旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 2015年02月10日のタビつぶ | トップ | マイブックで作った旅アルバム ベトナムが完成してウキウキ >>
カテゴリ 201501台湾”台北・九分”2人旅
台湾”九份”泊まって楽しんだレポートと完全ガイド[台湾自由旅行レポ]
 [台湾マイレージ旅2015] 1月11日
台湾の人気観光スポット「九份」訪問レポートです。
日本では映画「千と千尋の神隠し」のモデルとされていると言われていて、確かに雰囲気はそっくり。それを受けて九份側もアピールポイントととしていますが、ジブリは公式に否定しているそうです^^;。

■地名の読み方について
九份は日本人は”きゅうふん”と言ってしまいますが実際は”ジォウフェン”や”カウフン””チウフェン”と発音します。また九份の”份”は常用漢字にはないため便宜上”九分”や”九フン”と書くこともあります。

九份へのアクセス
九份は台北の少し郊外、車で約1時間くらいのところにあります。


一番簡単に行くにはオプショナルツアーを利用することです。日帰りの昼間のツアー、夜のツアーが催行されており費用は一人4000〜6000円くらいです。
一例: 台湾のオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net

ツアーを使わず個人で行くにはいくつかの方法があります。
1)台北からタクシー/約1時間/1000元(約3800円)が相場
2)台北から直通バス/約1時間半/100元(約380円)
3)台北から電車で九分の最寄駅”瑞芳(ルイファン)”まで行き(約60分)、バスかタクシーに乗り換えて20-30分/65元〜
 *瑞芳からのバスはとても混んでるらしいので注意
4)台北から電車で基隆駅まで行き(約50分)バスかタクシーに乗り換えて60分
 *瑞芳からのバスよりすいているのがメリット
特)乗合車 4〜50分/200元(約660円)

参考MAP:瑞芳駅から九分の入口であるセブンイレブンまでの道のり


また、台湾観光局サイトに以下のような資料がありましたので参照ください。



ちなみに私たちは”2”の方法で行こうとして、結果、”特”な方法で行きました。

九份で泊まる
今回私たちは九份に一泊して散策しました。昼間と夜で違う雰囲気になる九份をたっぷり楽しむには泊まるのが一番!九份には大きなホテルはありませんが、小規模な民宿がいくつもありホテル予約サイトから簡単に予約できます。
[Agoda]九份(ジウ フン)のホテル一覧・・・取扱数多め
[Booking.com]九份(チウフェン)のホテル一覧

私たちが滞在したホテルレポートはこちら


それでは、九分町歩きへご案内いたします(^O^)ノ

九份メイン通りの入口
うねうねと曲がりくねる山道の途中にあるセブンイレブンが目印。セブンイレブンのすぐ隣が九份メイン通りの入口です。


メイン通りと言ってもとても狭い小道なので入口は人でいっぱい。

Map:セブンイレブンはここ。


通りに入ると両サイドにたくさんのお店が連なりとってもにぎやか。いろんな香りも漂ってきます。



そのまま小道をしばらくまっすぐ進むと右にカーブした少し広くなった場所に出ます。
左に曲がり道があり、その角に今回宿泊する宿「九重町客桟(民宿)」(九重町客桟)があります。
(ホテルレポートは別途)



九重町民宿(これは朝撮影したので人がいない)

九重町民宿は1階がレストランカフェになっていておいしい台湾料理やスイーツが食べられます。コーヒーに力を入れていてメニューが豊富。

そのまま道なりにまっすぐ進む。左右にひたすらお店が立ち並びます。

↑チキンの丸焼きやエリンギの丸ごと網焼きなど、気になる食べ物たくさん。

ところどころには細い脇道階段があり、まるでダンジョンのよう。
こんなところにまでお店が。


そのままずっと道なりに進むと十字路にさしあたり、右は下に降りる階段、左は上に登る階段になっています。



右の下り階段に進むと、一番に人気スポットがあります。ガイドブックでよく使われる風景ポイントです。階段中ほどにカフェレストラン「阿妹茶酒館」があり、千と千尋の神隠しの湯婆婆の店として有名になってます。





階段を十字路まで戻り、最初の道を道なりに進むと道は左に曲がり、突き当たりはひらけた場所になっています。ここからは遠く海を見渡せるナイスビュー。
九分は、その個性的な町は有名ですが、こんな山頂にあり海まで見渡せる素晴しい立地であることはあまり知られていなかったりする。私も来るまでよく知らなかったよ。
近くにはカフェもありこの風景を見ながらくつろげます。




繁華街はここまででこの先はなにもなさそうです。


↑お店は何もないけれど、いくつか民宿が見られました。

■九份名物スイーツを食べよう
芋圓」これは台湾風のいわゆる”あんみつ”で、あまいしるこの中にもちもちのイモ団子やあずきなどがたっぷり入ったメジャーなスイーツ。ひとつ40元(約150円)。ホット(芋圓湯)とコールド(芋圓氷)が選べる。

↓これはホット。イモ団子はカラフルでもっちもち。
もちもち好きにはたまらん!

↓こちらはコールド。ベースは同じなのだけど、コールドの場合は最後にかき氷がごっそり乗る。


お店によってしるこの味などがちょっと違うから食べ比べてみよう。


■九份のわんにゃん

九份では犬猫によく出くわした。
   

そんな彼らは観光客に人気だ。


■夜の九フン
夜になるとたくさんの提灯が灯り、昼間とはまた違った独特の風景を楽しめる。



なんともメルヘンな夜の九分。
夜景を楽しみに訪れる観光客もたくさん。


↑この景色はレストラン「海悦楼景観茶坊」から。店内は意外とガラガラでした。

そんな九分のにぎわいも夜20ごろまで。20時を過ぎると店がどんどんしまって行き、昼間の喧騒がうそのように静かになります。
台北へ帰る最終バスも20時ごろまで。



人気のない静かな九分のノスタルジーな風景を楽しめるのは九分に泊まるからこそ。


九份マップ:”九份老街”と書いてあるところが中心部。


今回の旅はJALカードで貯めたマイレージ特典航空券でタダ旅でした。

台北の人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター[Expedia]

[HIS] 台北ツアー一覧








[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201501台湾”台北・九分”2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 14:49
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS