旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
カテゴリ 旅メモ-ヨーロッパ
フランスボジョレーとワイン

「ボジョレーヌーボー解禁!」

毎年この時期に話題になりますね。
興味からいろいろ調べてみました。
11月15日が解禁日でそれ以前には売ってはいけないという決まりがあるそうです。ボジョレーヌーボーはフランスのボジョレー地方で生産されているワインです。とりわけ高級だとかおいしいワインというものではなく、季節の風物詩的な扱いのようです。
「ボジョレーヌーボー」というワインがひとつあるのかと思っていたら、ボジョレーにもいくつか種類があるようです。
先日入ったファミリーレストランにあったボジョレーは輸入販売元が「アサヒビール」となっていたので
「もしやアサヒビールがボジョレーを買い占めて販売しているのか」
なんて思ったのですが、どうやらそれは勘違いで、コンビ二ファミリーマートで見かけたボジョレーは「サントリー」が出していましたし、セブンイレブンのボジョレーは「メルシャン」のものでした。それぞれボトル・ラベル・値段が異なります。
つまり、アルコール業界各社がそれぞれ、ボジョレー地方のワイン工場(農家?)と契約して輸入販売しているのでしょうね。

ボジョレーヌーボーは輸出量の約半数が日本で売れているそうです。ワインを飲む習慣などない日本でなぜここまでフィーバーしているのか、不思議ですね。でも毎年ニュースで取り上げられ、酒屋のみならずコンビ二までも巻き込んでの大々的な販売促進(そういえばビックカメラでも売っていました)、そして「解禁!」というなんだかいかにもみんなが待ちに待っていたかのごとくの売り文句ですっかり季節のイベントとしてインプットさせられているのかもしれませんね。販促には広告代理店なんかも絡んでいることでしょう。

ところで近年のユーロ高で欧州からの輸入品はだいぶ割高になっています。(今日の為替は1ユーロ=160円)
私が5月にフランスを旅したときもユーロ高には泣かされました。当時のレートは1ユーロ=165円。
例えば駅の自動販売機のカップコーヒーが2ユーロ。円に直すと330円!
さらにご周知のように燃油の高騰。
ボジョレーも例にもれずで現地では1000円もしないものが日本では2000円〜3000円で売られています。
安いランクのものより高いもののほうが売れているそうです。季節モノだからフンパツするのかもしれませんね。

輸入と言えば、ボジョレーには「空輸便」と「船便」があるそうです。
「船便のほうがゆれが少なくのゆっくりと輸入されるからおいしい」
と教えてくれたのは私が昔アルバイトしていたレストランバーのバーテンAさん。本当かどうかはわかりませんが。

私もボジョレービジネスに踊らされてみますか。
とりあえず、この週末はボジョレーを買って、ワインにあうおつまみも用意してみようかな。
理屈はどうであれイベント事って生活に張りをだしますよね(^^)


ジョルジュ・デュブッフボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー[2007]
これがサントリー社のボジョレーです


【11/16以降お届け】ボジョレー・ヌーボー・ヴィラージュ 神の雫ラベル アルベール・ビショー... 
こちらはメルシャン社。なんか、マンガとコラボしているみたいですね。

▼ボジョレーの場所【フランス】
たぶんこのへん。グーグルマップAPIで作ってみました。・・・忙しい中なにやってんでしょ、私

| いくらプロフ | 旅メモ-ヨーロッパ | comments(2) | - | 22:26
カテゴリ 旅メモ-ヨーロッパ
リヴィエラナイトトレイン
南フランスのニースとイタリアのヴェネツィア/ローマ/ナポリを結ぶ国際夜行列車を「リヴィエラナイトトレイン」といいます。
「リヴィエラナイトトレイン」は愛称で、実際はEN(EuroNightユーロナイト=国際夜行列車)という種類に属しています。ですので時刻表などの表記は「EN」となっていると思います。
「リヴィエラナイトトレイン」はその名からも察するにイタリアの列車と思われます(リヴィエラはイタリアの海岸)
フランス国鉄サイトSNCFでは検索ができないようでした(先程試しました)
イタリアの国鉄サイトで時刻表検索できます。
▽イタリア国鉄サイトよりニース-ローマ間のEN検索(クリックで拡大)


国際列車の時刻表を調べるときはその列車がどの国の列車なのかに注意してその国の国鉄サイトで調べるとよいでしょう。
もしくは、おすすめはドイツ国鉄サイト「DB」です。DBはヨーロッパ全域の鉄道時刻表を網羅しています。さすが鉄道の国ドイツ。
▼ドイツ国鉄サイト「DB」にてニース-ローマ検索(クリックで拡大)
| いくらプロフ | 旅メモ-ヨーロッパ | comments(2) | - | 11:00
カテゴリ 旅メモ-ヨーロッパ
アルテシア解説
◎お問い合わせ参考記事:

イタリアとフランスを結ぶ国際列車「アルテシア」は愛称です
時刻表によってはアルテシアと表記されていなかったりするかもしれませんが
予約サイト「Voyages-sncf.com」では確認することができます。

画像の赤丸部分が「アルテシア」アイコンです。
ちなみに昼間走るのが「アルテシア」
夜行便を「アルテシアナイト」といいます

参考1 ミラノ→パリ(夜行便)クリックで拡大


参考2 パリ→ミラノ(昼間の便)クリックで拡大


参考3 ▼アルテシアの座席表示参考 クリックで拡大
「Coach 86 - Seat 51 Lower」
Coach 86 は 86番車両
Seat 51 Lower は
51番のシートのあるコンパートメントの
Lower =下のベットということになります。


参考4 通常時は椅子


参考5 椅子を倒すとベットになります

| いくらプロフ | 旅メモ-ヨーロッパ | comments(2) | - | 12:38
カテゴリ 旅メモ-ヨーロッパ
日本でもドイツ


会社帰りに立ち寄ったデパ地下で
ドイツフェアをやってました
ワールドカップの影響でしょうか

で、ドイツのいろんなものを売ってて
私がドイツですっかり気に入ったプレッツェルや美味しかったソーセージが売ってるんです

買っちゃいました

ドイツで買うより割高でしたが
日本で海外のものが買えちゃうのは
嬉しい半面
お手軽でありがたみにかけちゃいますね〜



*******************************
いくらの海外一人旅
世界冒険レポート>>>
元祖サイト版
海外一人旅マニュアル>>>
*******************************
| いくらプロフ | 旅メモ-ヨーロッパ | comments(0) | trackbacks(0) | 22:56
カテゴリ 旅メモ-ヨーロッパ
ヨーロッパの教会と宗教
ヨーロッパを旅しているとどんなに小さな田舎町でもたいてい教会があります。ガイドブックにもちょこっとしか載っていないような教会でもすごく立派な建物にびっくりします。
教会は自由に出入りできるし時にはミサをやっていたりパイプオルガンが聴けたりするので、異文化に触れるにはもってこいのスポット。教会めぐりは大好きです。
教会に一歩入ると信仰心のすごさを感じずにはいられません。
ゲントでたまたま日曜日のミサに参列し(ミサがあるとは知らずに見学するつもりで入ったら、教本?を渡されたが読めない…笑)後ろの席から様子を眺め
信仰心のある生活とはどんなものなんだろう
と考えをめぐらせました。

(写真はルクセンブルクのノートルダム)

世界でも珍しい「無宗教国家」の日本。
神社にお宮参りもすれば、教会で結婚式もあげるし、死ぬときは仏教(お寺)のお世話になる。
日本のこの文化(?)は海外でも知られていて不思議がられているようです。インドネシア旅行の時、イスラム教徒のツアーガイドさんにも言われました。

なぜ宗教は必要なのだろう。
宗教はどんな役割を果たしているのだろう。

そんなおり、こんな本を古本屋で見つけて興味から買ってみました。
日本人にはピンときませんが、宗教と政治は密接な関係にあるんですね

宗教世界地図
宗教世界地図
石川 純一
内容(「BOOK」データベースより)
混沌の世界情勢を解く鍵は宗教にある―。旧ユーゴで紛争が再燃する可能性は?イスラム原理主義が台頭する理由は?東南アジアで最大の宗教とは?冷戦の終焉とともに明らかになった宗教の底力を、百戦錬磨の通信社記者が読み解く。日本人には理解できなかった国際政治の現実を、地図を使って簡潔に説明する。

*******************************
いくらの海外一人旅
世界冒険レポート>>>
元祖サイト版
海外一人旅マニュアル>>>
*******************************
| いくらプロフ | 旅メモ-ヨーロッパ | comments(2) | trackbacks(0) | 18:33
カテゴリ 旅メモ-ヨーロッパ
ヨーロッパの教会

(写真はバチカンの教会)
ヨーロッパには教会が数多くあります。
私(日本人の大多数)は「無宗教」ですが、それでも荘厳な教会に一歩足を踏み入れると、信教心の凄さを感じずにはいられません。


ほとんど教会は自由に出入りできます。
時には集会をしていたり、葬儀をしていたり、パイプオルガンの練習をしていたりする場面にも出くわします。
あくまで信者の祈りの場所なので、見学するときはマナーよく、むやみに騒いだりしないようにしましょう。
| いくらプロフ | 旅メモ-ヨーロッパ | comments(0) | trackbacks(0) | 01:16
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS