旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 猫の村!台湾”猴硐/ホウトン”レポート[台湾自由旅行レポ] | トップ | 台湾 犬の暮らし >>
カテゴリ 航空券やフライトについて
外国の航空券販売サイトebookers.comで航空券を購入したレポート

外国の航空券販売サイト「ebookers.com」で航空券を購入した実際のレポートです。
インターネットの発達で世界はボーダーレスになり、外国の会社からでも航空券を買えるようになったのは昔では考えられなかったことです。航空券の価格競争は国内のみならず世界を相手にしなければならない時代となったのです。
さて、ebookers.comはイギリスの会社です。サイトは現在英語表記のみ。そのため利用する日本人は多くはないと思いますが、旅人に人気の航空券比較サイトスカイスキャナーと提携しており、格安の航空券を出していることがよくあります。

関連リンク: スカイスキャナー

「ebookers.comってとこが格安なのだけど、外国のサイトみたいだし、よくわからなくて怖いな〜」
というのが、私の最初の感想です。
でもわからなくて怖いなら、よく調べて相手を知ればいいのです。知らない事にトライする、これも旅の一部、旅の楽しみ。
そこでちょっと検索してみると、実際に問題なく利用したという記録もいくつかみかけ怪しいサイトではないことは納得できました。

何事も経験!レッツトライ!

1)スカイスキャナーで検索
今回予約したいフライトは9月の連休のグアム行きデルタ航空の往復航空券。連休真っただ中なのでかなり高めの料金です。ここ数日、スカイスキャナーで価格動向を追っていたところ、今日になってがつーんと前日より4000円値下がって¥63,035になりました。そこでこのチャンスに確保してしまうことにしました。この最安値を出していたのがebookers.comです。他社*より約6000円安かった。
フライトを選択してそのまま予約手続きに進みます。

*メモφ(・_・”):JTBやイーナ、WASなど国内の会社が¥69170で出していました。これも前日までは出ていなくてこの日になって突然でた。よく知らない外国のサイトで買うリスクを考えると6000円くらいなら利用したことのあるなじみのところで買ったほうがリスクはひくいんじゃないか。。。という考えもよぎりました。しかしそれでは成長も発展もないと思い直した。

↓上から2番目のデルタ航空が狙い。最安値は大韓航空だがこれは避ける。



2)ebookers.comでの予約
まずフライトと料金の確認画面がでます。イギリスの会社なので料金はポンド表示です。スカイスキャナーではその日のレートで自動換算された円料金が表示されているようです。為替に注意しましょう。(参考:2015年2月現在1ポンド=約180円)
問題なければContinueをクリックして先に進みます。



3)情報入力
情報入力画面になります。
ここでひとつ。初めてebookers.comを利用する場合は先にアカウント登録をしたほうが便利です。登録すると次回の予約に使えるポイントも貯まるようです。Facebookアカウントで登録することも可能です。FBアカウントが使えるサービス、最近多い。


一番上にある「option: Add Travel Insurance」はキャンセル保険です。任意加入で、16ポンド(約2900円)で保険に入ればキャンセル時に払い戻しを受けられる保険です。
しかし規約を読むと「深刻な病気や事故の場合」とあるので、単純な都合によるキャンセルには対応していないようですので利用価値は高くないと思います。
(詳細は公式サイトのこちらInsurance types and conditions
入らない場合はNo Thank youを選びます。

次に搭乗者情報を入力します。名前、座席のリクエスト、電話番号と続きます。
次に性別と生年月日を入力します。これは搭乗に必要な情報と言うよりは、もし飛行機が落ちたなんて時に(縁起でもないですが)搭乗者を確認するためのセキュアフライト旅客データです。Redress numberは日本人は無視してOK。
その次にE-チケットであることの注意書きがあり、その次にマイレージ番号を入れる項目があります。ここは任意ですので持っていれば入れましょう。
次にフライトスペシャルリクエストで特別食(ベジタリアンとか宗教食とか)などを注文できます。これも特になければスルーでOKです。

Continue bookingをクリックして次に進みます。
ここでもう一度キャンセル保険加入を勧められますが無視でOK。この保険はebookers.comの重要な売上なのでしょうね。

ここまでは費用は一切発生しません。

4)支払い
最後が支払いです。クレジットカード情報入力画面になります。
ここで注意が必要なのは、
デビットカード以外の通常のクレジットカードでの決済は別途手数料(Payment fee)がかかるということです。
現時点(2015年2月)のPayment fee(手数料)は料金の1.5%、今回の場合は5.17ポンド(約1000円)です。
この手数料込でも他より安ければ買いです。

↓決済情報入力画面。対応カードはデビットとアメックス、マスター、VISAのみ。




住所と電話番号を入力します。すべてアルファベットです。
その下に各種規約*注意事項があるので、確認してチェックBOXにチェックを入れます。


*メモφ(・_・”):規約はすべて英語ですが、英語がわからなくても翻訳サイト等を活用してざっくりと理解しましょう。面倒なことにすべて大文字なのでそのままではうまく翻訳されないので“大文字→小文字コンバーター”というサイト等を活用して小文字に変換して翻訳するとましになります。そのチケットのキャンセルや変更時の条件は”fare rules and restrictions”に書いてあります。これ、重要ですよ。条件はチケットごとに異なります。
・チケットの変更やキャンセルに関する総合的な情報は公式サイトのBooking Terms and Conditions(予約条件)にも記載されています。
#ちなみに今回のチケットは”払い戻し可能”なチケットで、片道あたり10000円のチャージとebookers.comの手数料10ポンドを差し引いた額が返金対象です。これが提示されたこともebookers.comでの購入に踏み切った理由の一つです。このチケット規定はJTB等で買っても同じようでした(興味から、わざわざ確認してみた)。

Agree and book ボタンを押すと決済が始まります。


↑決済中の画面。なぜか日本語の広告が。アドセンスかな。


5)予約完了
決済が無事に済むと
Reservation confirmation(予約確認)
という表示がでます。
ebookers.comの予約番号
デルタ航空の予約番号 が記載されていました。
これはアカウント登録で登録したメールアドレスにも送信されます。



これで完了です!
この予約で3.45ポンドが貯まったようで次回の予約で使えるとか。

6)予約後
■ebookers.comで再確認
ebookers.comに自分のIDもしくは予約番号でログインすると予約の詳細を確認できます。
購入したチケットの規約も見れます。キャンセルや変更等の場合の連絡先(電話番号)も書いてあります。
#私の購入したチケットは「払い戻し可」という記載があるのですが、同時に「払い戻し不可」とも書いてあり、どちらが本当かわからなくなりました。うーん。
■デルタ航空のサイトで確認
ebookers.comより発行されたデルタ航空の予約番号でデルタ航空サイトにログインできるか確認したところ、問題なくログインでき情報が確認できました。一安心です。
ebookers.comでは座席は「通路側/窓側」しかリクエストできず、リクエストした通り窓側の席が既に指定されていました。しかし変更もできます。まだガラガラだったのでドアの前の席を確保しました。
セキュアフライト旅客データは名前だけが反映されていたので、生年月日等は再登録しました。
予約確認書はデルタ航空サイト側のものをプリントしたほうがより確実です。両方控えておくにこしたことはないですが。


■予約後こぼれ話
・ 予約後に画面に「30£キャッシュバック」という記載があり、進んでみるといろいろ入力項目があったので入れてみた。しかし住所が郵便番号から検索することでの入力しかできず、日本の郵便番号ではエラーが出た。イギリス在住の人だけのサービスなのかな。
・ 予約後、もう一度スカイスキャナーでチケット検索したらこの料金のチケットはなくなっていた。最後の一席だったようだ。JTBやWASの¥67170のチケットはまだあった。
・ 予約翌日、JTBやWASの¥67170のチケットもなくなっていて最安値は13万円のチケットしかなかった。ほんとにぎりぎりの確保だったようだ。

[心配なのはサポート] 例えば予約をキャンセルまたは変更したいとか、予約中にエラーになったとか、うまく予約できなかったとか、なんて時。英国のサイトなので日本語サポートは望めません。基本的なコンタクトはカスタマーサービスに電話のようなので、英語が苦手な人(私含め)には少しハードルが高い。

[考察] なぜ、安いのか?
安く買えるのはもちろん嬉しいが、なぜ安いのか?というのは気になるところ。
今回は他社より約6000円安かったが、決済クレジットカード手数料が1000円加算されたので他社との差額は5000円になった。それに他社にはない”キャンセル保険”なるものが約2900円で、もしこれを付けたら差額はさらに減り2100円だ。この保険加入を見込んでいるのだろうか。
もうひとつ考えられるのはデルタ航空がebookers.comを優遇して安いチケットを卸したのではないかということ。この料金のチケットは同日に複数の代理店に卸されたのは確実でebookers.com以外の代理店は料金横並びだった。
しかしこの価格のチケットが売り切れた今、改めて料金を確認すると、現時点では国内の旅行会社のほうが安く、ebookers.comのほうが高値を付けている逆転現象が起こっている。

例:私が予約したチケットと同じチケットの現在価格
イーナ:194,460円
ebookers.com:225,999円

価格の高騰っぷりもびっくりだが、ebookers.comのほうが3万円以上も高い。
つまり、安く売った分クラスの違うチケットを高値で売って帳尻をあわせているのかもしれない。しかし22万円でチケットを買う人がいるとも思えないが。。。


[メモφ(・_・”)] スカイスキャナーを通したほうが安い!?
試しにスカイスキャナーを通さないでebookers.com公式サイトにアクセスして検索をかけたら全く同じチケットがありました。しかし!スカイスキャナーを通した時と比較するとTaxes&fee/税・手数料が3.5ポンド(約640円)高くなっていました。スカイスキャナーを通すと価格競争にさらされるため割引があるのでしょうね。こういうことは予約サイトではよくあります。たとえばTripadviserを通すと割引があるとか。

↓比較した証拠SS。同じチケットなのに料金が異なる。



マイナーチャレンジですがこのレポートが旅好きなだれかのお役にたてば幸せです。
ボンボヤッジ!


[自動更新]海外ツアーセール商品!





[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 航空券やフライトについて | comments(2) | trackbacks(0) | 20:15
コメントComment
いくら@管理人 (2015/12/23 7:59 AM)
体験談をお寄せいただきありがとうございます。
災難でしたね。
キャンセルメールもないというのは気になります。予約完了確認メールはきたのですよね?


少なくとも私の場合はまったく問題なく飛行機に搭乗し旅をしてきました。サイトも使いやすい。
私はまた機会があれば利用します。


ebookersは悪質な会社です (2015/12/23 1:55 AM)
ebookersでチケット購入したけど、ある日確認したらチケットが勝手にキャンセルされてました。
しかもメールすら来てないから、人によっては空港に着いたのに予約されてなかったというのはありえます。
返金してくれるといったのにしてくれず当方のせいに一方的にされて返事もくれなくなり、相当もめました。
警察沙汰の一歩手前って感じです。
メールだけではなく、返金手続きには電話してこいと言われますし英語で詳細を話せるレベル以外手を出さないほうがいいですよ。
他の英語のあるレビューサイトでは★1の評価もらってる会社なんで安くてもおすすめしません





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS