旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
カテゴリ マイレージとクレジットカード
デルタ航空スカイマイルと提携便の事後加算
2012/11/19更新
現在、提携便の事後加算の方法がアップデートされております。詳細はデルタ公式サイトの
こちらのページ右サイド一番下に記載されています。 基本はアトランタ営業所への郵送かFAXです
以下引用:
航空券/航空券の領収証および搭乗券のコピーを下記までご送付ください:
・Fax :404-773-1945
・郵便: Delta Air Lines, Inc. スカイマイル会員口座サポート Dept. 654 P.O. Box 20532 Atlanta, GA 30320-2532

送付する場合、「スカイマイル会員番号」と直筆サインも書き添えましょう。


日本でのスカイマイルに関する問い合わせはメールと電話の情報のみ公開されています。詳細は公式サイトのこちらのページをご参照ください。
 
以下は古い情報になりますので参考程度にご覧ください。以前は日本の営業所への郵送もOKでしたが、現在この住所は公式サイト上では削除されておりますのでここでも削除しました。
いずれにしても、めんどくさいのは確かです(´_`)もうちょっとスムーズにしてほしいデスネ。めんどくさいのでなるべく加算を忘れないようにしましょう。

世界3大アライアンス「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」。大手航空会社のほとんどがこれらのいずれかに加盟しています。日本人になじみ深いのがJALが加盟しているワンワールドとANAが加盟しているスターアライアンス。スカイチームは日本の航空会社が参加していないのでマイレージをどこに加算するかは迷うところですが、人気が高いのが「デルタ航空」です。その一番の理由は「マイレージに有効期限がない」こと。これは大きなメリットです。

ということで、私もスカイチーム系のフライトを利用した時はデルタ航空のスカイマイルに貯めています。先日利用したアリタリア航空はスカイチーム。行きの便はちゃんと加算手続きをしたのですが帰りの便のときはバタバタしていたためうっかりカードを出すのを忘れてしまいました。オンラインでマイルを確認したらやっぱり帰りの分は加算されていません。
マイルの加算は空港でチェックインするときにマイレージカードを提出して手続きをしてもらうのが基本。
「行きに一度加算手続きしたのだから帰りは自動で加算されればいいのに・・・」
ちょっと面倒だなぁなんて思いつつ、「事後加算手続き」をすることにしました。加算を忘れたマイレージは一定期間内なら後から加算することが可能です。

●デルタ航空スカイマイルの事後加算申請
利用したフライトがデルタ航空の自社便であれば事後加算はオンラインで簡単に手続きができますが、今回のようにアリタリアなど提携会社の場合はそれができません。
デルタ航空の公式サイトには「マイルの事後加算申請ページ」がありますが、これはデルタ航空の自社便の場合のみで、提携会社の場合は、航空券の領収書・搭乗券半券のコピーをデルタ航空に送る必要があります。その注意書きは小さく書いてあるだけなのでちょっと分かりずらい。送る方法は郵送またはFAXで、注意書きにはデルタ航空のアトランタ(米国)の住所とFAX番号が書いてあります。

提携航空会社
デルタ航空の提携航空会社につきましては、航空券/航空券の領収証および搭乗券のコピーを下記までご送付ください:
Delta Air Lines, Inc.
スカイマイル会員口座サポート
Dept. 654
P.O. Box 20532
Atlanta, GA 30320-2532
または Fax :404-773-1945

「えーっアトランタに送らなきゃいけないの?!」
実はこれ、英語サイトを単純に翻訳したままの記載になっているので送り先がアトランタになっているのですが、実際は日本国内のデルタ航空支店宛てで問題ありません
*ちなみに私は以前それを知らずにアトランタに郵送してしまいましたが、マイレージはちゃんと加算されました。

※送付する場合、「スカイマイル会員番号」と直筆サインも書き添えましょう。

追記:エアメールはさほど難しくないのでこちらのほうが確実かと思います。費用も数百円です。

日本のデルタ航空支店:Delta Air Lines, Inc.
追記:住所は公式サイトでアップデートされたので削除しました

関連リンク:
デルタ航空公式サイトより
・マイルの事後加算申請ページ1
・マイルの事後加算申請ページ2
なぜか2つ異なるページがありました。1のほうが古いようですが現役のようです。
・スカイマイルのお問合せ先一覧(国別)

余談:
成田空港〜ローマのマイル数は片道6170マイルでした。(100%加算)往復で12340マイル。
それにローマ〜ヴェネチアが約260マイル、ミラノ〜ローマが約300マイル追加されます。

今回のマイル加算でデルタスカイマイルの合計が30000マイル超になりました。これは日本からアジア北部(韓国、中国、香港、台湾、ミクロネシア、フィリピン)をなんとか往復できるマイル数です。デルタの特典航空券は同じ行先でも出発日により必要マイルが異なるのですが、最低25000マイル(韓国だけ例外で最低15000マイル〜)あれば特典航空券に届きます(2012年5月現在)グアムとかパラオも行けるのは嬉しいね。特典航空券を希望の時期に取るのは簡単ではないですが、「無料で飛べる権利」を保持しているというのはなんとも嬉しいものです。
デルタスカイマイルは作っておいて損はないので、今回オット君の分もカードを作ってマイルを貯めはじめました。


| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | trackbacks(0) | 21:58
カテゴリ マイレージとクレジットカード
JALカードの切替え発行に踏み切る話
私がJALマイラーを始めたのは2年ほど前。無料のJMBカードから、年会費がかかるクレジットカードJALカードに切り替えて、カード払いをJALカードに集約してマイルをせっせと貯めてきました。
その甲斐あって1年半ほどで沖縄往復航空券をいただき、おいしい思いをさせてもらい、どんどんとJALの戦略にはまっているところでございます。
ところでJALカードもいろいろありますが、私が選んだのは「JALカードSuica」です。(写真)

普段通勤でもプライベートでも電車はよく利用するので、そういったちまちまと使用している交通費でポイントが貯められてマイルに交換できるのがとても効率的だったからです。Suicaオートチャージ設定にして、細かな支払いはすべてSuica電子マネーで支払い、ライフスタイルも少し変えました。それまでなんだかよくわからなくて使っていなかった電子マネーが、思いのほか便利なことに目覚めたのはこのため。どこのコンビニももうスイカに対応しているし不便はありません。

しかし。ひとつだけ大きな問題点がありました。
このJALカードSuicaの提携ブランドがJCBだということ。

JCBっていうのは日本にいる限りはなんの問題もありませんが、一歩海外に出るとほんとに使えないんです。
例えば、一昨年。シンガポール航空のPEX航空券を公式サイトからJCBで買うことができませんでした。仕方なくサブの住友Visaカードで購入。もしJALカードSuicaで買えたらかなりのポイントが貯まったのにと悔しい思いをしました(T_T)。
それ以外にも、ホテルとかオプショナルツアーとかアムトラックとかフェリーとか・・・使えなかったところをあげればきりがありません。(もちろん使えるところもありましたが)
とどめは昨年入学したスクールの入学金。これまたJALカードSuicaで支払いをお願いしたところ
「すいません、JCBは対応していないんですよ〜」
Σ( ̄■ ̄|||)日本国内でもデスカ。

ところで、私がJALカードSuicaを作った後に、ライバルANAが似たようなSuicaクレジットカードをなんとVISA提携で出してきました。
こちら ANA VISA Suicaカード
もうちょっと早く出してくれていれば。。。orz
いまさらANAに切り替えるのも得策ではなく。
このことについて常々何かよい作戦はないかなと考え続けていたのですが、つい先日もう一ついいプランが存在することに気が付きました。
そもそも私が頻繁に使っているのはJR(スイカ)よりも私鉄(パスモ)。しかも通勤定期は都営線(パスモ)。
パスモでもスイカのようなオートチャージのきくクレジットカードはないのかのぅ?と探したところ
あるではないですか。
しかもJALカードに。
しかもしかもVISA提携で。

それはJALカードTOP&ClubQ
TOP&ClubQは交通系の東急のカードでパスモのオートチャージに対応しています。で、もちろんJALマイルと交換可能。

もう、これしかないと。
なぜ最初にこちらを選ばなかったのかと無知をちょっと後悔。調べてみると、JALマイラーにはトップ人気のカードのようでした。
ということで、さっそくJALカードをSuicaからTOP&ClubQに切り替えようとしたところ、この場合は切り替えることはできず追加発行という形になってしまうらしい。
でも貯まったマイルは移行できるので、ちょっと面倒だけれど
1 JALカードTOP&ClubQを発行
2 JALカードSuicaに貯まっているViewサンクスポイントをマイルに交換(4月にならないとできない)
3 JALカードSuicaを解約
4 JALカードTOP&ClubQをメインカードとして利用していく
というステップを踏むことにします。
ネックだったJCBではなくなるので、これを機会にワンランク上のJAL TOP&ClubQ Clab Aカード切り替えもおいおい検討です。

関連リンク:
年がら年中入会キャンペーンやってます。
JALカード(Suica/TOP&ClubQ)
ANA VISA Suicaカード
これから作るのならANAをおすすめ。
| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | trackbacks(0) | 12:30
カテゴリ マイレージとクレジットカード
特典航空券にむけて
 これまで飛行機のマイレージに無頓着で、気がつけば「いろんな航空会社に中途半端にマイレージが貯まっていた」というもったいない事態に陥っている、というお話はちょっと前にしました。(詳しくはこちら
マイレージってなんだかいろいろ複雑でメンドクサソウというのが正直なところだったのですが、心機一転、最近はマイレージ獲得=特典航空券獲得に注力しております。
日本人ならANA(スターアライアンス)かJAL(ワンワールド)のどっちかを選ぶのが無難ということを勉強し、ANAよりJALびいきな私はJALカードでマイレージを貯めています。
メインクレジットカードとして利用して、航空券の購入はもちろん、普段の買い物もカードが使える場合はすべてJALカードを利用。この1年で10000マイルほど貯まりました。
あと1000マイルでオフシーズンの沖縄往復航空券に届きます。
そう、目指すは無料で沖縄!
昨年秋ごろ、沖縄旅行を予約した後やむをえない事情でキャンセルしキャンセル料を払ったイタイ経験があり、いつかリベンジしたいと思っていたのです。

あと1000ポイントは、他のポイントサービスとの交換作戦。
例えば、有名なYahooのポイントがJALマイルに交換できるのです。
・・・が、しかし、あまりYahooショッピングとか利用しないのでほとんどポイントを持っていません。
だめじゃん(・ω・`)
でも!私が時々利用している、海外ホテル予約アップルワールドで貯まったポイントがYahooポイントに移行できるようになったのを利用しました。
アップルワールドに2700ポイントあったので、まずはそれをYahooポイントに移行(等価交換)。それを次にJalマイルに移行すると交換比率は1/2なので、1350マイルです。
目標の1000マイル以上ゲット!

しかし、ポイント交換には2〜3週間というちょっと長い期間を要するようです。
しばし待ちま〜す(´ー`)ノ

すべての支払いをJALカードに集約すれば、1年に1度の無料沖縄は難しくはなさそうです。

関連リンク:
JALカード
アップルワールド
Yahooポイント
| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | - | 22:38
カテゴリ マイレージとクレジットカード
旅のクレジットカード
海外旅行にクレジットカードは必需品。
海外での支払いやキャッシングができることに加え、身分証明書やデポジットの代わりとしても使えます。
できれば2〜3枚のクレジットカードを持っていくのが理想です。
同じ店でもカードによって認識しなかったりすることがあるからです。
また、カードを分散して携帯することで、いざお財布を盗まれた時などに、別の場所で保管しておいたカードがあればとりあえずキャッシングでしのぐことができます。
#盗まれたカードの再発行にはすごい時間がかかるものがあります。

大学時代から旅を始めて今までいろいろなカードを作ってきましたが、
不要なものは解約したり、使ってみていまいちなものは乗り換えたりしてきました。
ここ数年は三井住友のVISAカードに落ち着いて、これをメインカードとして国内外で利用しています。三井住友に銀行口座も持っていてキャッシュカードと一体型なのでお財布がかさばらず便利だったというのが理由です。ポイントもこのカードで集中してためて年に1度くらいのペースで5000円の商品券に交換しています。

それに加えて最近、新しくカードを作りました。
作ったのはJALカードです。
マイレージを貯めることに目覚めた
・・・訳ではなく、一番の理由はJALビューカードがスイカと連動していたから。これ、便利です。
毎月の家計簿を見返すとだいたい毎月5000円くらいはスイカにチャージしていることが分かりました。チャージがなくなるごとに1000円単位で入金していたのですが、JALビューカードにしてからはオートチャージが使えるようになり入金の手間がはぶけて楽ちん。履歴もあとからチェックできて便利!そしてなんといってもポイントがたまるメリットもあっていいことずくめ。

とはいえ、カードを作った直後にJAL社が大変なことになってしまい、微妙な状況ですが、マイレージポイントなどは問題なく継続される模様。ま、おおきな会社なので大丈夫でしょう、と楽観しております。

トラベラーとしては、航空会社系のカードは、らしい感じがして気に入っております。
| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | - | 20:16
カテゴリ マイレージとクレジットカード
マイレージプログラム

シンガポールに行くのにノースウェストを利用したことに乗じてマイレージプログラムに加入しました。ノースウェストのマイレージプログラム「ワールドパークス」。
シンガポール往復で約6000マイルが貯まりました。無料海外航空券は15000マイルから交換できます。
シンガポールならあと一往復半しなくては…。

マイレージってなかなか貯めるのは大変で。
数年前に大韓航空のマイレージに加入していたのだけど、年に一度海外へいくくらいではなかなか貯められないし、毎回最安値の航空券を狙うのでずっと同じ航空会社を使うわけでもなく。
一昨年利用したキャセイのマイレージプログラム「アジアマイル」にも加入したのだけど、これも貯まらず。
JALウェイズを利用した際にJALマイレージプログラム(JALカード)にも加入してます。スターアライアンスはあまり利用することのなさそうな会社ばかりではありますが、いつどの航空会社を使うかわからないのでもっていて損はないかなと。

でも私はあまりマイレージプログラムは気にしていなかったりします。




| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | - | 23:29
カテゴリ マイレージとクレジットカード
旅の必需品クレジットカード
● 旅の必需品クレジットカード
両替の心配が必要ないクレジットカードは大変便利です。また、アメリカやヨーロッパ等は日本よりずっとカード社会ですので、カードを持っているか否かでその人の信用度をはかります。つまり、クレジットカードを持っていないと信用されないことがあるのです。
旅にはクレジットカードは複数(できれば3枚)持つことをお勧めします。そして必ず分散して携帯しましょう。私はイタリアで財布をすられたとき、クレジットカードを1枚スーツケースに入れておいたので大変助かりました(キャッシングで当面 の費用をまかなった)
クレジットブランドは数社ありますが定番の「VISA」「Master」 のいずれかなら問題ないでしょう。「アメリカンエキスプレス」なら世界共通 で信頼されていますが年会費が少々かかります。「JCB」は使えない国もありますが定番の観光地やアジア方面 ならほぼカバーしているようです。
「VISA」「Master」 「JCB」が付いているクレジットカードもかなりの種類がありますので日常生活で良く使うカード(例えば口座を持つ銀行のキャッシュカードなど)に付帯すると後々も便利ですね
クレジットカードの発行には日数がかかりますので、旅行が決まったら早めの申し込みが必要です。

参考リンク:
三井住友VISAカード
JALカード
DCカード
楽天カード


| いくらプロフ | マイレージとクレジットカード | comments(0) | - | 19:45
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS