旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< Next Trip→マレーシア「マラッカ」+αとエアアジア | トップ | 2015年01月17日のタビつぶ >>
カテゴリ 201501台湾”台北・九分”2人旅
[ホテルレポ]まるで竜宮城!グランドホテル/圓山大飯店[台北マイレージ旅2015]
台北にある竜宮城のような老舗ゴージャスホテル、台北グランドホテル/圓山大飯店に滞在したレポートです。
人生最良の思い出になりました




■エントランス
入口の扉ををくぐりホテルに入ると・・・


まずこのロビーに感嘆。



うーん、まさに宮殿。


↓こちらがフロント。


エントランスで荷物を持ってくれたポーターさんに部屋に案内してもらいました。


 ■部屋について
今回滞在したのはプレステージルーム8階シティビュー側の部屋。

↓さぁ私をみつけようw

上から2番目、左から4本目と5本目の柱の間にいるよん。

部屋は広々。キングサイズ?ベッドが2台並ぶツイン。


部屋から続くテラスは、っぱない広さ。大股で3歩くらい歩ける。


↓これは私の部屋のテラスから右隣の部屋のテラスを撮影した図(翌朝快晴時に撮影)

↓これは逆に左隣。端のほうの部屋なので、ながーーいテラスが遠くまで続くのが見える。お隣さんとは低い柵で区切られているだけなので、時にはこんにちは状態になる。


そして部屋からの景色は壮観。
↓部屋から左手前方。遠く中心に小さく見えるのが台北101。

↓正面。圓山ホテルの敷地と門が台北の街へと続く。


これが夜景になると、涙出ます。



↓4年越しの念願がかなったよ。ほろり。


しかしそれ以上に心に染みたのは、日の出。



この景色はプライスレス。
ちょっと高いプレステージルームだけど、奮発してよかった。
圓山大飯店が、最高の旅にしてくれた。


■予約について
以前はあまり個人向けに予約を解放していなかったグランドホテルですが、今は複数のホテル予約サイトで取り扱いがあり簡単に予約ができます。予約サイトによって金額はまちまちなのでよく比較しましょう。
エクスペディアBooking.comAgodaホテルトラベル
私は今回、最安値だったホテルトラベルさんで予約しました。公式価格の半額!
公式サイトからも予約できますが公式料金は高いです。
http://www.grand-hotel.org/

ハイクラスホテルであるグランドホテルは一番安い部屋でも最低2万円〜。しかも安い部屋はインサイドにある”窓ナシ部屋”なので注意が必要です。

●部屋の種類
グランドホテルは部屋の種類が複数あります。
A.「本館」2〜6階 スタンダード/標準客房(窓ナシ)
B.「本館」2〜6階 デラックス/高級客房
C.「本館」2〜6階 ジュニアスイート/商務套房
D.「本館」2〜6階 エグゼクティブスイート/豪華套房
E.「本館」7〜9階 プレステージスタンダード/菁英標準客房(窓ナシ)
F.「本館」7〜9階 プレステージ/菁英商務客房
G.「本館」7〜9階 プレステージグランドスイート/菁英豪華套房
H.「本館」7〜9階 プレステージジュニアスイート/菁英商務套房
I.「別館」ゴールデンドラゴン(グランド)金龍廳 
J.「別館」チリン/麒麟廳
K.「別館」チリンジュニアスイート/麒麟商務套房


さすが400室超を誇る大型ホテルです。どの部屋がどうなのだか把握するのに小一時間かかります。
参考までに本館のフロアマップを撮影してきました。
ホテルのフロアマップってなんか好きないくらです。

(クリックで拡大。ぼけててスマン)*別館はこの中にはありません。
このフロアマップは8階ですが、本館2階〜9階はだいたい同じと思っていいです。
ぐるりと壁沿いにあるのがバルコニー付きの眺望有の部屋で、廊下を挟んで内側にあるのが窓のない部屋です。手前側がシティビュー、写真上側がマウンテンビューになりますが、ビューは予約時にえらべませんでした。東西中央に一室づつあるのがジュニアスイート、四つ角にある部屋がグランドスイート。


▼Google mapの航空写真で見ると敷地が丸わかり。黄色い屋根の一番大きな建物が本館。本館の後ろプール側の細長いところが別館。



さて、先ほどの部屋リストを値段の安い順に並べ替えるとこうなります。それぞれの広さと部屋数も参考までに記載します。

A.「本館」2〜6階 スタンダード(窓ナシ):8坪/96室
E.「本館」7〜9階 プレステージスタンダード(窓ナシ)
:8坪/45室
I.「別館」ゴールデンドラゴン(グランド)
:10-12坪
J.「別館」チリン
:10-12坪/ゴールデンと合わせて75室
B.「本館」2〜6階 デラックス
:14坪/147室
F.「本館」7〜9階 プレステージ
:14坪/88室
   〜ここを境にスイートルーム〜
K.「別館」チリンジュニアスイート
C.「本館」2〜6階 ジュニアスイート
:28坪/14室(東西中央)
D.「本館」2〜6階 エグゼクティブスイート
:24-28坪/26室(角部屋)
H.「本館」7〜9階 プレステージジュニアスイート:20坪/6室(東西中央)

G.「本館」7〜9階 プレステージグランドスイート:28坪/11室(角部屋)

Note:
・グランドホテルらしさを満喫するには「プレステージ」か「デラックス」がベスト。シティビューとマウンテンビューがありますが予約時に選べません。当日チェックイン時にリクエストするしかなさそうです。現在のプレステージルーム公式価格はNT$14,300(約55000円)。公式より予約サイトを通したほうが安いです。
・とにかく安くなら窓ナシルームが2万円前後〜です。2-6階と7-9階プレステージでは同じ窓ナシでも部屋の設えが異なります。
・ 本館にこだわらないなら「別館」のゴールデンドラゴン・チリンがおすすめです。低層階ですが窓があり、部屋も広くきれいで2万円台半ばとバランス が良い。チリンは台北101側にあり眺望も望めます。予約サイトによっては別館を「スーペリアルーム」と称していることもあるのでご注意ください。
・ジュニアスイートは各フロアの角部屋です。
・部屋の情報は公式サイトでも確認できます。


今回私はさんざん最安値を探しまくり、ホテル予約サイトホテルトラベル さんでプレステージルームを24000円で確保しました。実際チェックインするまで本当にちゃんとプレステージルームがあてがわれるか心配だったのですが、ばっちり8階のプレステージルームでした。しかもシティビュー側!安いからマウンテンビューを覚悟していたのだけど嬉しい誤算です。

デスクが壁付ではなく窓を背に入り口側に向かっておいてあるのが特徴的。


ホテルの場所:

■ホテルへのアクセスと立地
台北市内北部、圓山駅が最寄り駅だが、距離がある。ホテルの無料シャトルバスが頻繁に運行しているが乗り場はちょっとわかりにくい。
タクシーなら5分、100TDWくらい。
小高い丘の上にあり、周りにはこれと言って何もない。
圓山駅近くにはコンビニや飲食店あり。
ホテルの無料バスは士林駅行きもあり、士林の夜市へ行くには便利。帰りはタクシーで5分、100TWD。
忠烈祠までは徒歩20分ほどで行ける。ホテルからはホテルを背に少し歩くと左側に下に降りる階段があるのでそれを利用のこと(ちょっとわかりずらい)。


■ホテルの予約と詳細
複数のホテル予約サイトで取り扱いがあり簡単に予約ができます。予約サイトによって金額はまちまちなのでよく比較しましょう。
エクスペディアBooking.comAgodaホテルトラベル
私は今回、最安値だったホテルトラベルさんで予約しました。公式価格の半額!

台北の人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター

[HIS] 台北ツアー一覧








[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201501台湾”台北・九分”2人旅 | comments(2) | trackbacks(0) | 02:43
コメントComment
いくら (2016/04/07 10:40 PM)
コメントありがとうございますー
Wifi あったと思います(いつもレンタルwifi持参するので気にしてなく記憶があいまいですが^_^;
よい旅を!
これから行く予定 (2016/04/07 12:44 AM)
まさにこれから台湾旅行を考えています。何方か分かれば教えて下さい。無料wifiは繋がってますか?





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS