旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 2015年05月21日のタビつぶ | トップ | 2015年05月23日のタビつぶ >>
カテゴリ 201505マレーシア・バリ島1人旅
世界遺産マラッカへのアクセスと楽しみ方レポート [エアアジアマレーシア他個人旅行8日間]
エアアジアを利用してマレーシアに飛び、世界遺産「マラッカ」の街へ行ってきました。




■マラッカへのアクセス
マラッカはクアラルンプールの空港からクアラルンプール市街がある方面とは反対方面へ車で約2時間の場所にあります。




空港から行く場合は、直通バスかタクシーで行くことになります。私たちはバスで向行くことにしました。
タクシーの場合はタクシーカウンターで定額クーポンを買ってから乗るのが安心です。

11時ごろに空港(KLAI)のバス乗り場に行きチケットを購入。窓口が5つあり、マラッカへ行くと言ったらあそこだ、と一番左の窓口を案内してくれました。1人28リンギット(約980円)。安い。
発券になんだか時間がかかりましたが、座席が指定席のためのようでシステムに確認をとっているようでした。座席番号が記載されたチケットを受け取りました。次のバスは11:45出発だと案内されました。バスの出発もこの場所です。




しばらく空港内をうろうろして時間をつぶしたりしてバスを待ちます。待合室にはローカルな食堂があり、お昼時と言うこともあり航空会社のスタッフさんなどが食事をしていました。
「ロティ食べていきなよ」
あはは。そう言われたものの、ホテルで朝ご飯を一杯食べてきてしまったのだ。スイーツなら食べたいのだけど。



何台かのバスを見送った後、ちょうど時間頃にマラッカ行きのバスが到着しました。
バスには既に何人かの乗客が乗っていたので、ここKLIAが始発ではないようです。KLIA2が始発なのかな?
荷物はバスの下の荷物庫に入れて乗り込みます。乗車すると、私たちの指定席に男の人が一人座っていました。あらら。

「すいません、ここ私たちの席ですよ」
そういってチケットを見せるとその男性はさっと席を移動していきました。
「イタリアの電車みたいに強引に居座られたりしないでよかったね〜」

なんて国民性を考えたりしながら、バスはすぐに出発しました。

バスの内装は、だいぶ古いけれど妙にゴージャスでシートは広々として快適でした。


移りゆく車窓風景を楽しむのも最初のうちだけ、2時間は短いようで長くていつのまにかうとうと。寝てしまえばあっという間で気がつけばマラッカに到着していました。時間は14時ごろ。バスが到着したのはマラッカ中心部の繁華街。


「ここはどこだろう?」

目の前には大型ショッピングモール、少し先にマラッカタワーが見えたので現在地はすぐにわかりました。荷物を転がし街を散策しながら徒歩でホテルに向かいました。
マラッカは思っていたより都会です。近代的なビルやショッピングモールが立ち並び、道や植栽はきれいに整備され、車や人の通りもたくさんいてにぎやか!

しっかしあまりに暑いので、ショッピングモールに突入しました。すずし〜♪
お店がいっぱい並んでいます。そして発見したのはフードコート!
「なんかアジアンスイーツ食べたい(≧▼≦)」
そんないくらの欲望にオット君も付き合ってくれて、いくつかお店を見て回った後に入ったのは、マンゴースイーツが売りのカフェ「許留山 HUI LAU SHAN」。
なんじゃこりゃけしからん!



あれもこれもおいしそう!ということで注文したのはあれもこれもが盛り合わせになったマンゴーデザートプレート♪むふふ。



しあわせすぎる。

ちなみにオット君が注文したのはメニューにあったこの謎のスイーツ「Barley Fusion 5.9RM」。




写真まんまのデザートが運ばれてきました。どーん。



この中に入ってる白い丸いの、なに??



丸ごとゆでたまごでした。

「ゆでたまご??!!スイーツに?」

なんとも、斬新。味は、ええ、まんまゆでたまごです。
スープがあまいお汁粉みたいな感じで。

とにかく、新鮮。

さて、なんかスイーツにえらい枠をさいてしまいました。

食べ終わってお会計をしてホテルに向けての散策を続けます。
ショッピングモールを抜け出た先には古い砦があり、観光の中心部。少し歩いた先にメインスポットのオランダ広場。



「マラッカきた〜!ってかんじだね」
たくさんの派手派手なトライショー(人力車)が広場を飾っていました。

ゆっくり見たいところですが、荷物があるので先にホテルを目指します。
ホテルまでは後ちょっと。橋を渡りにぎやかなジョンカーストリートを歩くこと10分ほどで今日のホテルに到着しました。


「ジョンカーブティックホテルマラッカ」




このホテルに決めた理由は、立地と価格と評判とローカル感。思った通りの素敵なホテルです♪
詳細レポートは別途アップします。


荷物を置いて少し休憩してから再び町歩きへ。

ホテルの前のジョンカー通りは観光の中心でありお店がたくさん立ち並びます。
ウィンドーショッピングしながら来た道を戻り、途中にあるレストランに入りました。ガイドブックにも載っている人気のレストランです。
ここで少し遅いランチ。


ラクサやテンペなどローカル料理を楽しみました。お値段も安い♪

再び町歩きへ。
先ほど通過したオランダ広場を経由して周囲を散策。

ショッピングモールを抜けて、向かったのはマラッカタワー。
高いタワーの上から町を一望しよう。
1人20リンギット(約700円)で水とスナックももらった。


マラッカの街はオレンジ色。



その後いったんホテルに戻って一休みした後、ホテルの目の前にあったローカルな食堂で夕ごはん。
安いし美味しいしスタッフは気さくだし
最高な夜。最良な1日。




次回につづく。
ボンボヤッジ!









[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201505マレーシア・バリ島1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 16:05
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS