
現地滞在費:約37000円(食費・観光・移動・雑費等*)
*お土産は含まず


圓山大飯店

コメント:
航空券について:
 今回はマイレージ特典航空券を利用したので航空券はタダでしたが、燃油・税は約15000円/1人かかっています。台北はLCCを使えば往復20000円以下で取れることもあるので、特典航空券と言えども金額的には大きなお得感はないです。しかしレガシーキャリアの相場は45000円(税・燃油込み)くらいだったので2人で6万円ほど浮いたこと、快適に移動できたということを考えればバリューだったと思います。・・・
 ホテルについて:
 今回はちょっと贅沢しちゃいました。航空券が安かったからフンパツして1泊平均16000円。とはいっても、たくさんの予約サ イトを比較して最安値でおさえていて、特に3日目のグランドホテルは相場3万円以上するところを2.4万円で確保。これは別途詳細をレポートします。
旅行保険:
クレジットカードにも付帯していたけど治療費が弱いので、毎回、その部分だけバラ掛けして安くおさえています。
WiFiルーターレンタル:
旅の必需品。格安でおな じみのエクスモバイルさんでレンタルし4日間で3000円足らず。オット君と私のiPhone2台を活用です。携帯キャリアの国際ローミングサービスを使 うと4日間で7920〜11920円/1台、2台ならその倍という恐ろしい値段なので、かなり安く済みます。
>エクスモバイル 
(こちらのリンクから申し込むと送料540円が割引になります。よかったら)


■ツアーとの比較
身近な台湾は日本からのツアーが多数あります。超格安ツアーなら2万円前後、格安ツアーが3万円前後~ですが、安いものは基本LCC*を利用しています。LCCは燃油サーチャージがなく、追加料金は空港使用料など数千円のみでリーズナブル。格安ツアーで利用しているホテルランクはエコノミークラスで相場は6000〜9000円/泊で1人当たりは3000〜4500円です。
一方、JALやANA、エバー航空などレガシーキャリアを利用した場合のツアーは7〜10万円くらいかかる高級ツアーとなります。レガシーキャリアを使う客層に合わせてかホテルも中級ランク以上がセットされていてこの価格です。それに現地滞在費がのるので2人なら総額18〜24万となります。
今回私たちの旅は後者との比較となるので、ツアーと比較するとかなり安くあげられた事がわかります。
 格安と高級の中間くらいにあるツアーが中華系のチャイナエアラインやキャセイパシフィックを使ったツアー。相場は3万円台後半〜5万円台で、組み込まれているホテルクラスはスタンダード、滞在費含めた旅費総額は2人で12〜13万円となり、ツアーの中では一番バランスが取れた手頃なツアーだと思います。

*日本から台湾に飛んでいるLCCは以下があります。()は本拠地。
 ・バニラエア(日本)・スクート(シンガポール)
レガシーキャリアは以下が飛んでいます(直行便)。
 ・JAL(日本)・ANA(日本)・エバ−航空(台湾)・デルタ航空(米国)・キャセイパシフィック(香港)・チャイナエアライン(中国)・トランスアジア航空(台湾)


忠烈祠


■台湾の物価
台湾の物価は日本に比べれば安いのですが、物価は上昇しており、また近年の円安もあってあまり安く感じなくなってきています
例えば4年前に3700円だった市内観光のオプショナルツアーが今は5000円以上になっていました。
とはいっても、移動費や食費は日本よりまだ安く(2-3割くらいな割安感)、ホテルなども安くて快適なところが探せばあるので工夫次第ではいくらでも安くあげられます。

物価一例:
タクシー(空港から市内約50分):1000 TWD(約4000円)
タクシー(駅からホテル5分):100 TWD(約400円)
 *タクシーは日本に比べればまだ安い
地下鉄(短区間):15 TWD(約60円)
屋台のラーメン:60 TWD(約240円)
屋台の台湾スイーツ:40 TWD(約160円)
コンビニのおでん:1個10〜15 TWD(約40~60円)
自動販売機の缶ジュース:20 TWD(約80円)
ペットボトルのお茶:25 TWD(約100円)
ローカルマッサージ40分:490 TWD(約1960円)

↓コンビニのお茶。種類が多い!



■台湾ドル(TWD)のレートと両替
台湾は2012年ごろから急激な円安傾向にあり、ちょっと痛いところです。
さて今回異なる3か所で両替したのでその結果です。

1)成田空港の両替所:レート100円=23.5 TWD
2)台北空港の両替所:レート100円=25.6 TWD
3)台北空港のATMキャッシング:レート100円=26.2 TWD
*すべてのレートは手数料など込みで計算
*平均レート100円=25.1台湾ドル

ということで、最もレートが良かったのはやはり現地のATMキャッシングです!これは台湾に限らず万国共通でこの傾向があります。逆に日本の空港のレートはやっぱり悪いです。
ちなみにレート計算の参考に10000円をそれぞれの場所で両替した場合
1)2350 TWD
2)2560 TWD
3)2620 TWD

となります。1)と3)の差額は270 TWD。平均レートで計算すると約1000円の差。こちらでは屋台のラーメンが1杯60 TWDですから、ラーメン4.5杯分の差になるってことです。
お得で簡単で安心(対人両替みたいに人的にごまかされることがない)なメリットだらけの海外ATMキャッシングなのに普及しないのが不思議。”キャッシング”というと借金を連想するためか。それともATMの操作に不安があるのか。しいてデメリットを上げれば”ATMが壊れていてカードが吸い取られる可能性”かな。私は今まで一度もないけど、話では聞いたことある程度。

[参考]レート逆計算(平均レート100円=25.1 TWD計算
1 TWD=3.98円
10 TWD=39.8円
100 TWD=398円
1000 TWD=3980円
*つまり約4倍と考えていればいいでしょう。


ちなみに4年前に台湾を旅した時のレートは
1TWD=3.1円
でした。1万円が3240台湾ドルにもなったのです。3割くらい円安。。

↓台北桃園空港にあったATM


以上、お役にたてば幸いです。
ボンボヤッジ!


今回の旅はJALカードで貯めたマイレージ特典航空券でタダ旅でした。

台北の人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター[Expedia]

[HIS] 台北ツアー一覧









[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201501台湾”台北・九分”2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 20:25
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS