旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
<< 2015年08月06日のタビつぶ | トップ | だから神様に感謝した >>
カテゴリ 201508転職旅行タイ・台湾1人旅
長い1日長い旅路の末
日本を出発して16時間、ずいぶん遠くまで来た。


クラビ空港に到着したのは定刻より少し遅れた14時頃。すっかり乗り物酔いしてしまいグロッキー状態での到着だった。機内でタイの入国書類を書いたのが災いしたか。
ヨロヨロと飛行機を降りてトイレに駆け込み少しスッキリ。ちなみにトイレで短パンに着替え靴下を脱いだ。後々その必要があるからだ。
そして入国審査へ。これがまた遅おそとして進まない。。30分くらい待って入国クリア。出口をでるとお迎えの人だかり。

ここがクラビか。

クラビ空港はだいぶコンパクトでシンプル。ここでしなければならないことは
1)タイのお金を手に入れ
2)SIMを手に入れる
3)街への移動を手配
両替所はすぐ目の前にあった。でも両替ではなくいつものごとく便利で安心のキャッシング。両替所にはATMもあったのでそこで15000バーツ(約45000円)ほど引き出す。ATMはタイ語と英語だったが操作は簡単、パスワード入力、引き出し金額選択(金額は指定できず規定の中から選ぶ事が殆ど)、レシート有無選択の3ステップ。
手に入れたバーツを持って次にSIM。先ほどの出口付近に2つの業者がSIMを屋台販売していた。そのうちの片方で契約。7日間で200バーツ(約700円)。安〜。
ルーターにセットまではしてくれたが、どうもiPhoneの接続がうまくいかない。業者さんもお手上げとのことだったので、仕方ない後で落ち着いてやることに。これであれこれしているうちに乗り物酔いは収まった。良かった。
次にカウンターでアオナン行きのバスチケットを買った。これが150バーツ。空港の外に待機していたバスに乗り込む。ホテルを聞かれ「ライレイ」と答えた。行きたいのはアオナンにあるライレイ行きボート乗り場だからだ。

バスはすぐに出発し20分くらい走ったところのクラビタウンに立ち寄り乗客を半分降ろし再び出発。そこからまた30分くらい走りやっとアオナンエリア。しかしボート乗り場付近では止まってくれずその次の停車場所で降りてだいぶ歩いて戻ることになった。
ボート乗り場はガイドブックに示されていたのですぐに分かった。そしてライレイ行きボートチケットもすんなり買えた。150バーツ。

ホッとした。

ここまで不確定要素がたくさんあり不安満タンだったのだ。
バスの停留所が不明であること、ボートの運行時間が限られているらしいこと、しかもボートは雨季は波が高いと運行しないこともあるらしいこと。ボートが出なければ予約してるホテルに到着できない。
少しリスキーなプランニングだった。
より確実にホテルに行けるようにホテルの公式サイトから有料送迎をリクエストするも、サイトの不具合のせいで申し込みフォームはことごとくエラー。お問い合わせから問い合わせるも華麗に無視。連絡は来ませんでした。ま、よくあることなんでこれくらいじゃめげませんけど。
やむなく、自力でバスとボートを乗り継いで行くほかありませんということになったのです。
だからボートのチケットを手に入れた時はどれほどホッとしたことか。

ボートは乗り合いのため8人集まらないと出発しない。でも運良くすぐに8人集まった。目の前のビーチから出発するのかと思ってたら、なぜかピックアップカー荷台に誘導された。ワイルドに移動です。
もう一つ運が良いことに、この時、雨もやんだのだ。バスに乗ってる時はザーザーだったのに。
5分くらい走ったところにボートの船着場があった。これまたワイルドなボートです。木製です。

ボートに乗り込み出発。ここでは老齢の裸足のおじさまが荷物運んでくれたりエスコートしてくれました。ありがとん!

アオナンからライレイまでボートで20分ほど。木製ボートで荒波を進む、これまたワイルドな旅路。このワクワク感っぱない。
降りる時もビーチでザブンとワイルドです。濡れずに行くのは不可能。空港で着替えたのはこの為。


そしてやっとこの旅最初の目的地、最初の宿に辿り着きました。
船でしか行くことができない、絶壁にかこまれた秘境"ライレイ"。そしてこのライレイウエストのオンザビーチにあるネイチャーなホテルSand sea resortサンドシーリゾート。



日本を深夜に出発し、クアラルンプールに数時間立ち寄り、クラビへ飛び、バスとピックアップカーとボートを乗り継いで来たこの旅路こそが私にとって旅なのだ。





[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。



| いくらプロフ | 201508転職旅行タイ・台湾1人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 10:27
コメントComment





▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS