旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS
New最新レポート
<< エアアジアでバリ島1泊3日弾丸トラベルへ | トップ | [バリ島1泊3日]旅の準備あれこれ >>
カテゴリ マイレージとクレジットカード
空港ラウンジの基本とプライオリティパス〜お得に利用しよう

今回は「空港ラウンジ」のお話。

空港には快適に時間をつぶせる「空港ラウンジ」がいくつかあります。くつろげるソファがあり、無料のドリンクバーがあったり、食事が無料だったり・・・一般待合室とはきっぱりすみ分けされ、なんだかVIPな雰囲気を醸していたりして

「ああ、きっとビジネスクラスを利用するようなセレブな人が利用しているんだろうな・・・」

なんて思ってました、昔の私。庶民の自分とは無縁だと。

しかし、今はそんなラウンジをめちゃくちゃ活用しています。実は手ごろに利用する方法があります。

 

▼羽田空港国際線ターミナルの空港ラウンジ。新しくモダンで高級感あるラウンジです。ドリンク無料。

 

空港ラウンジにもいくつか種類があります。

1.先述のようにビジネスクラス以上の利用客のために設けられた航空会社のVIPラウンジ

2.ゴールドクラス以上のクレジットカードを持っていれば利用できるラウンジ

3.お金を払えばだれでも使える有料ラウンジ(相場として1回一人2000〜3000円)

4.”プライオリティパス”を持っていれば利用できるラウンジ

 

1〜4は空港によっては別々のとこもあれば、同じラウンジを共有しているとこもあります。

2は日本のゴールドカードの場合、基本的に国内の空港が主で海外の空港ラウンジはあまりカバーされていない場合がほとんどです(ハワイと韓国だけとかそんなかんじ)。ダイナースカードなどステータスカードだと多くの海外ラウンジをカバーしています。

3は海外の空港でたまに見かけます。

4は今回詳しく説明させていただきます。

「プライオリティパス」は有料で会員制をとっており、会員になればカードが発行されて国内海外の空港ラウンジを利用することができるサービスです。お金を払えば誰でも入会できます。会員種別が3つあります。

・スタンダード:年会費99ドル・・・ラウンジ利用費27ドルが毎回別途かかります。

・スタンダードプラス:年会費249ドル・・・ラウンジ利用費が10回分まで込まれています。

・プレステージ:年会費399ドル・・・ラウンジを何度でも毎回無料で無制限で利用できます。

入会はプライオリティパス公式サイトから申し込みます。

【PriorityPass】世界中130ヶ国、500都市、1,000か所以上の空港ラウンジを

なんか25周年記念とかで今(2017年7月)なら年会費25%オフやってるようです。99ドルが74ドルだって!

 

↓プライオリティパス入会案内とプライオリティパス(カード)

 

ところでこのプライオリティパスですがなんと無料で入会できる方法がいくつかあります。

ひとつはアメリカンエクスプレスカードゴールド

アメリカンエクスプレスカードゴールドを持つと、プライオリティパススタンダードプラン(99ドル)が無料でつけることができるのです。しかも年3回まで都度利用料(27US$)が無料です。つまり合計2万円くらいの価値があります。

…しかしながらアメックス自体のカード年会費はかかります(29000円)。アメックスには他にも年会費の元が軽くとれちゃうサービスがあるので検討してみるのも手です。

アメックスゴールド

 

もう一つ別の方法があります。

セゾンゴールドアメリカンエクスプレスカードです。

こちらの場合はプライオリティパスのプレステージプラン(利用し放題プラン399ドル)が特価の10,000円ほどでつけられるのです。またセゾンゴールドアメックスカードはゴールドクラスの中では年会費も比較的安く年10,000円です。

セゾンゴールド・アメリカン・エクスプレスカード

 

さらにもうひとつ。これが一番お得な手段です。それは

楽天プレミアムカードです。楽天プレミアムカードの場合は、プレステージプラン利用し放題プラン399ドル)を無料でつけることができます。つまり楽天プレミアムカードのカード年会費10000円のみで、世界中の空港ラウンジを利用し放題になります。コスパ的には最強です。

楽天プレミアムカード

*楽天ゴールドカードとは別物になるのでご注意あれ。

 

 

▼プライオリティパスで入れるUAEアブダビ空港のラウンジ。食事もお酒もすべて無料。シャワーもある。

↓魅力的なアラブの焼き菓子(左)と個室シャワールーム(右)

 

 

■空港ラウンジの活用方法

さてそんな空港ラウンジですが、利用価値はどれだけあるのでしょうか。

主なサービスはこちらです。

・飲み物(無料)

・食事(無料)ビュフェスタイルで食べ放題

・WiFi(無料)

・シャワールーム(無料)

・仮眠

・マッサージ(有料)

・パソコン(無料であるとこないとこ)

・ホテルサービス

バックパッカーのような旅をしていた私(今もですが)の場合、とにかく便利だなって思うのはシャワーサービスです。夜出発便の場合、シャワーを浴びてから搭乗すればさっぱりして機内で眠れます。夜行便で到着した時にもシャワーがあればリフレッシュできます。

食事無料もやはりテンションがあがります。一食分浮くのだから節約にもなります。料理はラウンジによって異なりますが、サンドイッチやサラダ、パン、ご飯物、炒め物、スープ、焼き菓子、ケーキなどを楽しめます。
WiFiについては最近はどこの空港も無料WiFiがありますが、接続が遅い場合がほとんどなのでラウンジならサクサクつながるのがいいです。

ラウンジによっては簡易ホテルを併設しているところもあります。

 

↓クアラルンプールKLIA2の出発フロアにあるラウンジ。プライオリティパスで利用できる。

 

■ラウンジの場所

ラウンジは

(1)出入国審査を過ぎてからの出発フロアにある場合

(2)出入国審査前のフロアにある場合

のどちらかにあり、このどちらにあるのかで使い勝手が変わってきます。

(1)の場合、出発ぎりぎりまで利用することができるのでゆっくりできます。また乗り継ぎ便を待つ時などにも利用できるので、あればかなり重宝します。

(2)の場合は、出発時は出国審査が控えているのであまりゆっくり利用する時間はないかもしれません。空港にかなり早くついてしまった、なんて時には活用できます。また到着時の場合は入国した後に時間をつぶす必要がある場合などに重宝します。ただし「到着時は利用不可」のラウンジもあるので確認が必要です。

 

↓香港空港のラウンジ。出入国審査前のフロアにありプライオリティパスで利用できる。ホテルのロビーのようで高級感たっぷり。

 

空港ラウンジをうまく活用して旅の楽しみをワンランクあげてみてはいかがでしょうか。

 

関連リンク:

【PriorityPass】世界中130ヶ国、500都市、1,000か所以上の空港ラウンジを

 25周年記念とかで今(2017年7月)なら年会費25%オフやってるようです。99ドルが74ドル

楽天プレミアムカード

 カード年会費1万円だけでプライオリティパスプレステージプラン(399ドル)が無料で付帯  

 




______________________________
[海外レンタルWi-Fi特別割引] 海外レンタルWi-Fiのエクスモバイルさんと本ブログTravelMemoは特別提携しており、以下リンクより申し込むと宅配便送料650円が無料になります。ぜひご活用ください。
>エクスモバイル
*受取方法は「宅配」を選択ください。最後の申し込み確認画面で割引が確認できます(0円となっています)。

______________________________
| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | trackbacks(0) | 14:37
コメントComment





Facebookコメント
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
表示中の記事
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
トラックバック
いくらツイッター