旅メモ! 格安に行く海外個人旅行の教科書

logo
旅歴20年のふつうの会社員いくらによる世界40カ国100都市くらいの旅レポートと旅のノウハウ。安くお得に自由にをモットーに旅情報をシェアしてます。
New最新レポート
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
Successful surfing in Bali バリでサーフィンできた!
[11/1 - 11/5 バリ個人旅行レポ]
Diary of Re-challenge to surfing in Bali. 

10月に人生で初めて伊豆でサーフィンにトライしてまったく出来なかった私。このまま終わるのはなんだか悔しいのでサーフィンのメッカと言われているバリに行く今回の機会に合わせてサーフレッスンに参加しました。
結論から先に申しますと

波に乗れた(≧▼≦)/!!!

これほど感動したのは久しぶり。嬉しくて、楽しくて。
波乗りに夢中になりました。

サーフィン中はスタッフが写真撮影をしてくれました。
いくらのサーフトライの風景をお届します(いらない?)

ちょーきれいなクタビーチ/Very beautiful Kuta Beach














Yeah!!!

まだまだ波のスープで立つ練習だけですが、コツはつかめた。

伊豆では全然できなかったのに、なぜ?
まさにバリマジック。
バリの波と、
バリのインストラクターとの相性、
そして集中力、悔しさ、根性?

バリでなら、できる。もっと上に行きたい。


↓ちょっとスタイルかっこわるいw


サーフスクールはDECOM(デコム)さん。inna kura beach hotel 内にあります。
アランワンで申し込みました。グループレッスンでUS$35と安い♪
゜:*★バリ島のオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°

今回は初心者コースで3時間ほど。
3時間でもかなりクタクタで最後は腕に力が入らず立てなくなりました^^;
まずは基礎体力をつけなきゃ。

また絶対トライするよ!
デコムさん、お願いします!
ありがとうアレックス!
About Photo: Special Thanks, Pande!

| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 20:36
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
バリ島5日間の旅費結果とバリ島の物価 [バリ個人旅行]
[PR] H.I.S. バリ島旅行
[11/1 - 11/5 バリ島 個人旅行]
23時に羽田空港に到着して帰宅したのは0時過ぎ。翌日は通常通り勤務となかなかハードなスケジュールだった今回の旅。旅の熱もさめやらぬ中、いつものかわらぬ日常に戻りました。旅は夢だったような。
 さて今回の旅にかかった費用総額とバリ島の物価、両替にについてなどを以下にまとめましたのでご参考ください(旅行記まとめはこちら

続きを読む >>
| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:38
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
スラバヤ乗り継ぎでハラハラ
私はひとつ勘違いをしていた。
シンガポールとスラバヤに時差はないと思っていたのだ。
スラバヤ到着予定時刻は9:15。乗り継ぎ便の出発は10:50。
シンガポール出発が遅れ気がつけば飛行機の中でiPhoneの時計が10時を過ぎた。
「ヤバイ、これ絶対間に合わないよ」

スラバヤについたのは10:40。
でもこれ、シンガポール時間で実際は時差-1時間の9:40。
ビビった!
でも時間があまりないことには変わりない。スラバヤでは
1)ビザ代金25ドル支払い
2)入国審査
3)荷物ピックアップ(私たちは持込みだから楽)と税関
4)国内線デパーチャーに移動
5)チェックイン、搭乗
という一連のステップがある。

でもあまり混んでなくスムーズに進み、いざ国内線デパーチャーに移動したところ
「いや、ここじゃない。インターナショナルだ」
とスタッフに言われ、、、、パニック!
国内移動フライトなのになんでインターナショナル?
もしかして入国審査しなくてよかった??
焦りながらインターナショナルデパーチャーに戻る。

インターナショナルデパーチャーで手荷物検査を受け、目の前にはチェックインカウンター、右手に階段。階段を登ると出発ゲートだった。

ホッとした。
まさかまた出国審査を通るかと思った。そしたらバリでまたビザ代金払うのかなとか考えてたよ。
国内移動便なのにインターナショナルデパーチャーから出るのは府に落ちないけど結果オーライ。

スラバヤ空港は思ってたより広くて、お店
| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 12:39
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
シンガポール航空とチャンギ空港
__.JPG
シンガポール航空に搭乗した瞬間思ったこと
「あーなんかあったかいインテリア!」
暖かみのあるイエローベースのカラーで統一。絨毯が高級ホテルみたい。
0:30出発、すぐ寝るつもりがワクワクして寝付けずw。


image.png
配られるのは、おしぼり、メニュー、ヘッドフォン、靴下歯ブラシセットなどシンガポール航空クオリティ。
1時間くらいして「リフレッシュ」と称する軽食、シンガポール到着前に朝食。和食洋食のチョイスあり。
予定より25分早い6:35にチャンギ空港へ到着o(^▽^)o
50分しかなかった乗り継ぎ時間に余裕が♪
乗り継ぎは同じターミナル内で出発ゲートは三つ隣でスムーズ。
手荷物検査を受けて待合室で待機。
シートにはフリーワイハイと電源が備わってて素晴らしい。さすがチャンギ空港。

7:20 ボーディング。いざ!スラバヤ@インドネシア。
しかし搭乗したはいいけど、滑走路が混んでいるのかなかなか離陸しない。
離陸したのは定刻40分遅れの8:30。
スラバヤでの乗り継ぎ時間が1時間になってしまう。。入国もあるし心配。

| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 08:18
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
Viva! Bali 行ってきます!
__.PNG
まずは一路シンガポール

| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 00:01
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
深夜の羽田国際ターミナルは大混雑
__.PNG
びっくりした。
考えてみると羽田深夜便は今回が初めてだから知らなかったのだ。
こんなに混雑しているということを。
早めに着いてノンビリ夕ごはんを食べようと思っていたけど、どこも混んでて入れなかった。
仕方なく出国審査を抜けた。
両替所も混雑。
カードラウンジは満席。
かろうじてうどん屋さんに入れて夕食。タイミング良かっただけで後に列ができた。
うどんは美味しかった。9月にオープンしたばかりの「うらら」はこだわりのうどんが800円〜。

今日は羽田空港がちょっと苦手になった日。

でもワクワクはノーリミットo(^▽^)o
もうちょっとで搭乗です。

| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 23:50
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
バリ島アゲイン〜10/31出発日
 [2013/11/1 - 11/5 バリ島アゲイン]

August, I've left my heart in Bali.
November, I get it back.
8月、訪れたバリ島に、私は心を忘れてきた。
11月、それを取り戻しに行こうと思う。


バリ島アゲイン〜オット君バースデー企画旅〜
旅立ちはハッピーハロウィーンな今夜。
厳密には日付が変わった0時30分離陸のフライトで、今回は羽田空港国際ターミナルからの出発。成田空港よりアクセスが楽でいいね♪ 羽田大好き。
明日のお昼にはバリ島です。

本日は通常会社勤務。旅の荷物は、朝、駅のコインロッカーに押し込んできました。スーツケースじゃなくて機内持ち込みサイズのソフトキャリー。短期でも長期でも旅の荷物はいつもこのサイズ。
 忘れ物ないかな。忘れている手配はないかな。仕事に漏れはないかな。
何度旅しても出発日は緊張感満タン。心配性なんです。

航空券 控えのプリントOK
ホテル予約 OK
移動手段手配 OK
旅行保険手配 OK
レンタルWiFi手配 OK
カメラ関係の充電 OK
カメラのSDフォーマット OK

わんこは先日実家に預けてきました。
つかの間の犬がいない生活はさみしくもあり。
夫婦水入らずでちょっと新鮮だったり。

シンガポール航空のオンラインチェックインも済ませました。
しかし発券されたボーディングパスは東京〜シンガポールの1フライト分のみ。
あれれ?
航空券を通しで買っているので一般的には最終地バリまでのボーディングパスが発券できるはず。ただ今回スラバヤ〜バリ島間はガルーダ便運航なのでここはいいとしても、シンガポール〜スラバヤ間のボーディングパスがないのはおかしいね。ただでさえ乗継時間50分しかないのにシンガポールに着いてから発券というのは考えがたい。
ということで、今日チェックインカウンターで確認が必要そう。

ところで今回最大の悩みがひとつ。
旅の日程に生理予定がぴったんこなこと。
パラオの悪夢が蘇る・・・。
すばらしい絶景も、ヒドイ生理痛の前では感動を生みださなかった。
それにバリでは生理中の女性は寺院に入れないという宗教的問題もあったり。
これをどうにかしたく、病院でピルを処方してもらいました。
よく言われる吐き気などの副作用はなく効果てきめん。
ただなぜか肌荒れが発生(-_-、)nandeyanen
急きょビタミン剤も投入。気候が乾燥しているせいもあるのかな。


*バリでやりたい事

・今回はのんびりしたい
・世界遺産のジャティルイだけは行きたし
・サーフレッスンやりたし
・バリニーズマッサージうけまくりたい
・インドネシア料理いろいろ食べたし

絶景に感動したり、SPAで癒されたり、ビーチでシュノーケルしたり、プールサイドでトロピカルカクテル飲んでくつろいだり、異国の食事を楽しんだり、買い物をしたり、世界遺産やサーフで好奇心を満たして、満点の星空のもと語る。
是、人生の悦楽。

バリに置いてきてしまった心を取り戻すことはできるかな。

じゃ、ボンボジャッジ!

| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 16:21
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
バリ旅とマイレージの話 [シンガポール航空]
 [2013/11/1 - 11/5 バリ島旅]
以前はマイレージに無頓着だった私ですが2-3年前くらいから適宜ベストなアライアンスに貯めています。無料航空券は旅好きにはやっぱ嬉しいです。

次のバリ旅で利用するシンガポール航空では安いチケットにもかかわらずマイルが100%つきます。今回発生するマイルは往復で8483マイル。これをどこに貯めるか。

シンガポール航空は「クリスフライヤー」という独自のマイレージサービスを持っていますが、スターアライアンスにも加盟しています。スターアライアンスと言えば日本人が一番なじみなのがANAですよね。
しかし私はスターアライアンス便に乗った時はUA(ユナイティッド航空)のマイレージにチャージしています。なぜならばUAはマイルに有効期限がないから。それに対してANAは3年という期限がある。国内便の特典航空券を狙うならANAでもいいけど、国内はJAL(ワンワールド加盟)で貯めているので国際便の特典航空券を狙ってUAでコツコツためることにしています。
ただオット君の分はUAで貯めてもメリットないので、活用できそうなANAにチャージ予定。カードも作りました。


夏のバリ旅で利用した「中国東方航空」はスカイチーム所属。発生したマイル数は1949マイル。少ないのはマイル加算50%のチケットだったことと、片道だけの利用だったから。
スカイチーム加盟便を利用した時はデルタ航空マイルにチャージしています。デルタもUA同様マイルに期限がないのが最大のメリット。
1949マイルが加算されたことで、やっと40000マイルに到達しました。2009年ごろから貯め始めて足かけ4年。
40000マイルはLowシーズンにハワイ往復の特典航空券に変えられるマイル数。グアム・サイパンもOK。
とはいっても簡単にとれるもんでもないのが難しいところなのですが、来年中にハワイ無料フライトを狙おうかなとたくらんでおります。

プロの?マイラーは一つのアライアンスに決めてじっくりたっぷり貯めるようですが、私はそこまで入れ込んではいないので溜まるのはゆっくりペース。その時一番最適なフライトを選んでマイレージが発生するようなら貯めるというスタンス。
ボンボヤッジ!

| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 15:57
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
Expediaでバリ島行き航空券を購入したメモ
[2013/11/1 〜 11/5 バリ島アゲイン]
今回の旅の航空券はスカイスキャナー(航空券価格比較サイト)で検索して最安値だったエクスペディアExpediaさんで購入しました。Expediaはホテル予約のイメージが強いけど、航空券もけっこういい値でだしてるのでよく利用してます。
今回の記事は購入した時の記録です。


■航空券概要
●航空会社:
シンガポール航空(&ガルーダインドネシア航空)
●スケジュール:
往路 11/1(3フライト)
0:30 羽田空港発〜(7.5h)〜7:00 シンガポール着
(乗継50分)
7:50 シンガポール発〜(2h)〜9:15 スラバヤ着
(乗継1時間半)
10:50 スラバヤ発〜(1h)〜12:50 バリ島着(ガルーダ便)

復路 11/5(2フライト)
10:35 バリ島発〜(2.5h)~13:05 シンガポール着
(乗継2時間半)
15:35 シンガポール発〜(6.5h)~23:05 羽田空港着

●価格:¥65180
 航空券&燃油 61,200
 税/その他 ¥3,980
  税/その他の内訳
  Passenger Service Facilities Charge - JAPAN 2,000 JPY
  PASSENGER SECURITY SERVICE CHARGE 100 JPY
  PASSENGER SERVICE CHARGE  1,400 JPY
  PASSENGER SECURITY SERVICE CHARGE 480 JPY
*Expediaでは「航空券手配手数料」はとられません♪

●キャンセル条件:航空券1枚につきUS$25で払い戻し可能
#安いのにキャンセル払い戻し可能なのは良心的♪


■航空券予約
Expediaでの航空券予約は難しいことはありません。
1)航空券を検索する
2)お目当ての航空券を選び詳細を確認する
#特にキャンセル/変更条件は要チェックですよ
3)「今すぐ予約する」ボタンで先に進む
Expediaアカウントをもっていれば「この旅程を保存する」でいったん保存ができ、支払いは後でOK(予約確保ではないのであまり時間をおくと料金/空席は変わる)
4)個人情報入力
#Expediaアカウント登録してあれば個人情報入力は省けるので楽
5)クレジットカードで決済
6)完了

予約が完了すると登録したメールアドレス先に通知がきます。予約の詳細はExpediaにログインすればいつでも確認できます。
予約によって発行される番号がいくつかあります。大事なので控えておきましょう(ログインして”予約の詳細”からいつでも確認できるのでプリントアウトしよう)
・航空会社の予約番号
・Expediaの予約番号
・Eチケット番号(航空券の番号)

■座席の指定
Expedia で予約していてもシンガポール公式サイトから予約番号(英数字6ケタ)と名前(ローマ字の姓)で自分の予約にアクセスして座席を指定できます。WEBチェックインも可能。
*航空会社によって異なりますが、最近ではだいたいの航空会社が事前に座席指定できます。

■キャンセルについて
Expediaで航空券を購入してキャンセルする場合、Expediaに連絡します。
キャンセルができるチケットであればその条件のもとの対応となりますが、キャンセル不可であれば、キャンセルしても返金はありませんので注意しましょう。

■その他注意
Expediaでの航空券購入は旅行代理店とは異なり自己責任の部分が強いです。例えば、名前のスペルが間違っていたとか、日時を1日間違えたとかは取り返しがつきません。
しかし注意していれば大丈夫。航空券手配手数料無料なのは大きなメリット。旅行代理店では航空券手配料を3000〜6000円とるところがあります。

関連リンク:エクスペディアExpedia



| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 22:22
カテゴリ 201311バリ島アゲイン2人旅
バリ島行き航空券の価格と手配メモ[個人旅行]
11月1日から5日までバリ旅行。航空券の個人手配メモ。

■航空券探しの一歩は神アプリ「スカイスキャナー」
スカイスキャナーはPEX航空券を一括で検索比較できる神アプリ。WEBサイトもありどちらでもOK。必ずしも万能ではないけれどいつもここから航空券サーチをスタートしています。
スカイスキャナー 

■日本(成田)からバリ島に行くフライトキャリア
アジア系キャリアがたくさん飛んでます。
・エアアジアX(LCC):クアラルンプール経由
・中国東方航空:上海経由
・大韓航空:ソウル経由
・マレーシア航空:クアラルンプール経由
・シンガポール航空:シンガポール経由
・フィリピン航空:マニラ経由
・キャセイパシフィック航空:香港経由
・エバー航空:台北経由
・タイ航空:バンコク経由
・ガルーダインドネシア航空:直行便またはジャカルタ経由
・JAL/ANA:我らが日本のメジャーキャリア

■バリ行き航空券の相場:価格帯は4万円〜10万円(燃油込み)
早めに手配できるのであれば(概ね3か月前)エアアジアXが安いです。オフシーズンで往復4万円台くらいから。羽田発深夜23:55なので平日仕事帰りに出発というスケジュールが組めるのがメリット。バリ到着は翌日昼以降。帰りの便はクアラルンプールで6時間くらいの待ち時間があるのがちょっと難点だが同日帰国できるのはGood。出発が近くなるとエアアジアXでさえ往復8〜10万円とかに跳ね上がります。
中国東方航空もエアアジア並みに安く出していることがあるが、到着が深夜2時なのが難点。
大韓航空は早く買っても遅く買ってもあまり価格が変わらずな6万円台。遅く手配する時は大韓が最安のことが多い。しかし乗継が悪く、数時間〜数十時間ソウルで待つことになる。
一番理想な直行便のあるガルーダインドネシア航空は7万〜9万くらいが相場
結論としては
・4-5万円台で手に入ればかなり安い
・6万円台は安い
・7-8万円台は妥当
・9万円以上だと割高

という感じ。


■11月バリ行き航空券探し
私がバリ行き航空券の検索を始めたのは8月中旬以降、出発の2ヶ月半前。
航空券は基本、早いほど安く手に入るので早めに動くのが肝心だけど、2ヶ月半前はあまり早いほうではありませんネ。
日程は11/2(土)-11/4(月)の3連休を挟んだ4日間か5日間を希望。できれば5日間。
11/1〜11/5の5日間の日程では、エアアジアXが東京〜バリ往復62100円(燃油込)でした。2ヶ月半前だと格安とはいきませんが、まぁまぁ安いです。すぐには購入しないで数日間価格変動の様子をみていると、ある日驚く航空券が出ました。

シンガポール航空 56180円
(燃油込)

「Σ(・■・ノ)ノまじですか
アジア系航空会社の中で断トツ人気のシンガポール航空がエアアジアより安い5万円台なんて。
「これはかなりバリューです(≧▼≦*)

・・・しかしやはり安いのには理由がありました。
この航空券、復路が3フライトあるんです。
シンガポール航空なら、一般的には
バリ島〜シンガポール(乗継)〜東京
というフライトになるのですが、この格安チケットは
バリ島〜シンガポール(乗継)〜スラバヤ(乗継)〜東京
と2回も乗継しなくてはならないんです。
「スラバヤってどこやねん?」
スラバヤはバリ島の隣、ジャワ島にある首都に次ぐ第2の都市。シンガポール〜スラバヤ間はシンガポール航空傘下の”シルクエアー”というLCCで飛び、スラバヤ〜バリ島は”ガルーダインドネシア航空”という、かなり異色のセットチケット。
うん、こういう変なチケット、大好き。面白そうではないか。しかも安い。
 しかし引っかかることがもう1つあるので迷う。帰国便のバリ出発時間が早朝で朝5時に空港に行かなくてはならない点だ。
前回のバリ旅で深夜到着・早朝出発でかなりくたびれたので、もう少し余裕のあるスケジュールにしたいという希望がある。今回は2人旅だし。
そこでシンガポール便をもう少し詳しく調べてみると、いろいろな便の組み合わせの選択肢があることが分かった。

■フライト組み合わせ
青がデメリット/緑がメリット部分)

A案:一番安い、行き2フライト/帰り3フライト
往路:6:35羽田発〜シンガポール経由〜19:10バリ到着(2フライト)
復路:6:30バリ発〜スラバヤ経由〜シンガポール経由〜23:05羽田(3フライト)
56180円(燃油込)
#帰国便が早朝なのがネック

B案:A案の逆で行き3フライト/帰り2フライト
往路:6:35羽田発〜シンガポール経由〜スラバヤ経由〜21:35バリ到着(3フライト)
復路:10:30バリ発〜シンガポール経由〜23:05羽田(2フライト)
65180円
帰国便の朝の出発がゆっくりになる案。しかし9000円値上がるのは悩むところ。初日の到着時間が夜遅くなるのもデメリット。

C案:行き3フライト/帰り2フライト
往路:0:30羽田発〜シンガポール経由〜スラバヤ経由〜12:50バリ到着(3フライト)
復路:10:30バリ発〜シンガポール経由〜23:05羽田(2フライト)
65180円
#B案と同じ値段/同じフライト数で行きの出発がかなり早い便なのが特徴の案。バリ到着がB案の21時より早い昼に到着するのでその日も半日使えるのがメリット。B案の帰国便メリットもそのまま

D案:行きも帰りも2フライト
往路:6:35羽田発〜シンガポール経由〜19:10バリ到着2フライト)
復路:10:30バリ発〜シンガポール経由〜23:05羽田(2フライト)
75260円
#理想の”往復ともに2フライト”。これで行ければ楽なのだけどやはり値あがる。

エアアジア案:
往路:23:55羽田発〜クアラルンプール経由〜
          翌日12:30バリ到着(2フライト)
復路:6:05バリ発〜クアラルンプール経由(6時間待ち)〜22:30羽田(2フライト)
62100円
#同じ5日間でも深夜23発・翌日昼到着なので同日着のシンガポール便に比べると滞在時間がだいぶ短くなる。しかし逆に深夜発なので、1日前(仕事帰り)に出発するという選択もでき、そうすると滞在時間はC案と同じくらいになる。しかし帰国便の朝4時空港はネック。

■私の結論
最終的に決めたのは、C案。
価格に対してメリットが多いバリューな(価値ある)チケットはこれである。
シンガポール航空のこの羽田0:30発SQ633便は、仕事の後に乗れて寝ている間にシンガポールに到着できるので週末海外も可能な便であり人気が高い。それを含めてこの価格はかなり安い。
このチケットを販売していたのはExpedia(エクスペディア)。手続きはExpediaのサイトに飛んで行いました。

C案:65180円(燃油込)
往路:0:30羽田発〜シンガポール経由〜スラバヤ経由〜12:50バリ到着(3フライト)
復路:10:30バリ発〜シンガポール経由〜23:05羽田帰着(2フライト)


■ガルーダの直行便について
羽田を深夜1時に出発して直行便でバリに朝8時に着くというもっとも楽なアクセスができるガルーダのGA887便。このチケットは基本、個人より旅行代理店に優先して卸されているようです。なのでもしこの便を利用したい場合は旅行代理店で探うほうが早いです。基本はツアーとしてホテルとセットで売られていますが旅行代理店によっては航空券単体で販売もしています。中でもこのチケットを一番多く確保しているのはガルーダの公式代理店である「ガルーダオリエントホリデーズ」。最初にチェックしよう。


■航空券購入後の推移
航空券を購入した後も今後の参考に航空券の動向チェックを続けました。

購入4日後に私の買った航空券は85330円に値上がり。最安だった56180円のチケットは76330円に値上がり。しかしスカイスキャナーではなくチケット販売元Expediaのほうでチェックしたらまだ同じ価格で存在していたのでスカイスキャナーの性能に疑問。

9月上旬の時点では62100円だったエアアジアが76200円に値あがった。

9月中旬の時点では最安値のエアラインががらりとかわり、マレーシア航空(¥63268)や大韓航空(¥64780)が出てきた。どちらも安いけど乗継が悪く乗継地で10時間とか待つことになるのがデメリット。帰国便も同日着不可で翌日になってしまう。

9月下旬の時点ではガルーダインドネシアが最安値に出てきて驚いた。直行便ではなく乗継便だが¥62600円。出発1ヶ月前でこれは安い。しかし行きは23時バリ着、帰りは0:50発という便だったのでガルーダの中でも不人気の便であった。直前に残席を埋めるべく値下げしたのだろうね。でも2日後にはこの安いチケットはなくなった。

10月上旬になると最安値は大韓航空一色だった。価格は68000円前後。
シンガポール便は朝便1回乗り換えが75370円、夜便翌朝現地着便が83760円。
ガルーダは人気の羽田深夜1時発の直行便が96100円。残っていてもこの値段じゃ手が出ない。

10月下旬、最安値は相変わらず大韓航空一色で価格も価格は68000円前後のまま。
シンガポール航空の朝便1回乗り換えは93780円。
エアアジアが103500円(ぶっとび価格)
ガルーダの直行便が20万円(ウヒョー)


ずいぶん長くアツくなってしまいましたが、防備録も兼ねたメモでもあり今後の参考までに。
ではでは、ボンボヤッジ


| いくらプロフ | 201311バリ島アゲイン2人旅 | comments(0) | trackbacks(0) | 18:16
▼Facebookページ「シングルトラベラー」Let'sジョイン→
ホットトピック:
2018年、新しい旅サイトを立ち上げました!大人のための旅行マガジン
Travel Timesトラベルタイムズ >
このブログ内探索
 タグ(検索キーワード)

LCC

エアアジア

一人旅

旅行保険


特集レポート
カテゴリ/もくじ
■オリジナル一人旅Tシャツ受注販売
Independent Traveller

     
PR
▼海外ホテル予約サイトBooking.comは使い勝手がよく、現地払い(後払)が基本なのがポイント。
コメント
いくらツイッター


月間記事
運営WEBサイト
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
AMAZON旅本
■OTHERS