旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
旅と写真撮影と一眼レフ
以前のエントリー 「初めてのデジタル一眼レフLumix G3」に書いたように、人生初のミラーレス一眼レフLUMIX G3を購入して1年がたちました。
正直、それまでのコンデジよりずっと大きく重く、荷物としてもかさばるし機動性には欠けるし・・・などなど、デメリットはいくらでも浮かぶし、購入に踏み切る前もそこを心配していました。
でも実際に1年使ってみて、今では旅にG3は欠かせないアイテムとなりました。
写真の質うんぬんの問題だけでなく、メリットだと思っている点は以下。
・ファインダーがある
コンデジではモニターで確認しての撮影が基本だけど、G3はモニター/ファインダーを使い分けられ主にファインダーで撮影している。そのほうがバッテリーがもつし、明るいところでの撮影はファインダーのほうがよく見える。
・「可動式モニター」
G3購入の決め手になったモニターが動かせる機能。旅先で、猫や犬などのローアングル撮影や部屋でのハイアングル撮影に活躍!
*これはG3特有であってすべてのデジイチにあるわけではない。
・動画を撮影しながら写真も撮れる。
コンデジでは動画を撮影している間、写真は取れないのでどちらかになる。けれどG3では動画撮影中にシャッターを押せば写真も同時に撮ることができる。(コンデジでもそれができるものは今ではあるみたい?)
・旅先で”撮らせてください”が言いやすくなった
気分の問題なんだけど。「撮らせてください」と言って取り出すのがコンデジやアイフォンっていうのはちょっと気後れする。一眼レフなら”ああこの人は写真が趣味な人なんだな”って思ってもらえる(であろう)
・どんなカメラでも扱える知識がちょっとついた
旅先で「すいませーん、ちょっと撮ってもらえますか?」といってカメラを渡されたときに発揮。一眼レフをもってカメラを勉強したことによる副産物。
・一眼レフを所持している満足感
使いこなせているかどうかは別として。写真撮影に対する情熱が必然的にアップする。

これらメリットが「重い、かさばる」などのデメリットを凌駕しているので、もうコンデジに戻ることはできません。
とはいっても今まで使っていたコンデジもサブ機としてG3と一緒に携帯しています。G3を振り回せない狭い機内での撮影や、水中撮影(防水パック利用)、G3の電池がうっかり切れた時のつなぎ撮影などなど今でも活躍してくれています。


ところで。
「写真撮影が趣味か?」
と聞かれたら、答えはNO。
デジカメを何台も買い替え、一眼レフに行き着き、バックには常にカメラが入っているし、アイフォンのカメラロールだって常に満タン。一度旅に出れば千枚単位で撮影するけど、写真撮影は私にとって趣味ではない。
では何かといえば「素材を作り出す手段」なんだよね。
写真が趣味だという人は「素晴らしい一枚」を撮るのが目的だ。いいものが撮れれば、そこがゴール(それが難しいのだけど)。
で も私は「撮影した写真を素材としそれでコンテンツを生み出す」のが今では一番の趣味でありワイフラークだ。もちろん、カメラや写真撮影は大好きだ。いい写 真が撮れればそれは純粋に嬉しい。でもそれ以上に、撮影した写真を利用して別の何か、例えばWEBサイトであったり、アルバムであったり、部屋のポスターであったり、それらを作り上げるのはもっと好きなんだよね。(→こういうページなど)

ちなみに現在LUMIX G3は生産終了していて、後継機のG5が出ています(^^)b
ボディカラーは3色(白・黒・シルバー)あり、それぞれ「ボディ単体」「Xレンズセット」「Wズームレンズキット」がある。
初心者にはWズームレンズキット(レンズが2つセットになってる)がお勧め。

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 14:49
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
歴代カメラ2013
以前の記事「初めてのデジタル一眼レフLumix G3」にあるように、G3を買って1年がたちました。 「旅と一眼レフについて」は別途書くとして、その前に今回は歴代カメラについて勝手になつかしみながら振り返るコーナーです。

■パナソニックLUMIX G3
2012年3月〜現在
人生初のデジタルミラーレス一眼レフ。それまで使っていたLUMIX FX60が、2011年ごろから写真に写りこみが派生するという問題が起こりました(その詳細はこちら)。保証期間内だったので修理に出してCCD交換で1度は改善したものの、すぐに同じことが起こりました。
コンデジは5台も使い続けてきたのでそろそろ卒業して、かねてから興味あるデジイチにチャレンジしようと思って買ったのがこのG3。さんざん迷って結局またLUMIX。
LUMIX FX60はサブ機として併用。

■パナソニックLUMIX FX60
2009年12月〜
一度はリコーに浮気してR10を買ったものの、どうも操作感などが合わなくて手放し(R10はオークションで買った値段より高く売れてびっくり)。しばらく悩んだ末にLUMIX FX60に決めました。LUMIXはこれで3台目ですが使い慣れていて楽であること、安心できること、そしておまけのミニ三脚に惹かれてしまいました。
LUMIX FX07もボタンが不便ながらも使えるのでしばらく併用。

■RICOH R10 リコー R10 ブラウン
2009年2月〜2009年11月

初リコー。最初は今まで同様パナソニックのルミックスシリーズで検討していたのですが、狙っていたFX37は今までとバッテリの型が異なるため流用はできないと知り、それならルミックスにこだわる理由もないなと幅広く検討しました。
R10に決めたのは、ランキング一位で口コミレビューの評判が良かったから、というミーハーな理由ですが、もちろん店舗に出向いて実機をじっくり見たうえで、機能、性能、デザインに納得した上でネットで購入しました。
カラーは三色あって、ぎりぎりまで黒かブラウンかで迷いましたが、黒だと個性がないのでブラウンに。結果、大正解♪気に入った♪

■パナソニック LUMIX FX07(シャンパンゴールド)
2006年12月〜2009年2月
Panasonic デジタルカメラ LUMIX FX07
Panasonic デジタルカメラ LUMIX FX07
LUMIX DMC-FX8と比べると、723万画素で広角28mmレンズになったのが特徴。購入して半年後の旅行時にアスファルトの上で落として一回壊してしまい、修理してなんとか復活。その後は問題なく使用しておりました。
ところがボタンがひとつ操作不能になってしまいました。タイマーと左送りのボタンで、操作不能でもなんとか撮影は可能なのですが不便です。そこで買い替え。


■LUMIX DMC-FX8-P (ミスティピンク)
2005年8月〜2006年12月
デザインも素敵で色もかわいく大きさも機能性もGooDです!

PANASONIC DMC-FX8-P LUMIX  ミスティーピンク
PANASONIC DMC-FX8-P LUMIX ミスティーピンク


■オリンパス CAMEDIA
2002年〜2005年8月
LUMIX FX8の前に使っていたのがオリンパス CAMEDIAです。

これは何かの懸賞であたったデジカメで人生初手にしたデジカメ。フィルムレス、撮影した画像の確認が可能などアナログとの違いに感動。200万画素。2002年〜2005年まで3年間活用。

■ミノルタ
2000年〜2002年
ここから以前はアナログカメラです。CAMEDIAの前に使用していたのがミノルタ。

2000年の卒業旅行の時、ドイツのミュンヘンで購入。当時駅で手持ちのカメラを落として壊してしまいあわてて購入した経緯があります(199DM/約14.000円痛い出費だった)カメラショップを探して町を彷徨った思いでは忘れません。説明書が4か国語で入っていたけどもちろん日本語はないので設定に苦戦しました。

■それ以外のカメラ

これも住宅メーカーさんの懸賞で当たった「チェキ(ポラロイドカメラ)」です。
大きいしフィルムが安くないのであまり使わず少し遊んでお蔵入りです。


これはガム「キスミント」の懸賞で当たりました。ガムをいっぱい食べて応募してゲットしたのですが、使ってみると画質が良くないのでサブ機にも使えず結局ほとんど使わずお蔵入り。。。いつかヤフオクでさばこうかと・・・。

なぜかカメラの懸賞がよく当たるいくらです。



| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 12:49
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
手持ちのカメラで水中撮影ができるディカパックα
海でシュノーケルをする時、美しい海中や魚たちを撮影したい。でもあまりお金はかけたくない。いろいろ考えて私が利用しているのは「ディカパック アルファ (DiCAPacα)」。

2013年NEWパッケージモデル。デジタルカメラ専用防水ケース DiCAPac N WP-ONE [旧モデル WP-110/WP-310/WP-410 対応サイズを統合(NEWパッケージモデル)
これは、手持ちのコンパクトデジカメを水中カメラにできちゃうスグレモノ、カメラ専用防水ケースです。
私はデジカメLUMIX-FX60をこのディカパックαに入れて水中撮影をしています。

↓モデルいくら


パラオのビーチには魚やサンゴがたくさん!シャッターバシバシきりまくり。

▼ニモ発見☆


▼シマシマのお魚


▼浅瀬で偶然、決定的瞬間をとらえた☆
大口あけて一列で通り過ぎる魚たち



ところで、一般的に水中撮影をするにはいくつか方法があります。

1)正攻法なのが「防水デジタルカメラを買う」です。さまざまなものが各メーカーから市販されています。

▼防水機能ありのデジカメ一例
PENTAX 防水デジタルカメラ Optio WG-2GPS (シャイニーオレンジ) OPTIOWG-2GPSOR
PENTAX 防水デジタルカメラ Optio WG-2GPS (シャイニーオレンジ) OPTIOWG-2GPSOR

しかし水中撮影などごくまれにしか使わないのに、そのためにわざわざ防水デジカメを買うのもはばかられます。


2)次に一般的に知られているのが「使い捨て水中カメラ」です。
何よりも「安い」のがメリットで1000円台で買えちゃいます。
FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです New Water Proof (防水タイプ) 27枚撮り LF N-WP3 27SH 1
FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです New Water Proof (防水タイプ) 27枚撮り LF N-WP3 27SH 1

しかしこのデジタルの時代にいまさらアナログカメラ?というところでいまいちおススメできません。27枚しか撮れないのも、失敗が怖くてそうそうにシャッターを押せません。

3)もう一つの手段として「マリンケース」というものが、カメラごとに市販されています。カメラをこのケースに入れれば水中でも撮影可能というアイテムです。
▼マリンケース一例

Panasonic デジタルカメラオプション マリンケース DMW-MCFT3
Panasonic デジタルカメラオプション マリンケース DMW-MCFT3

カメラの種類によってあったりなかったりするのですが、あったとしてもとても高額なのがデメリット。カメラ一台買えちゃうくらいのお値段なんで、コアな水中撮影ファンでもない限りはちょっとお勧めできません。荷物としてもかさばるし、かなり深く潜るダイビングとか相当気合の入った撮影をしたいのでなければ必要ありません。


ということで、機能的にも値段的にもとっても便利なのが「ディカパックα」という結論。
お値段¥3000程度でマリンケース同様の撮影ができちゃう。 若干クセはありますが、しばらく使って慣れれば大丈夫。水漏れもなくここ3年、3-4回は使っていますが問題ありません。
さまざまなメーカーのカメラに対応したバージョンがあるので、お手持ちのカメラに合ったものを購入してくださいね。詳細な対応表はこちら(公式サイト)。ちなみに私が使っているのはWP-410です。値段は公式サイトで買うよりアマゾンのほうが安かった。

▼以下アマゾンにリンクしてます
WP-410
2013年NEWパッケージモデル。デジタルカメラ専用防水ケース DiCAPac N WP-ONE [旧モデル WP-110/WP-310/WP-410 対応サイズを統合(NEWパッケージモデル)
2013年NEWパッケージモデル。デジタルカメラ専用防水ケース DiCAPac N WP-ONE [旧モデル WP-110/WP-310/WP-410 対応サイズを統合(NEWパッケージモデル)

WP-510
大作商事 DiCAPacα デジタルカメラ専用防水ケース WP-510
大作商事 DiCAPacα デジタルカメラ専用防水ケース WP-510
WP-610
デジタルカメラ専用防水ケース ディカパック WP-610
デジタルカメラ専用防水ケース ディカパック WP-610


動画もばっちりです (^ - ≦)-★

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 12:53
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
一人旅の写真撮影「WILD ARMS Multi Pot」を活用
 以前のエントリー「アイフォンにも使える三脚WILDxARMSを買いました」でご紹介した、WILD ARMS Multi Pot。
日本トラストテクノロジー WILD ARMS Multi Pod ブラック&ホワイト WIARMUPOD WIARMUPOD
実際に旅で使ってきたのですが、
これは便利
「何コレ、どーやって使うの?」
って思うよね。
はい、こんな感じに使いました↓


植え込みの不安定な場所にもがっちり。
ピンク色のはアイフォン4です。ケースに入れたままでもホールド可能(ケースから抜いたほうが安定感はあるかも。ケースにもよる)

で、これで撮影した写真がこちら

場所:イスタンブールトプカプ宮殿

今回、このオリジナルSINGLE TRAVELLERトレーナーを着て「海外のあっちこっちで写真を撮る」というのも実は影のミッションでした。ミッションポッシブル!

はたから見ると、
「ちょっと変な日本人がいるー」
とか思われているかもわかりませんが。
いいんです

誰になんと思われよーと、
「写真に自分を入れて、そこにいた、という記録を残したい」
というシングルトラベラーさんにはおすすめです

ところで一人旅で写真を撮りたければ
「誰かそこら辺の人に撮影を頼む」っていうのが正攻法ですが、この場合、なかなか満足いく写真にならないじゃないですか。ぶれてたりとか、ちょっと写りや構図がいまいちだったりとか(すんごい多いです、この経験は)。だからって再撮影を何度も頼むなんてわけにもいかず。
だから、納得いくまで何度でも自分で撮れるコレはやはりマストです。


最初の写真ではアイフォンを装着してますが、普通のコンデジでも一眼レフでもセット可能です。
それから、アイフォンのデフォルトのカメラはタイマー機能がないのでタイマー機能のカメラアプリも必要です。無料アプリでもたくさんありまっせ。


関連リンク:
日本トラストテクノロジー WILD ARMS Multi Pod ブラック&ホワイト WIARMUPOD WIARMUPOD

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 00:03
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
アイフォンにも使える三脚WILDxARMSを買いました
コンパクトデジカメを、さまざまな場所で固定することができるアイテムに「ゴリラポッド」 というものがある。
こんな。

カメラを設置できる水平な場所がなくても、パイプ状のものなどに巻きつけて設置することができるという三脚で、けっこう便利らしい。これを購入しようか検討していたのだけど、さらにいろいろ探してみて、これの進化系でアイフォンでも使えるというのを購入しました。
それが「WILD ARMS Multi Pot


日本トラストテクノロジー WILD ARMS Multi Pod WIARMUPOD
日本トラストテクノロジー (2012-07-10)
売り上げランキング: 4906

アマゾンにもあったけど、私が見つけたのはヨドバシカメラ店舗。値段はポイント還元でアマゾンと変わらなかった。1980円。
アイフォン用アタッチメントがついているので、コンデジでもアイフォンでも両用できる。
実際使ってみたところ、ホールド力も角度も問題なし。アイフォンケースに入れたままでも使える。軽量だしかさばらない。今年6月ごろ発売されたらしい。

ところでアイフォンのカメラには初期状態ではセルフタイマー機能はついていない。
そこでタイマー機能カメラアプリを入れた。これはたくさんあった。

旅先で活用したい。


| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 01:11
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
アルバム「香港マカオ」公開と旅アルバム作成について
 旅アルバム「香港・マカオ2012」を週末にリリースしました。

こちらで公開しています>>アルバムサンプル4「香港マカオ2012」

全体を60ページでまとめ上げ「これでいいかな」と思っていたところ、MyBookさんから連絡をいただきご期待に添うべく更なるブラッシュアップを行い、ページ数も少しアップの70ページで再編集しなおし注文に至りました。作るからには前回よりいいものを、と集中力を高め能力総動員して仕上げた作品です、てへぺろ。
最後の最後でページ並びを変更したらノンブルを修正するのを忘れるなんてポカもありますが今までの中では一番良い出来。

表紙:

初期と比べると、画像のトリミングや大きさを調整。文字の位置や内容も変えました。

マカオ編:最初のページ

エントリーページはにぎやかに楽しげに元気よく、旅のスタート!

香港編よりピックアップはこちら:香港の夜景編。

夜景編は見開き6ページ使ってダイナミックに編集。


多大な時間と労力をかけたこの「趣味活動」はこれにていったん収束。私生活でも根っからのクリエイターが仕様です。
とはいっても「趣味だから」というだけでは、やっぱここまで注力しなかったと思う。
旅アルバム作りは、確かに最初は単純に「自分のため旅の思い出を残すため」だったけれど、今はそれ以上にアルバムを見た人に「やべえ、こんな旅してみたい」と思ってもらうのが目標です。WEBサイトというアルバムを公開することができる場があることが、より一層後押ししました。HTMLベースの旅行記とは異なるアプローチで新しいコンテンツとして今後も続けてゆきたいと思います。同時に、旅アルバム作りの面白さも広めて行ければ。

よしなに>>アルバムサンプル4「香港マカオ2012」

こちらのページでは「MyBookかっこいい旅アルバムの作り方のコツ」を公開してます。
無料でDLできるMyBookエディターはなかなかのもの。公式ページに使い方が載っていますがそれはほんの一部で、公式サイトにのっていないかくれ機能も満載。
例えば、ガイドライン。設定でルーラー表示にすると、ルーラーからガイドライン(線)を引くことができ、これによって写真の並びをきれいにそろえることができます。
コピー&ペーストはページを変えるとまったく同じ位置にペーストできるので、ノンブル入れるのが楽でした。
色調補正や透明度設定なども活用すると写真を引き立たせることもできます。
 唯一残念なのはテキスト編集機能ですが、Adobe InDesign並みを求めるわけにもゆきませんし、そもそも写真集にそんなたいそうな文字編集機能は必要ないでしょうからマイノリティな意見ということで。

こんな立派な写真アルバムは、一昔前なら卒業アルバムか結婚式アルバムくらいでしか使われませんでしたが、時代は変わりました。オンデマンド印刷機が進化して個人でもこんなに簡単にお手頃価格で1冊からアルバムが作れちゃうのは時代の賜物です。
 私は結婚式のアルバムは式場のセットプランで、撮影込みで20万円でした。あまりの値段に最初は驚嘆しましたが、アルバムの質や仕様、編集にかかる時間を考えると納得です。しかし、正直、ここまで仰々しい作りのアルバムである必要はなかった。あまりに大きく分厚く重いので、結局1-2度見たきりという事実。撮影だけはプロのカメラマンがいいですが、アルバム作りは自分でやっちゃうのが節約のコツだなーと思います。


以上、印刷業12年の旅するクリエーターいくらが記事をお届けしました。

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(4) | trackbacks(0) | 12:46
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
旅アルバム-香港マカオ
先日欧州旅のアルバムを注文にだして一段落したところで、
「そういえば、マイブックさんから”誕生日おめでとう割引クーポン”なんてのがDMで来ていたな」
というのを思い出してメールを見返したら30%割引クーポン。これは使わない手はないなと思ったら、クーポンの有効期限が今月末まで。。。
ということで、休む間もなく先の夏旅「香港・マカオ」のアルバム作りをせっせと始めました。

表紙の写真はビクトリアピークのカフェから撮影したものが面白かったのでこれに決定。
単純な風景ではなく、自分の立ち位置が分かる構成が臨場感がでる。


まだ編集途中。

マイブックは注文すると自分の作ったアルバムが任意でWEB公開できる。欧州のアルバムももう載ってもいいはずなのだけど遅れているようです。前は翌日には出たのにな。

アスカネットさんのオンラインアルバムサービスは3種類。
マイブック ←難易度:高(こりたい方に)
かんたんマイブック ←難易度:中(簡単にかっこいいアルバム)
オートアルバム ←難易度:低(超簡単に写真一覧印刷)


| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 20:15
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
旅のアルバム作り-MyBookがやばい
以前のエントリー「旅アルバムがサンプルになります」で書いたように、アルバム作成サービス「マイブック 」のサイトに私のアルバムが載っていることに先日気が付いてちょっとうれしはずかしないくらです、こんばんは。
▽量産されて積まれてるっ

びっくりしたのがこの私のアルバムが使われている画像リンク先の新しいサービス。
なんとアマゾンと協力して「無在庫自己出版サービス」なるものを開始したとか!?
このサービス”無在庫で”というのがすごいところ。
私もいつか売れるような旅写真集を作りたいとか考えちゃったけど、一冊当たりの単価が高いのでまだちょっと現実的ではないかなぁ。

さて、そんな具合にごひいきしたりされたりしているお気に入りMyBookで、今年5月の旅のアルバムを作成中です。作り出したら凝り性が顔を出してきて思わず時間がかかかっているのですが、やっと全体がまとまり週末には注文に出せそうです。

さんざん悩んだ表紙デザイン。

洋書のようなデザインで欧州らしいイメージにシックにまとめました。
3000枚からの写真の選出にはかなり悩みました。
表紙をあけた1ページ目のデザイン


完成したらこちらでアップします
(全ページ見れるビューアーがあります)

実際の旅のレポートページ:
ヨーロッパ湖畔の町を巡る旅

関連リンク:
アスカネットさんのオンラインアルバムサービスは3種類。
私もすべて使い分けて利用しています。
マイブック ←難易度:高(こりたい方に)
かんたんマイブック ←難易度:中(簡単にかっこいいアルバム)
オートアルバム ←難易度:低(超簡単に写真一覧印刷)


| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 19:45
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
旅アルバムがサンプルになります
マイブック で作った、先の旅のアルバム
「サンフランシスコとアムトラックの旅」
ビューアー(PCのみ)>http://bit.ly/weUh2J

MyBookさんから「サンプルに使わせていただきたい」と連絡をいただきました。
WEBページや店舗での閲覧用に使われるとのこと。
参考になるのならばと快諾しました。
と同時に
「もっとちゃんと時間をかけて作りこむんだったな・・・」
という思いも。

謝礼として「アルバム1冊無料クーポン」をいただいたので、次の旅のアルバム作りに使わせていただきます。さらにブラッシュアップしたアルバムに仕立て上げたい

関連リンク:
アスカネットのオンラインアルバムサービス
マイブック ←難易度:高
かんたんマイブック ←難易度:中
オートアルバム ←難易度:低


| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 12:38
カテゴリ 写真とカメラとアルバム作り
LUMIX デジイチG3とコンデジ比較

初めてのデジイチライフ、まだまだ試行錯誤中のいくらです。
先日社員旅行にLUMIX G3を携帯し練習がてらにたくさん撮影してまいりました。

まず、一番懸念していた携帯性。
やっぱり今までのコンパクトデジカメに比べれば重いしかさばります。
でも!G3を丸一日使い続けても思っていたほど大きな負担にはなりませんでした。
それより高性能カメラを手にしている満足感を感じるとともに、今まで使っていたコンデジがおもちゃに見えるようになりました。


デジイチLUMIX G3で撮影した写真とコンデジLUMIX FX60で撮影した写真の単純比較。

LUMIX FX60



LUMIX G3


撮影した時期・場所は異なりますが、いちご狩りの写真です。
どちらも撮影の腕は素人です。
とりっぱなし補正ナシ100%でトリミングだけしています。

撮影条件が異なるので単純に比較はできないのですが、それでも違いは歴然ー。
シャープで立体感のある写真が撮れます。


次にマカロン比較

LUMIX FX60


LUMIX G3


機会があれば同じ条件で同じものを撮影するテストをしてみたいと思います。

| いくらプロフ | 写真とカメラとアルバム作り | comments(0) | trackbacks(0) | 11:58
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS